• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

50オトコは「透明人間」。香山リカ氏が一刀両断

「何事も他人任せ」の50代男性の心理とは

2016年8月8日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

著書『50オトコはなぜ劣化したのか』(小学館新書)で、今の50代男性に厳しい評価を下している精神科医の香山リカ氏。50代は生まれたときから、平和で右肩上がりの楽観主義が刷り込まれた世代。そのため、外部環境が大きく変化しても、自らがリーダーシップをとって世の中をリードしていこうという気概に乏しいという。

日経ビジネス本誌は8月8・15日号で、「どうした50代!君たちは ゆでガエルだ」という特集を組んだ。小説『ハゲタカ』で知られる50代の作家、真山仁氏(54歳)や、昨年「32人抜き」で社長に就任した三井物産の安永竜夫氏(55歳)、団塊世代の代表として漫画『島耕作』の作者、弘兼憲史(68歳)など多くの50代、団塊世代などに話を聞くなどして、今の50代男性が直面している問題を多角的に分析した。

日経ビジネスオンラインの連載第1回は、香山リカ氏に50代男性を分析してもらった。

香山さんは、『50オトコはなぜ劣化したのか』(小学館新書)を6月に出版しました。今の50代男性に対して、このような思いを抱いたきっかけを教えてください。

1960年、北海道生まれ。東京医科大学卒。精神科医。立教大学現代心理学部映像身体学科教授。56歳。(撮影:竹井俊晴)

香山リカ(以下、香山):私自身もまさに50代なので、この本はすごく自分を棚に上げて書いた本なんです。ただ、政治や企業、社会活動など、あらゆるシーンを見渡したときに、50代の男性でリーダーシップをとって、世の中に発信している人が非常に少ないように感じました。

 例えば私が所属している医学の学会でも同じような現象が見られます。今の学会の基礎を作り上げ、発展させたのは、ちょうど大学教授を定年になるような60代後半から70代ぐらいの人たち。一方、新しい感覚で色々研究したり、発表したりしているのは、40代など若い世代の医師たち。ところが、その間をつなぐ50代ぐらいが、あまり目立ちません。本当にこの世代が、ぽっかりといない印象です。

 去年、安保反対などの運動があり、あの時に私も何度か国会前に出かけましたが、ここでも学生や30代くらいの会社員、そして60代の方などの姿が非常に目立っていました。しかし、ちょうど私と同世代の50代くらいの人たちが、あんまりいないんですよね。むしろ、こういうところでは、50代ぐらいがリーダーシップを取ってくれたらなと思うのですが。

 とにかく、周囲を見渡すと、誰かがリーダーシップをとる必要があるあらゆる場面で、責任をとって応援しようとか、旗を振ろうとかいう同世代の男性たちがいなかったんです。むしろ女の方が、私みたいに「もう黙っていられん」「男に任せちゃだめだよね」と、いろいろな集団に足を踏み入れてものを言っているような感じがします。

コメント68件コメント/レビュー

そう言うあなたも、ゆでガエルの50代。
若い世代の柔軟さにはかないませんな。(2016/12/30 22:26)

「どうした50代!君たちは「ゆでガエル」だ」のバックナンバー

一覧

「50オトコは「透明人間」。香山リカ氏が一刀両断」の著者

齊藤 美保

齊藤 美保(さいとう・みほ)

日経ビジネス記者

2011年中央大学法学部卒業。同年、日本経済新聞社に入社。産業部にて電機、IT、自動車業界を担当した後に、2014年3月から日経ビジネス編集部に出向。精密業界を中心に製造業全般を担当する。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

そう言うあなたも、ゆでガエルの50代。
若い世代の柔軟さにはかないませんな。(2016/12/30 22:26)

私は40代後半の男です。職業はサラリーマンで、父親もサラリーマンでした。
職人気質の厳しい父でした。

個人的な意見を言わせていただきます。
私から見た50代の先輩は、いささか頼りない人が多いです。
会社生活に飽きて、同じことを繰り返しているのでは、冴えない男としか言えません。

私の会社では、すでにリーダー世代は30代に変わりつつあります(大変ショッキングですね)。
50代にはもっと変わってほしいと思います。

私ももうすぐ50代。
かつてイチロー選手がCMの中で、「変わらなきゃも変わらなきゃ」というセリフを
言っていました。
これからの私がどう生きるのかが問われていると感じます。(2016/09/21 09:57)

何が言いたいのかわかららない。50オトコの問題は何なのか。まぁそういっている自分が「ゆでガエル」なのだろう。だが,ゆだってみなければ,「ゆだりつつあること」はわからない。そんな意味もありそうだ。まず,50代という「年代」の意味が考察されていない。この手の記事ははやりもののようで繰り返されている気がする。調べたわけではないので,断定はしないが,団塊の世代が50代の時にも似たようなことを言われていたと思う。きっと,今の40代が50代になれば同じように言われるだろう。「責任世代」という言い方もできよう。この点の考察をして欲しい。これが60代になると「責任開放世代」になるのかもしれない。オトコとオンナの関係では戦後の混乱期から発展期で,軽薄な男女同権論から初等教育現場でのオンナの「甘やかし」があったように思う。そして,同世代の女性には,バブルを謳歌した方も多かったのではないか。アッシー,メッシーとちやほやされることに慣れて,勘違いした女性も多い気がする。一方で「男女雇用機会均等法」という女性を骨の髄までしゃぶりつくそうとする狡猾な法律に基づく「おだて」に乗って苦労された方も多い。きわめて優秀で仕事もできたが上の世代につぶされた人たちだ。それでも,立ち向かう勇気を持った女性が多いのも事実だ。だが,こんな女性が何人いるだろう。50オンナはざっくり800万人いるはずで,その世代を語るなら,その1割の人には少なくともあてはまることを語るべきだろう。50オトコも同様だ。もっとも,(エリートのみ)という但し書きをつけるのなら話は別だ。全体の1%程度のエリート層のみの世代論を言うのであればサンプル数もかなり減ってくる。ビジネスエリートのありかたについての記事だということなら一つの論だ。だが,それを明示すれば,多くの読者には受けないだろう。日経ビジネスのマーケティング戦略とそのターゲットが透けて見えるようでこれはこれで面白い。(2016/08/19 11:24)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授