• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

いつも「断られる人」は何がダメなのか?

頼み方に見る「快諾される人」との違い【大人の人間関係力】

  • 齊藤 孝=明治大学文学部教授

バックナンバー

[1/3ページ]

2018年3月12日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

自分が出したオファーは断られたのに、同僚のAさんが出したオファーには快諾…。日々の仕事には、こんな“不条理”が少なくない。この差はどこから生まれるのか。もちろん依頼内容にもよるが、同時に重要なのが「頼み方」だ。

(まとめ:島田 栄昭)

齊藤 孝(さいとう・たかし)
1960年静岡県生まれ。明治大学文学部教授。東京大学法学部卒業。東京大学大学院教育学研究科博士課程等を経て現職。専門は教育学、身体論、コミュニケーション論。累計部数1000万部を超える著書を送り出したベストセラー作家でもある。2018年2月に、ビジネスに役立つ実践的な“人づき合いのコツ”をわかりやすく解説した『大人の人間関係力』を上梓。(写真:平野 敬久)

 多くの仕事は、人に何かを依頼することから始まる。どれほど立派な企画も、協力者がいなければ実現は難しいだろう。だとすれば、重要なのは、いかに相手に「喜んで引き受けよう」と思ってもらえるかという「頼み方」だ。これは、仕事量が増えるばかりの社会人にとって必須のコミュニケーション能力だ。

 大前提は、熱意や誠意といった「情」を見せること。自分はその仕事のためにどこまでエネルギーを注いできたか、なぜ人の力が必要なのかを文書や口頭で示す必要がある。

 例えば、いきなり「この荷物を10m運んで」と頼んだとしたら、相手は「自分で運べばいいのに」と思うだけだろう。しかし、実は100mのうち90mまで自分で運んで力尽きたと説明し、「あと10mだけ運んでくれませんか?」と頼めば、相手も無下にはできないはずだ(嘘をついてはいけないが)。

 単純に本人が楽または得をするための依頼なら、相手も自分本位で考える。しかし第三者のためだったり、努力している様子がうかがえたりすれば、多少無理をしてでも支援したくなる。それが世の常というものだ。人に何かを頼む際には、まずこの点を自問してみる必要があるだろう。

 そのうえで、依頼に欠かせないポイントを3つ挙げてみよう。

依頼内容をイメージさせ、「当事者意識」を持たせる

 第1は、「仕事の全体像を示す」ということだ。最終的に何が出来上がるのか、それが社会にどういう恩恵や影響をもたらすのか、あるいはその先にどういう展開を期待できるのか等々を伝えたうえで、「ついてはこの部分を」と依頼するわけだ。

 そうすると、相手も役割をイメージしやすい。自分が1の貢献をすることによって最終的に10のものが出来上がるとすれば、やりがいも大きくなる。意気に感じて引き受けてくれるのではないだろうか。

 言い換えるなら、発注者と受注者というビジネスライクな関係を、共同で1つのものを作り上げるパートナーの関係に昇華させようということでもある。いわゆる「当事者意識」がモチベーションを高めることはもはや常識だろう。

コミュニケーションが専門で、TVなどのメディアで活躍する明治大学教授の齋藤孝先生。“1000万部超え著者”でもある齊藤先生が、ビジネスに役立つ実践的な「人づき合いの技術」を1冊の本にまとめました。

コミュニケーションが少々苦手で、人間関係にストレスを感じ、仕事や生活が何だかうまくいかない――。『大人の人間関係力』は、そんな悩みを持つ人に向け、偉人たちの教えや自身の経験に基づく「人づき合いのコツ」をわかりやすく解説しています。

読めば、日々の人間関係のストレスから解消され、毎日がラクに。是非、お手に取ってご覧ください。

オススメ情報

「日経ビジネス アソシエ Selection」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

断ればいいんです。値段を上げればいいんです。そうしないと労働時間の短縮なんて、できるはずないですよ

神津 里季生 連合会長