• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

西の魔女の妨害にドロシーが負けなかったワケ

2016年11月5日(土)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 ミュージカル映画『オズの魔法使い』に仕事と生き方を学ぶ連載の第2回です。

 主人公の少女ドロシーは、虹の向こうに「どこにもない場所」を求めるうち、現実を離れて小人の国マンチキンに来ました。そこでドロシーは、元の世界に戻るために、オズの魔法使いがいるエメラルドシティを目指して歩き出します。その途中で、わらのかかし、ブリキの木こりに出会い、一緒にエメラルドシティを目指すことになります。

 ところが、途中で西の魔女が現れてこう言うのです。

「ドロシーのお供をする気かい? やめときな。さもないとわら人形はマットレス、ブリキは蜂の巣箱にするよ」

 このように、西の魔女はエメラルドシティに行く彼らの意欲をくじこうと邪魔をします。

 現実世界にこのシーンを置き換えてみましょう。私たちは何かを始めようとすると、困難に出会うことがたびたびあります。会社では、新しい企画を立てて進めようとすると、それに反対する人たちが妨害することがあります。私生活の中では、近隣住民との関係が悪くなって、嫌がらせを受けることがあります。また、仲のよかった友人との関係が壊れてしまい、敵対するようになることがあります。

邪魔をする理由

 『オズの魔法使い』において、西の魔女が邪魔をするのには理由があります。

 1つの理由は、ドロシーが家ごとマンチキンに吹き飛ばされてきたときに、その家が西の魔女の姉である東の魔女を押しつぶしたことです。東の魔女は、小人たちを支配していたので、ドロシーは彼らからは歓迎されました。しかし西の魔女にとっては、ドロシーは姉を殺した憎い仇になったのです。

 もう1つの理由として挙げられるのが、東の魔女のルビーの靴を善良な北の魔女がドロシーに与えたことです。西の魔女はそれを取り返すことを狙っているのです。

 会社生活や私生活の中で自分に反対したり邪魔をしたりする人には、ほとんどの場合、理由があります。しかし、ドロシーのように、知らないうちに相手を傷つけて、恨まれていることもあります。

 私たちは、相手がなぜ自分に反対したり嫌ったりするのか、わからない場合が多くあります。対応できないと、相手が敵意をさらに募らせることにもつながります。理由を考えることで、自分を客観的に見て問題解決につなげることが可能になるので、理由を追究することは重要なのです。

邪魔をする内的要因

 ドロシーが前に進むことを邪魔するのは、決して外的要因ばかりではありません。内的な要因もあります。

 ドロシー自身が、悩みのない「どこにもない場所」を望んでマンチキンに来たように、私たち自身も現実を受け入れられずに、どこかに逃避したいことがあるでしょう。特に自分が失敗をしてしまったとき、私たちは言い訳を考えがちです。

「『オズの魔法使い』に仕事と生き方を学ぶ」のバックナンバー

一覧

「西の魔女の妨害にドロシーが負けなかったワケ」の著者

黒川 二郎

黒川 二郎(くろかわ・じろう)

ドア・インターナショナル・ジャパン

1977年に語学研修センターを設立し、92年には米国研修企業の日本支社長に就任。97年からは米国企業の日本進出を支援する中で、代表取締役を歴任。2011年よりドア・インターナショナル・ジャパン代表。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長