• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

“挑発”が経営哲学。「お前に思いつけるか?」

01:OMA(Office for Metropolitan Architecture)・ニューヨークオフィス

  • 江村 英哲(日経アーキテクチュア編集部)

バックナンバー

2016年9月5日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 マレーシアの首都クアラルンプールに建つ「ペトロナスツインタワー」、中国・北京の情報発信基地となる「中国中央電視台(CCTV)本部ビル」、日本では世界の玄関口となる「関西国際空港旅客ターミナル」――。都市や、ときには国家のランドマークにもなる名建築をデザインするのが世界の一流設計事務所だ。

 設計事務所の人員は、数人から数千人まで規模もビジネススタイルも千差万別。小さな事務所が大手を打ち負かして指名されることも珍しくない。要は、クライアントを納得させられるかどうか。その点では普通のビジネスと変わらないが、面白いのは、完成品の建物に、設計事務所の個性が、哲学が見えることだ。

 優れた設計事務所は、その経営にも一流の哲学がある。その成果である建築はいわば「見える経営哲学」だ。そして、設計図を生み出す事務所のオフィスに行けば、より色濃く、彼ら彼女らの哲学を見て取ることができる。

 建築雑誌「日経アーキテクチュア」では、海外の超一流の設計事務所の仕事場を紹介する『名建築が生まれた現場 世界のトップ設計事務所』を発刊(9月5日)した。編集部の江村英哲と菅原由依子の2人が、設計事務所の現場を歩き、彼らの考え方や働き方を見聞し、写真に収め、オフィスの雰囲気をイラストで伝えている。オフィスツアーを疑似体験できるように意識した。スタッフの息遣いまで書き込まれたイラストから、働く人々の会話を想像していただければと思っている。

 本連載では、その中から5つの設計事務所を、その経営哲学を象徴する言葉を切り口にして、ビジネスパーソン向けにご紹介する。

 第 1回は、オランダの建築家、レム・コールハース氏が率いるOMA(Office for Metropolitan Architecture)のニューヨーク(NY)オフィスをご紹介しよう。この設計事務所のキーワードは「挑発」。たとえば、これだ。これが何の建物か、お分かりになるだろうか。

2012年に竣工したCCTV本部ビルは、テレビ局の機能をループ状に結んだ形状がそのまま構造となった(写真:OMA)

 答えは中国のテレビ局。北京で2012年に竣工した中国中央電子台(CCTV)の本部ビルだ。

少数精鋭で大きなコンペに挑むニューヨークオフィスのスタッフ(イラスト:kucci)
平均年齢が32歳と若いOMAのニューヨークオフィス(写真:特記以外は檜佐 文野)

コメント1

「経営は、世界の設計事務所に学べ」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の社会に足りないのは起業家精神です。

デイビッド・ルーベンシュタイン 米カーライル・グループ共同創業者兼共同最高経営責任者