• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

上場ウォンテッドリー、32歳社長の異色キャリア

外資金融、漫画家、FB日本法人…起業への“九十九折り”

  • 仲 暁子=ウォンテッドリー社長

バックナンバー

2017年9月14日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 国内初の本格的ビジネスSNSで急成長するウォンテッドリー。9月14日、東証マザーズへ上場する。同社を率いる仲暁子氏は、1984年生まれの32歳という若さ。「ゼロイチ(何もない状態から新しいものを生み出すこと)」に挑み続けてきたという仲氏が、起業に至る“九十九折り”の異色のキャリアを語った。

(まとめ=宮本恵理子/写真=鈴木愛子)

仲 暁子(なか あきこ)氏
1984年生まれ。千葉県出身。高校でニュージーランドに留学し、大学は京都大学経済学部に進学。在学中に起業を経験し、卒業後、外資系投資銀行のゴールドマン・サックス証券に入社。2年ほどで退職し、漫画家を目指した後、フェイスブック日本法人の立ち上げに参画。半年後の2010年に独立し、現ウォンテッドリーを創業。

 物心ついた時から、「ゼロイチ(何もない状態から新しいものを生み出すこと)」に夢中でした。両親は大学で働く研究者で、家の中ではゲームは禁止。テレビも1週間に1度しか観ることを許されず、代わりに推奨されていたのが「モノ作り」でした。

 はさみ、のり、色鉛筆、クレヨン、画用紙、段ボールといった創作のための道具は惜しみなく与えられ、壁に絵を描いてもOK。私は炊飯器にも絵を描いていましたが、一切怒られませんでした。おかげで絵はとても好きになり、小さい頃の夢は「漫画家」でした。

 両親は子供にむやみにお小遣いを与えない主義でもあったので、欲しいものは、人形でもオセロでも自分で作りました。「早く独り立ちしたい」という自立心が早くから芽生えていたのは、そうした環境によるものだったと思います。

 当初は「自立する手段は何でもいい」と考え、高校に入ると時給制のアルバイトを経験したのですが、すぐに違和感を抱きました。時給とは、費やした時間に対してお金が支払われるということだから、どんな仕事をしたかより、経過時間にばかり意識が向いてしまいがち。「早く仕事が終わらないかな」と思いながら1日を過ごすのは、突き詰めると「早く死にたい」と思うのと同義ではないかと。

 "人生の時間をムダにするような働き方" ではなくて、もっとオーナーシップややりがいを感じられることに時間を費やしたい。そんなことを考えるうちに、起業にも興味を抱くように。京都大学に進んでからは、思いついたことに次々とチャレンジしていきました。

京大初のミスコンを企画 抗議受け直前に中止

 例えば、大学に入って最初の学園祭では、京大で初めてミスコンを企画しました。リハーサルまでやりましたが、直前で反対派の抗議を受けて開催には至らず。3日間寝込むほど落ち込みましたが、復活し、その後も友達と小さな会社を作って、京大生向けのフリーマガジンを始めるなど、半年に1つといったペースで新事業を立ち上げました。

 立ち上げが得意な半面、育てるのは苦手で、悪くいうとやりっぱなしみたいな感じでもあったのですが、世の中、立ち上げる人の方が希少価値が高いということが分かってきたのもその頃です。

 自分が組織でプレーするのが苦手ということも分かったので、将来はフリーランスで食べていこう、なんて考えたりもしましたが、大学4年生になると、周囲の人と同じように就職活動を始めました。就活にはゲームのような面があるので、参加してみたくなったというのが正直なところ。結果的に〝就活偏差値〟が高い会社ばかりを狙ってしまっていました。

コメント0

「日経ビジネス アソシエ Selection」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

定年後の社会との断絶はシニアの心身の健康を急速に衰えさせる要因となっている。

檜山 敦 東京大学先端科学技術研究センター 講師