• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

あなたはタバコの本当の怖さを知っているか

医師がマンガで教える!受動喫煙の真の恐怖

2017年9月20日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 皆さんは、自分の健康管理に自信がありますか。「年に1回、健診や人間ドックを受けている」という方も多いと思います。でもその際に、検査項目のオプションの多さに戸惑いませんでしたか。

 胸部CT、頭部MRI、PET検査、腫瘍マーカー……。確かに医療は日進月歩ですが、その分だけ選択肢が広がって複雑になっています。「どの検査を、どのくらいの頻度で受ければいいのか」を熟知している人は少ないと思います。

 日々の生活についても同様です。
 タバコはどのくらい体に悪いのか。
 アルコールは1日にどのくらいまでならば、飲んでいいのか。
 睡眠の質を上げるには、どうすればいいのか。
 どんな症状があれば病院に行った方がいいのか。

 日常的なことなのに、正しい情報をしっかりと把握している人は、実際には少ないのではないでしょうか。医療の世界では日々、新しい事実が明らかになっているのに、それが驚くほど、皆さんと共有できていないのが現状なのです。

 私たち医師など、医療業界に従事する人とそれ以外の人の間にはとても大きな“情報格差”があり、それは年々広がり続けています。医療が進歩する一方で、その情報を皆さんに的確に伝えるための手段がほとんど進歩していないためです。

 家電製品やグルメ情報などであれば、サービスを提供する側と受ける側で“情報格差”があったとしても、実害はあまりないでしょう。けれど、医療については、皆さんの人生にダイレクトに影響を与えます。

 「最新情報を知らないばかりに、気づけば手遅れになっていた」という事態は避けなければいけません。

 そのために本連載では、皆さんが健康管理する上で、致命的になりうる「盲点」や「誤解」を、医師である私が、自作のマンガを活用しながらできるだけ分かりやすく解説していきます。では早速、1回目の本題に入りましょう。

コメント13件コメント/レビュー

肺がんの恐ろしさを知るとは思いませんでした。今までどんな記事を読んでも、”私には関係ない”とぼんやりとでも感じていましたが、明日、早速禁煙外来に行ってみようかと思います。
薄くきっかけもあってか、やっと行動に移すことができます。
背中を押してくださりありがとうございました。(2017/09/21 01:17)

「医療格差は人生格差」のバックナンバー

一覧

「あなたはタバコの本当の怖さを知っているか」の著者

近藤 慎太郎

近藤 慎太郎(こんどう・しんたろう)

医師兼マンガ家 

北海道大学医学部、東京大学医学部医学系大学院卒業。山王メディカルセンター内視鏡室長、クリントエグゼクリニック院長などを歴任。マンガを使って医療をわかりやすく解説。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

肺がんの恐ろしさを知るとは思いませんでした。今までどんな記事を読んでも、”私には関係ない”とぼんやりとでも感じていましたが、明日、早速禁煙外来に行ってみようかと思います。
薄くきっかけもあってか、やっと行動に移すことができます。
背中を押してくださりありがとうございました。(2017/09/21 01:17)

>受動喫煙を受けた人は、受けていない人に比べて肺がんのリスクが1.3倍に上昇します。

いつも思うのですが、なぜ人数ではなく倍数で表すのでしょう。1000人中10人が13人になるのか、はたまた1,000,000人中10人が13人になるのか。どちらも1.3倍には変わりない。
前者なら1%が1.3%だけど、後者なら0.001%が0.0013%。

もし後者なら、このようなリスクには振り回されたくないですね。(2017/09/20 23:10)

加熱式タバコ(いわゆる電子タバコ)はどうなの?

個人的にはアレは十分タバコだと思うので、きちんと禁煙・分煙の対象とすべきと思うけれど、JTは禁煙場所でも吸えるものを目指してるみたいですよ。
身近にアイコスを嗜む人が居ますが、十分臭いので、やはりタバコだよなぁと思うわけですが…。

とはいえ、通常の燃焼式タバコに比べたら、発がん性などの健康安全性は遙かにマシだと思うわけです。
喫煙と禁煙の間に、加熱式タバコによる被害の緩和があって良いと思うのです。

未だに喫煙してる人は禁煙できなかった人達なのだから、病気の恐怖を煽った所で他人事、あるいはしかたないと諦めてるわけです。
もし、加熱式タバコが彼らの禁断症状を緩和し、周囲への健康被害も及ぼさないなら、まさに最適なソリューションだと思うんですけどね。

日経ビジネスオンラインにも禁煙関係の記事がけっこう多く、皆興味あるのだろうなと思うのですが、加熱式タバコについて論じているものは少ない。
特に、禁煙の専門家からの評価が出ていないように思えます。
急速な普及の広がりについていけないのだろうと思いますが、加熱式タバコの立場を明確にするためにも、きちんとした専門家からの意見が聞きたいと感じています。

※東京都条例案にて、加熱式タバコもタバコとして扱うことにしたのは評価できる。非喫煙者から見たら十分タバコだからね…。(2017/09/20 15:05)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授