• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

なぜ世界的企業では40才でトップに立てるのか?

マネジメントに必要なのは「偏差値頭」より「胆力」

2016年10月19日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

海外勤務という「荒療治」が意識を変革した

 学生時代に一所懸命勉強し、偏差値の高い大学に入って、世間的に有名な企業に就職してほっと一安心! 最低限そこそこの人生が約束されたような安堵感に包まれる。ところが勤め始めたら、何かが違う気がする。そう思いながらも、自分を環境に合わせていく。そうこうするうちに本来の自分がどんな自分だったか段々わからなくなっていく…。気づいたら30代も後半──。

 まさにそれが自分だった。とにかく人に好かれたい、上司によい奴だと思われたい…恥ずかしながらそういう思いが人一倍強かった。自分の自信のなさの裏返しだったと、いまは冷静に振り返ることができる。

 そんな自分の意識を変えてくれたのは、会社の命令で行った何度かの海外勤務だった。

海外勤務は、日本企業の社員の意識を変革する契機になり得る。

 海外勤務の最初のころは、通じない英語に七転八倒しながら、日々を生きるのに精いっぱいだった。慣れない生活で、毎日が「? ? ?」の連続だ。だから、人目なんて気にしている余裕すらなかった。

 家に電気を通すために業者に工事をしてもらうというような身近なことすら、海外では簡単ではない。電気工事の予定日に作業者が来ないなんていうのはざらだ。だから何につけ、必死に自己主張しなければ必要なものが手に入らない。今から思えば、自分を海外へ派遣してくれた当時の勤務先に心から感謝する。海外への派遣は、気弱な自分にとって最高の荒療治だった。

グローバル企業の経営者の若さに驚く

 現地の生活に少しずつ慣れていくと、肌で感じる疑問もだんだんレベルアップしていった。例えば、日本の本社の指示で、現地企業の経営層のアポイントをとって自分も同席することがよくあったが、対話からの学びもさることながら、驚かされるのは、次々と出てくる海外のエグゼクティブの若さだった。

 「えーっ、なんで?」「30代後半で数千名の社員を率いているの??」「天才か?!」

 もっとも当時は「まったくの別世界」と勝手に思い込んで、その理由まで深く追求して考えることはなかった。その後、数奇なめぐりあわせでグローバル企業に勤めることになり、多くの国のエグゼクティブたちとともに働き、議論も戦わせるようになった。そして再び思い出した、古くて新しい疑問…。「なぜグローバル企業では40才で世界のトップに立てるのか?」 皆さんはどう考えるだろうか?

コメント3件コメント/レビュー

日本のダイバーシティは多くが間違っていると思います。何かと言えば、女性、外国人を多く登用することがダイバーシティになっている。でも、折角の異分子を中に取り込んでも、教育と称してそのとがった部分を削り、丸めてしまう。そんか光景を何度も見ました。記事の言う通り、本当のダイバーシティとは能力、個性のダイバーシティだと思います。それをいびつに伸ばす胆力がないなら止めればよいと思います。外部から見て、トヨタは男性ばかりですが、異端な意見も取り込みながら本当のダイバーシティを実践している数少ない企業に見えます。だからこそ、市場の成長を上回る成長と、その維持ができているのではないかと思っています。(2016/10/20 08:48)

「元外資系オヤジ直伝!「グローバル人財のつくり方」」のバックナンバー

一覧

「なぜ世界的企業では40才でトップに立てるのか?」の著者

岡村 進

岡村 進(おかむら・すすむ)

人財アジア代表取締役

1961年生まれ。1985年東京大学法学部卒。同年第一生命保険に入社し、20年間勤務。2005年スイス系UBSグローバル・アセット・マネジメント入社。2008年から日本法人社長。2013年から現職。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

日本のダイバーシティは多くが間違っていると思います。何かと言えば、女性、外国人を多く登用することがダイバーシティになっている。でも、折角の異分子を中に取り込んでも、教育と称してそのとがった部分を削り、丸めてしまう。そんか光景を何度も見ました。記事の言う通り、本当のダイバーシティとは能力、個性のダイバーシティだと思います。それをいびつに伸ばす胆力がないなら止めればよいと思います。外部から見て、トヨタは男性ばかりですが、異端な意見も取り込みながら本当のダイバーシティを実践している数少ない企業に見えます。だからこそ、市場の成長を上回る成長と、その維持ができているのではないかと思っています。(2016/10/20 08:48)

>社会に出るまでの教育で無理やり羊にしておいて、
>社会に出てから突然、獣になれという。
>この現状に対する無理解が、今の日本社会の根深い問題なのです。

深く同意いたします。他にも交通事故の恐怖を植え付け免許を禁止しておいて社会に出ると「若者のクルマ離れ」「ドライバー不足でロジ崩壊」と叩かれたり、淫行条例で男女交際を禁止しておいて社会に出ると「若者の恋愛離れ」「草食化で少子化」と叩かれたり、若者にしてみれば言いがかりもはなはだしい。総ての原因は「教育現場と実社会の断絶」にあります。大元には学校から自分たち以外の公的権力を排除してきた日教組をはじめとする教育団体が有るのでしょう。(2016/10/19 17:02)

日本は“様相の変わった”のではありません。
日本の教育が”様相を変えてしまった”のです。
日本の教育システムは、子供を“一人の人”として見るのではなく、
“管理すべき集団”として見てきた。
管理しやすい子供とは、授業で反論も議論もせず、
教師の言う事にはひたすら従い、授業以外に無駄なことをせず、
試験でしか役立たない名ばかりの“勉強”ができる子供です。
生まれながらに持っていたはずの、個性という名の武器を取り上げ潰し、
“良い子”ばかりを促成栽培してきた。
記事内の表現で言うならば、獣の牙を根こそぎ抜き捨て、
羊を大量生産してしまったのです。

そんな人間に、胆力などあるはずがありません。
社会に出るまでの教育で無理やり羊にしておいて、
社会に出てから突然、獣になれという。
この現状に対する無理解が、今の日本社会の根深い問題なのです。
今の若者たちは、苦しく辛い事を要求され続けている。
社会に出てから獣になるには、自分に枠を嵌めた教育を壊して、
自分という人間を、再構築せねばならない。
時間が足りない上に、普段の職務も要求される中では、
決して簡単なことではないはずです。

日本で最も胆力が欠けているのは、教育関係者ではないでしょうか。
子供も一人の人間。容易に管理しようなど、おこがましいことです。
人間を育てる立場の人間が、そもそも胆力が足りなすぎるんです。(2016/10/19 02:30)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授