• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「絶対に嫌」なものから、⾃分の“核”を知る

バルミューダ寺尾社長「28歳で“大転身”できた理由」

  • 寺尾 玄=バルミューダ社長

バックナンバー

[1/3ページ]

2018年6月13日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

ビジネスの世界では「強くて賢い⼈」が勝ち続けられるわけではない。世の中は常に変化している。“同じ”賢さや強さはいつまでも通⽤しない。だから「変化」が必要になる。バルミューダ寺尾玄社長が語る「変化し続ける」ために必要なこととは?

寺尾 玄(てらお・げん)氏
バルミューダ社長
17歳の時、高校を中退。スペイン、イタリア、モロッコなど、地中海沿いを放浪。帰国後、音楽活動を開始し、大手レーベルと契約するなど、バンド活動に専念。2001年バンド解散後、モノ作りの道を志す。工場に飛び込んで教えを請うなど、設計、製造を独学で習得。2003年、バルミューダデザインを設立(2011年4月、バルミューダに社名変更)。同社社長。“そよ風”のような優しい風が心地よい扇風機「The GreenFan」や、スチームを使った絶妙な焼き加減を実現したトースター「BALMUDA The Toaster」など、業界を席捲するヒット商品を開発・販売。新商品はオーブンレンジ「BALMUDA The Range」。著書に『行こう、どこにもなかった方法で』(新潮社)がある。(写真=稲垣純也)

 「生き残るものは強いものではない。賢いものでもない。変わり続けることができるものだ」──。これは、進化論を唱えたダーウィンの考えから生まれた教訓で、「変わり続けることが大事」という意味で使われています。

 なるほど、確かにそうかもしれないな、と。ビジネスの世界でも、「強くて賢い人」が勝ち続けられるわけではありません。もちろん強さや賢さは、あって困るものではなく、むしろ身につけるべきものですが、世の中は常に変化しています。“同じ”賢さや強さは、いつまでも通用しない。だから、「変化」が必要なのです。

 結局、どんな人も組織も、世界や社会といった“大きな存在”の下で生きている以上、変わり続けないと生き残れない。「変わるべき時に、変われるかどうか」。そこが重要です。

“時”の見極めは難しい

 ただ、「変わるべき時」の見極めはかなり難しい。世の中の状況やルールが変われば、昨日までの努力がムダになることがある。そうならないためには、“変化の兆し”を捉えて、いち早く臨機応変に対応する必要がありますが、状況がゆっくり変化している場合は感知が難しく、対応が後手に回りやすい。一方で、「変化し続けなければ」と焦ると、変えなくていい状況で変えて失敗してしまうこともあります。

オススメ情報

「日経ビジネス アソシエ Selection」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

私自身もブラックベリーとともに育った人間。そんな会社がそのまま消滅するのを見たくなかった。

ジョン・チェン カナダ・ブラックベリーCEO