• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

メルケル独首相の窮地で揺らぐ欧州と世界

ジャマイカ連立協議決裂

2017年11月22日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

自身が率いるキリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU)と、自由民主党(FDP)、緑の党による連立交渉が決裂し、窮地に陥った独アンゲラ・メルケル首相。20日、ベルリン市内。(写真:AP/アフロ)

 ドイツの総選挙を受けた与党キリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU)と自由民主党(FDP)と緑の党による連立協議は決裂し、4選をめざすアンゲラ・メルケル首相は窮地に追い込まれた。社会民主党(SPD)を含め連立協議を再開するか、少数与党で政権を運営するか、再選挙を実施するか選択を迫られるが、欧州連合(EU)の盟主であるドイツの政治空白が長期化するのは避けられない。それはマクロン仏大統領と組んだ独仏連携による欧州統合に響くだろう。英国のEU離脱交渉にも影響は必至である。さらに、トランプ米大統領による「米国第一主義」で揺らぐ世界を一層、混迷させる恐れがある。

予想くつがえす決裂

 環境政策や難民問題、EUへの姿勢で食い違いが大きい3党の「ジャマイカ連立」(注)は当然、難航は予想された。しかし、多少時間はかかっても、妥協が成立するはずだというのが大方の見方だった。「政治巧者」のメルケル首相ならうまくやれるはずという見方が専門家の間では有力だった。「ジャマイカ連立のドイツはむしろ欧州にとっていいことだ」(ブリューゲルのガントラム・ウルフ所長)という見方もあったほどだ。EUの盟主であるドイツ「独り勝ち」ではなく、柔軟なドイツへの期待がそこにはあった。

(注)3党のシンボルカラー(黒、黄、緑)がジャマイカの国旗の色使いに似ていることから、ジャマイカ連立と呼ばれるようになった。

 ところが、現実はそうはいかなかった。環境政党の緑の党と経済界寄りの自民党の差はあまりに大きかった。石炭火力の廃止を求める緑の党に、企業の競争力低下を懸念する自民党は対立した。難民受け入れでも、難民家族の受け入れを主張する緑の党と、それに慎重な与党キリスト教民主・社会同盟と自民党のズレは大きかった。メルケル首相にすれば、寛大すぎる難民受け入れ方針が総選挙での事実上の「敗北」につながったという思いがあるだけに、受け入れを制限する方針は譲れなかった。

コメント21件コメント/レビュー

先日の議会選でメルケル/CDUは勝ったと書いてなかった?それがこのザマ?まるで先が見通せていないようです。どんな顔をしてこんな記事が書けるのでしょうか?(2017/12/10 15:24)

「岡部直明「主役なき世界」を読む」のバックナンバー

一覧

「メルケル独首相の窮地で揺らぐ欧州と世界」の著者

岡部 直明

岡部 直明(おかべ・なおあき)

ジャーナリスト
明治大学 研究・知財戦略機構 国際総合研究所 フェロー

1969年早稲田大学政治経済学部を卒業し、日本経済新聞社入社。ブリュッセル特派員、ニューヨーク支局長、経済部次長、金融部次長、論説委員などを経て、取締役論説主幹、専務執行役員主幹。早稲田大学大学院客員教授などを歴任。2012年より現職。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

先日の議会選でメルケル/CDUは勝ったと書いてなかった?それがこのザマ?まるで先が見通せていないようです。どんな顔をしてこんな記事が書けるのでしょうか?(2017/12/10 15:24)

「EU」というシステムは「ポスト・ネイションステイツ」たり得るのだろうか。「BREXIT」から顕現した矛盾・軋轢は解決するのだろうか。今またドイツでも国内がまとまらなくなって内向きに傾いているように見える。EUがその理想・建前とは別に実質的に「大ドイツ帝国」の平和的実現であるなら,フランスはそれを本当に認めてしまうのだろうか。メルケルはいかにしてそれをオブラートに包みつつ実質的に実現していこうとするのだろうか。(本人の意志・思想の如何によらず,ドイツの国益を実現するのがメルケルの義務だ。そして,多くのドイツ人にとっての国益に「大ドイツ帝国」はかなうのではないか。)こうした水面下の外交と「国際外交の力学」についての分析と展望を期待したいのだが,表面的な事象に一喜一憂して踊らされているようでは飽きてしまう。もう少し記事の方向性を吟味し,より深く掘り下げる記事を書いてほしい。
 一方で,旧来の「大国」が外交の主役であった時代が終わろうとしているのは事実だろうと私は思う。そうした「国家」,「(超)大国」が世界をけん引する時代は終わるのだろうか。それはいつなのだろう。「(国民)国家」が時代の主役で無くなり,改めて超大国の「帝国」としての顔があらわになりつつ,世界システムがいくつかの「帝国」の拮抗の上に展開する世界が一番理解しやすい。このモデルを変えるような大転換が起こりつつあるのかどうか。(私は疑問だと思う。)
だとすると,古くて新しい「帝国」の(まだあらわになっていない)新しい面がどんなものなのかをあぶりだすような記事を個人的には期待する。(2017/12/06 17:51)

結局この人は単なるトランプ嫌い。
反トランプのための欧州賛美、メルケル、マクロン持ち上げに過ぎないので、立脚点が違う。
論理破綻するのもむべなるかな。(2017/11/30 15:40)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

すきま時間を活用できることに気づいた消費者は、時間価値をかつてないほど意識している。

松岡 真宏 フロンティア・マネジメント代表