• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

読者の皆様からのフィードバック

日経ビジネス アソシエ Selection 「一切笑えなかった」リストラ機に44歳の初転職

レビュー

とても参考になった
 

36%

まあ参考になった
 

23%

参考にならなかった
 

39%

ぜひ読むべき
 

33%

読んだほうがよい
 

23%

どちらでもよい
 

43%

いただいたコメント

ご協力いただきありがとうございます。日経BP社は,読者の皆様からの投稿の内容につきまして,その信頼性,適法性などを一切保証いたしません。何らかのトラブルが発生した場合,日経BP社は一切,責任を負いませんので,皆様の自己責任においてご利用願います。

年収一千万の転職ってどこの国?とか言っている人がいて・・・・それこそどこの国?市場価格よりもらいすぎなのかもしれないが、わたしの会社ではだれもかれもが40になれば一千万を超えているが・・・。 誰もが同じような額をもらっていたら、自分もその一員として、その金額に見あった能力があり成果を出していると思うのは当然では。(2018/03/15 08:51)

ここで言うリアルとは、転職して3年しても仕事がまともに出来ないような能無しでも、大手の社員なら40歳以降でも問題なく転職できる、ということでしょうか?
実際、面接では仕事が出来るかどうかは判断出来ないので看板と雰囲気を見られるだけですからね。
履歴上、立派な看板をお持ちなら転職もし易いことでしょう。
記事の中の人も言っているように、もう一度転職すれば看板が汚れてしまいますから条件は悪くなることでしょう。
以前、50前後の転職者が何人か入ってきた事業部にいましたが、中高年の転職者は実力が両極端な印象です。
優秀な人もいましたが、驚くほど何も出来ない人が多々いました。
実力を磨いてこなかった人が多いということなんでしょう。(2018/03/14 22:02)

現実的ではない。
650万円も良すぎでしょう。
後半の内容からすると、もう一度転職するでしょうね。
そもそも1000万円の価値の仕事してなかったから、リストラなんです。(2018/03/14 20:26)

部長、本部長級の仕切る力が弱いと結局権限の少ない課長級があちこち調整根回しすることになり、また配下のメンバの人事権もあるわけではないから成果のあげられないメンバのヒューマンケアにも稼働を割かないといけなくなる。どちらも転職市場では評価されにくい業務。下手に管理職になるより、リーディングプレイヤーとして現場に留まるほうが諸々のリスクには強そうだ。(2018/03/14 14:59)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

そもそも後藤という人間を理解してもらわなくてはならない。

後藤 高志 西武ホールディングス社長