• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

進行が早く悪性度の高い膵がん、罹患率は漸増中

星野監督も九重親方も、膵がんで亡くなった

2018年2月14日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

膵がんの手術ってこんなに面倒なの!?

 なぜ膵がんの罹患率が増えているのかは明らかではありません。ただいずれにしても、私たちは「非常にやっかいな状況に置かれている」と言っていいでしょう。

 ほぼすべてのがんに共通することですが、完治させる前提条件は早期に発見することです。では、膵がんを見つけるにはどんな方法があるでしょうか。

オススメ情報

「医療格差は人生格差」のバックナンバー

一覧

「進行が早く悪性度の高い膵がん、罹患率は漸増中」の著者

近藤 慎太郎

近藤 慎太郎(こんどう・しんたろう)

医師兼マンガ家 

北海道大学医学部、東京大学医学部医学系大学院卒業。山王メディカルセンター内視鏡室長、クリントエグゼクリニック院長などを歴任。マンガを使って医療をわかりやすく解説。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

そもそも後藤という人間を理解してもらわなくてはならない。

後藤 高志 西武ホールディングス社長