• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

米国の分裂映す大統領選

キーワードは「反グローバル主義」

2016年7月29日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 米国の大統領選挙は、民主党のヒラリー・クリントン候補と共和党のドナルド・トランプ候補の対決になることが正式に決まった。「米国第一主義」を掲げるトランプ氏の予想外の台頭は、米国内に潜む排外主義を反映している。クリントン氏と最後まで争った「民主社会主義者」バーニー・サンダース上院議員の存在は、米国内の格差問題の根深さを示している。両極にあるトランプ氏とサンダース氏だが、共通しているのは反グローバル主義である。長丁場の大統領選で広がった「米国の分裂」は深刻である。

民主党全国大会は26日、ヒラリー・クリントン前国務長官を党の大統領候補として正式に指名した。11月の大統領選はクリントン氏と、共和党の大統領候補、ドナルド・トランプ氏の対決となる。だが、クリントン氏にとっては民主党内で指名を争ったバーニー・サンダース上院議員の支持者からの反発が依然として強く、本選へ向けて民主党内の結束が課題だ。(写真:ロイター/アフロ)

トランプ氏に勝ち目はないが

 大統領選は11月の投票に向けてようやく終盤に入ったが、共和党のトランプ候補に勝ち目はないだろう。移民の国・米国で移民排斥の壁をつくり、人種のるつぼである米国で差別発言を繰り返してきた。大きな票田であるヒスパニック、黒人、アジア系の大半、それに白人の富裕層から反発され、白人の中低所得層だけを選挙地盤にして勝てるわけはない。

 米大リーグをみても、ヒスパニック、黒人、アジア系抜きで戦えるチームはどこにもいない。初の黒人選手、ジャッキー・ロビンソンの登場以前までさかのぼらなければならないだろう。

 激戦州とされる地域の動向をみても、よほどの非常事態が発生しないかぎり、クリントン氏優勢は揺るがないだろう。

 それにしても、米国社会はなぜ、この不動産王の政治的台頭を許してしまったのか。米国の識者のなかには「米国の恥」と嘆く人もいれば、共和党のアーミテージ元国務副長官のように、クリントン氏に投票すると公言する人もいる。ブッシュ元大統領ら共和党の主流が大会に参加しなかったのをみても、共和党内の亀裂がいかに大きいかがわかる。

 1980年代、筆者がニューヨークに駐在していたころである。友人に誘われてマンハッタンの五番街にできたばかりのトランプ・タワーを訪れた。その友人はゴージャスさが気に入っていたようだが、筆者には悪趣味の金ぴかにしかみえなかった。以来、1度も足を踏み入れなかった。テレビに出てくるトランプは、品の悪さを売っていた。

 そのトランプ氏が大統領選に出ると聞いて、どうせ泡沫候補だろうとたかをくくっていた。それがついに共和党の大統領候補になるとは、前述の識者でなくとも、米国社会の衰退ぶりを嘆きたくなる。

 米国ほど懐の深い社会はないと信じてきた。閉鎖的な欧州から米国に移り住んで、その開放性には感銘を受けた。尊敬すべき米国社会が、偏狭さを売りにするトランプ氏の台頭をなぜ許したか不思議である。

コメント4

「岡部直明「主役なき世界」を読む」のバックナンバー

一覧

「米国の分裂映す大統領選」の著者

岡部 直明

岡部 直明(おかべ・なおあき)

ジャーナリスト
明治大学 研究・知財戦略機構 国際総合研究所 フェロー

1969年早稲田大学政治経済学部を卒業し、日本経済新聞社入社。ブリュッセル特派員、ニューヨーク支局長、経済部次長、金融部次長、論説委員などを経て、取締役論説主幹、専務執行役員主幹。早稲田大学大学院客員教授などを歴任。2012年より現職。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック