• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

運動すればがんの進行を抑えられるってホント?

ウォーキングなどでがん抑制、最新の研究が明らかに

  • 伊藤和弘=フリーランスライター

バックナンバー

2016年11月5日(土)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

聞きたかったけど、聞けなかった…。知ってるようで、知らなかった…。日常的な生活シーンにある「カラダの反応・仕組み」に関する謎について、真面目にかつ楽しく解説する連載コラム。酒席のうんちくネタに使うもよし、子どもからの素朴な質問に備えるもよし。人生の極上の“からだ知恵録”をお届けしよう。

がんといえば重病。運動してもいいのだろうか?(©PaylessImages-123RF)

 長年にわたって日本人の死因第1位の座を独占し続けているがんは、多くの人にとって最も怖い病気だろう。

 がんだと宣告されたら、どうしたらいいだろう? ショックは大きいに違いないが、現代の医学では発見さえ早ければ必ずしも不治の病ではない。希望を捨てず、積極的に治療に取り組むことが大切だ。

 そのとき、自分でできることのひとつに“運動”がある

 がんといえば重病に違いない。運動なんかしていいのだろうか? もちろん症状や進行度にもよるが、「運動できる人はした方がいい」というのが最近の定説になっている。では、報告されているエビデンス(科学的根拠)をいくつか紹介しよう。

運動でがんの進行が抑えられる

 例えば大腸がんと診断され、転移のない男性668人を20年間観察した研究がある。20年間で258人が死亡し、うち88人は大腸がんが原因だった。「1週間の運動量」を見ると、運動量が多いほど死亡率が低かった。最も運動量が多かったグループは、まったく運動しなかった人たちに比べて大腸がんによる死亡リスクが47%も下がっていたという(*1)。

 2750人の前立腺がん患者を追跡調査した米国ハーバード大学の研究では、そのうち117人にがんの再発・転移、死亡が見られた。「週3時間未満のウォーキング」しかしていない人たちと比べると、「週3時間以上のウォーキング」をしている人たちのがん再発・転移、死亡のリスクは57%下がっていた(*2)。

 ドクターランナー(事故にそなえて選手と一緒に走る医師)として多くの市民マラソン大会やトライアスロン大会に出場している、よこすか女性泌尿器科・泌尿器科クリニック(神奈川県横須賀市)院長の奥井識仁さんは、「運動によって大腸がんや前立腺がんの進行は抑えられる。実際、米国にはランニングやウォーキングでがんを抑えようという患者のサークルがいくつもありますよ」と話す。

*1 Arch Intern Med. 2009 Dec 14;169(22):2102-8.
*2 Cancer Res.2011 Jun 1;71(11):3889-95.

コメント3件コメント/レビュー

栄養にしろホルモンにしろ、体内で利用可能なリソースは有限なので、ガンに分け与えることなく、運動と疲労回復で消費してしまえば生存競争に勝てる。と言うとちょっと乱暴かもしれませんが、当たらずとも遠からずでしょうか。抗がん剤がガンの栄養摂取を阻害するなら、運動は自前の抗がん剤とでも言えるかもしれません。副作用は疲労と故障ぐらいでしょうから、慎重にやればリスク少なく効果が見込めそうですね。しかし相関関係なのか、因果関係なのか、ここでも少々疑問が残ります。ガンになったとはいえ、相当量の運動をこなす体力の持ち主は抵抗力がもともと高かったと言う側面は無いのでしょうか。とはいえ、普段無精な私もいざとなったら、運動しようと思うことでしょう。背に腹は代えられないですからね。(2016/11/07 18:20)

「おとなのカラダゼミナール」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

栄養にしろホルモンにしろ、体内で利用可能なリソースは有限なので、ガンに分け与えることなく、運動と疲労回復で消費してしまえば生存競争に勝てる。と言うとちょっと乱暴かもしれませんが、当たらずとも遠からずでしょうか。抗がん剤がガンの栄養摂取を阻害するなら、運動は自前の抗がん剤とでも言えるかもしれません。副作用は疲労と故障ぐらいでしょうから、慎重にやればリスク少なく効果が見込めそうですね。しかし相関関係なのか、因果関係なのか、ここでも少々疑問が残ります。ガンになったとはいえ、相当量の運動をこなす体力の持ち主は抵抗力がもともと高かったと言う側面は無いのでしょうか。とはいえ、普段無精な私もいざとなったら、運動しようと思うことでしょう。背に腹は代えられないですからね。(2016/11/07 18:20)

1日6kmを月 20日以上って、結構キツイよ。(2016/11/07 00:42)

前立腺癌摘出手術をやって5年、今は半年毎に血液検査で再発の有無の検査を続けている自分は、毎日早朝散歩と週5回のプール通いで運動を続けているのでこの記事は嬉しい内容だ。前立腺癌摘出後の細胞検査の報告書を見ながら担当医師が「当院以外で何か治療をしましたか?」と聞いた。「何もしていません」と答えると口を濁したが、で多くのがん細胞が死んでいたか何かで手術前に私に話していた状況と違っていたらしい。他にも術後の体質の変化について質問したが、完全に無視されてしまった。多くの医師は「想定外」の結果については何故か「口を噤む」事が自分の経験から推定された。私は手術前から「手術に伴うリスク」に同意の上で実行しているので、何か問題が発生してもそれが「メスを体内に残してしまった」様な重大な失敗によるもの以外で医師や病院を訴える積もりなど毛頭なく、むしろ今後の医療に役立てばと思って術後の変化や質問をしていたのだが。体の事はDNA操作で遺伝的な病気のかかり易さなどを改善する様な事まで可能になった一方で、まだまだわからない事が多く、この記事の内容も論理的というよりは統計学的な推論に近い。多くに医師にはもっと患者からのフィードバックを積極的に吸収して医学の発展に寄与して欲しいの願うものです。(2016/11/06 09:24)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授