• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

世界株安の波紋、トランプ・バブルの矛盾が露呈

新任のパウエルFRB議長を直撃

2018年2月8日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

2月6日、ホワイトハウスで警察当局者との会合に出席したトランプ大統領。これまでのところ株価暴落についての言及は聞こえてこない(写真:ロイター/アフロ)

 米国の株式市場は2月5日、史上最大の下落を記録し、世界中を株安の連鎖に巻き込んだ。米国株の暴落は、雇用の拡大で賃金が予想以上に上がり、長期金利上昇を招いたのが直接の引き金だが、その背景には、トランプ大統領が打ち出した大規模減税、インフラ投資、さらには新たな核軍拡によって米国の財政赤字が拡大する危険が潜んでいることがある。いわば景気過熱と財政赤字拡大による「トランプ・バブル」の矛盾が露呈したとみておかなければならない。それは好調を維持してきた世界経済を混迷させ、リーマンショック後の超金融緩和からの出口戦略を進める米連邦準備理事会(FRB)をはじめ各国中央銀行の舵取りをむずかしくしかねない。

パウエルFRB新体制に試練

 トランプ大統領らしいのは、世界経済フォーラムのダボス会議や一般教書演説などで米株価の「記録更新」を繰り返し誇ってきたのに、「史上最大の下げ」には口をつぐんでいることだ。しかし、この米株価暴落でだれよりも衝撃を受けたのは、当のトランプ大統領より5日に就任したばかりの新任のパウエルFRB議長だろう。

 米国株の暴落は、FRBにパウエル新議長が登場するのを待っていたかのように起きた。1987年10月のブラックマンデー(米国株の暴落)はグリーンスパンFRB新議長に試練を与えたが、それでも議長就任から2カ月を経ていた。このコラムでパウエル氏とグリーンスパン氏の共通項を分析した(2017年11月7日付記事「FRB次期議長にグリーンスパンの教訓」参照)が、株価暴落が新議長就任を「直撃」することになるとは予想しなかった。

 グリーンスパン氏の場合は、このブラックマンデーを受けてウォール街の友人たちに電話をかけまくり、その実態を把握する。そして流動性供給によって危機を最小限に食い止めた。その実績は高く評価され「マエストロ」(巨匠)への道を歩むことになる。

 しかし、パウエル新議長の場合、対応はそう簡単ではない。議長宣誓式後のビデオメッセージで「用心深くあり続け、湧き起こるリスクに対処する用意がある」と述べているが、対応を誤れば、危機を増幅する恐れがある。

コメント23件コメント/レビュー

(2018/02/10 19:03)の方へ

>セイ法則も経済学の常識ですでいいですか?

良くないです。
現在、セイの法則は間違っていることが証明されています。
もう少し現実を見た方が良いと思います。
(2018/02/10 09:56)に色々書きましたが、この程度の事は知っていて下さい。(2018/02/15 14:38)

オススメ情報

「岡部直明「主役なき世界」を読む」のバックナンバー

一覧

「世界株安の波紋、トランプ・バブルの矛盾が露呈」の著者

岡部 直明

岡部 直明(おかべ・なおあき)

ジャーナリスト/武蔵野大学 国際総合研究所 フェロー

1969年 日本経済新聞社入社。ブリュッセル特派員、ニューヨーク支局長、論説委員などを経て、取締役論説主幹、専務執行役員主幹。早稲田大学大学院客員教授、明治大学 国際総合研究所 フェローなどを歴任。2018年より現職。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

(2018/02/10 19:03)の方へ

>セイ法則も経済学の常識ですでいいですか?

良くないです。
現在、セイの法則は間違っていることが証明されています。
もう少し現実を見た方が良いと思います。
(2018/02/10 09:56)に色々書きましたが、この程度の事は知っていて下さい。(2018/02/15 14:38)

(2018/02/08 16:28)の方へ

え?借金って倫理観の問題なんですか?
私は現実的に将来起こりうる危機を問題視してるんですが。はなから立ち位置が違うので、答えるのもバカバカしいんですが、一応レスつけます。

経済学の常識って…。セイ法則も経済学の常識ですでいいですか?立ち位置によっていくらでも変わるものに、答えるわけがないでしょうよ笑

日本国債の金利について、市場が常に合理的に判断するわけではないからです。ほとんどの経済学の前提ですがね。それを前提しないと学問として成り立たないので。(2018/02/10 19:03)

記事を書くなら、その元になる経済的なデータを表なりグラフなりで示してからにして下さい。でなけれれば、単なる妄想と呼ばれてもしかたありません。(2018/02/10 18:45)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

マネジメント層こそ無人化されるべきだ。

野口 悠紀雄 早稲田大学ビジネス・ファイナンス研究センター顧問