• ビジネス
  • xTECH
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

消化管の「暗黒大陸」小腸の検査方法は?

カプセル内視鏡の登場で詳細な検査が可能に!

2018年2月7日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 人体には、実に様々な臓器がありますが、いずれも一般的に、皮膚や粘膜によって外界から遮断されて無菌状態が保たれています。もちろんいくつか例外はあって、鼻や耳、肺、尿道、膣などは、一部が外界とも接しています。ただしこれらの臓器も、あるところまで進むと、その先には行けなくなっています。基本的には「行き止まりがある」のです。

 では外から入って奥へとずんずん進み、また外へ出るという臓器はないのかというと、1種類だけあります。それが、食道、胃、小腸、大腸などを含む「消化管」なのです。

 消化管は食べたモノの消化と吸収、排泄に関わる一連の臓器の総称です。

 それを踏まえたうえで、消化管の病気を見つけるにはどんな検査があるのか考えてみましょう。

 食道、胃、十二指腸には胃カメラやバリウム検査、大腸には大腸カメラなどがあることは、今までに解説してきました。では6メートル以上ある小腸の病気は、どうやって見つければいいのでしょうか。

 実は一般的に、小腸を検査することは、ほとんどありありません。

 「胃や大腸の検査をしましょう」とはよく聞きますが、「小腸の検査をしましょう」と言われたことがある人は、かなり少ないはずです。これには2つ理由があります。

コメント1件コメント/レビュー

日々進化する医療技術について、医者はどのようなスタンスをとっているのであろうか。
毎日の診療に追われていては、とてもじゃないが最新技術の検証などしている時間などないであろうと思量するが、疑問があっても認可が下りれば導入するのであろうか。患者が実験台にされているようで、しっくりこない部分がある。病気になる時点で患者の自己責任なのかもしれないが、予防医療の場合、医学の慢心であるような気がしないでもない。(2018/02/07 01:28)

オススメ情報

「医療格差は人生格差」のバックナンバー

一覧

「消化管の「暗黒大陸」小腸の検査方法は?」の著者

近藤 慎太郎

近藤 慎太郎(こんどう・しんたろう)

医師兼マンガ家 

北海道大学医学部、東京大学医学部医学系大学院卒業。山王メディカルセンター内視鏡室長、クリントエグゼクリニック院長などを歴任。マンガを使って医療をわかりやすく解説。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

日々進化する医療技術について、医者はどのようなスタンスをとっているのであろうか。
毎日の診療に追われていては、とてもじゃないが最新技術の検証などしている時間などないであろうと思量するが、疑問があっても認可が下りれば導入するのであろうか。患者が実験台にされているようで、しっくりこない部分がある。病気になる時点で患者の自己責任なのかもしれないが、予防医療の場合、医学の慢心であるような気がしないでもない。(2018/02/07 01:28)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

自ら考えて商売をやってみて修羅場を経験しなければ経営者は育たない。

中西 宏明 日立製作所会長・経団連次期会長