• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

次はレンジ、バルミューダが成熟市場に挑む理由

「不可能であることを証明するのは、不可能」だから

  • 寺尾 玄=バルミューダ社長

バックナンバー

2017年9月19日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 日本の家電ベンチャーの代表格であるバルミューダ。レッドオーシャンと言われる市場に、デザイン性の高い個性的な新商品を次々と投下し、話題をさらっている。

 2015年に「世界一のトーストが焼けるトースター」とうたった「The Toaster」が大ヒットすると、2016年には電気ケトルの「The Pot」、今年は蒸気で炊く炊飯器「The Gohan」を発売した。この勢いは止まらない。9月6日には電子レンジ「The Range」(次ページ写真)を11月下旬以降に発売することを明らかにした。

 現在、国内の白物家電市場はほぼ横ばい。そんな中、なぜ果敢なチャレンジを続けられるのか。同社社長の寺尾玄氏が、その半生を振り返りながら自らの行動原則を語った。

寺尾 玄(てらお げん)氏
17歳の時、高校を中退。スペイン、イタリア、モロッコなど、地中海沿いを放浪。帰国後、音楽活動を開始し、大手レーベルと契約するなど、バンド活動に専念。2001年バンド解散後、モノ作りの道を志す。工場に飛び込んで教えを請うなど、設計、製造を独学で習得。2003年、バルミューダデザインを設立(2011年4月、バルミューダに社名変更)。同社社長。“そよ風”のような優しい風が心地よい扇風機「The GreenFan」や、スチームを使った絶妙な焼き加減を実現したトースター「The Toaster」など、業界を席捲するヒット商品を開発・販売。著書に『行こう、どこにもなかった方法で』(新潮社)がある。(写真=稲垣純也)

 私は行こうと思ったらどんな場所にでも行けるし、何者かになりたいと思ったら、何にでもなれると思っています。これは私だけではなく、誰でも同じはず。生まれ、育ち、能力などよりも、そう思えるかどうか。みんなどこにでも行けるし、何にでもなれます。

 こう言うと大半の人は「冗談でしょ」という反応を示すと思いますが、これは本当です。私がどうしてここまで言い切れるかというと、世界が〝可能性〟で満ちあふれていることを知っているから。できないことは確かにあるかもしれないが、「絶対にできない」とは言い切れません。不可能を証明することは、不可能だからです。

だから、私は挑戦できる

 この論理から導かれるのは、「可能性は常にある」ということ。それを信じられるようになると、不可能と思われていることでも、ためらわずに挑戦できるようになる。その挑戦が不可能を可能にします。

 「可能性はどうやっても否定できない。だからやりたいと思ったら、どんなことでも挑戦する」。これが私の生き方の原点であり、バルミューダの仕事の行動原則です。

 可能性を信じれば、人生が楽しくなるし、仕事も面白くなる。けれども、可能性の存在を心から信じている人はあまりいません。学校は知識や常識を教えるばかりで、可能性を信じる〝自由な生き方〟は教えてくれないからです。私がなぜそれを知っているかと言うと、両親が教えてくれたからです。私は幸い、彼らの生き様から「どんなことでもできるし、何をしてもいい」ことを学びました。

突然、陶芸家に転身した父

 1つ父のエピソードを紹介しましょう。両親は私が10歳の時に離婚、私と弟は父と一緒に暮らすことになりました。その当時の父は定職がなく、新聞や牛乳の配達、ペンキ塗りや下水道工事などをしながら生計を立てていました。

コメント0

「日経ビジネス アソシエ Selection」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

企業や官公庁の幹部のメールボックスの内容が、まるごと数十万〜数百万円で売られている事例もある。

名和 利男 サイバーディフェンス研究所上級分析官