• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

お受験ムダ?部活動経験者の将来賃金は1割増加

学力重視を見直し、社会生活を生き抜く

2018年3月1日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 部活動などを通じて協調性や統率力を身に付けた人材の方が、将来の賃金が高いとの研究がある。学力重視を見直し、社会生活を生き抜く真のスキルを育む教育体制が求められている。

(日経ビジネス2017年12月25日・2018年1月1日号より転載)

(写真=福島 正造)
佐々木 勝[ささき・まさる]
大阪大学大学院
経済学研究科教授

米ジョージタウン大学でPh.D.(経済学)取得。世界銀行、アジア開発銀行、関西大学、大阪大学社会経済研究所を経て2012年4月から現職。専門は労働経済学。

 2020年の東京オリンピック・パラリンピックの開催まで1000日を切った。大会の機運を高めるため、スポーツを奨励する様々なイベントが全国各地で開催されている。

 スポーツの目的の一つは、市民の健康寿命を延ばし、医療費の削減を目指すことにある。その一方で、青少年に対するスポーツ活動の経済的意義やその効果について、これまで数量的に評価される機会は十分になかった。

 中学生や高校生の大半は、部活動に参加している。また、多くの小学生が野球やサッカーなど地域のスポーツクラブで練習に励んでいる。本稿では、スポーツ活動による教育効果、特に将来の所得への影響について、最新の研究内容を紹介したい。

(写真=共同通信)

教育は人的資本を高める投資

 教育経済学の分野では、教育は自分自身もしくは子どもへの「投資」と考えられている。教育を通じ、その人の経済的価値である「人的資本」を高めると、労働生産性が高くなり、高賃金の人材になることができるという発想だ。

 一般的に人的資本を構成する能力は情報処理や記憶能力などに関する「認知スキル」と、協調性や統率力など社会生活に求められる「非認知スキル」に分けることができる。

 教室での授業などによって認知スキルは高められる。一方で、非認知スキルの向上には結びつきにくい。そこで存在感を増すのが、学校の部活動や地域のスポーツクラブでの活動だ。

コメント9件コメント/レビュー

私は筆者や皆さんのコメントでの論点:「部活の効果」以前に、筆者の教育に関する基本的な記述:『人的資本を構成する能力は情報処理や記憶能力などに関する「認知スキル」と、協調性や統率力など社会生活に求められる「非認知スキル」』の部分で異議がある。最も重要な「発想力・創造力」が抜けている。本来は認知・非認知の2区分でなく3区分の筆頭にすべきだ。日本の教育では期末試験も入試でも「記憶」の試験に偏って来た結果「超一流大学を優秀な成績で卒業し入社したのに活躍出来ない」者も目立つ。要は習った事は出来るが新規発想が出来ない。これでは作業職しか務まらない。企業では特に技術者は既知の事を幾ら知っていても無意味で、誰も考えなかった発明をしてこそ価値がある。事務・営業職でも重要な能力だ。私は大学時代に家庭教師をした際に「記憶より原理の理解を」と強調して教えた子3人共に、担任が「絶対不可能」と言った高校に合格した。原理を理解をする姿勢が記憶テストも向上させたのである。原理の理解力が発想力の源となる。今の記憶に偏った教育が、今の日本の技術力低下、凡ミス多発の原因である様に思われる。(2018/03/01 17:07)

オススメ情報

「気鋭の経済論点」のバックナンバー

一覧

「お受験ムダ?部活動経験者の将来賃金は1割増加」の著者

佐々木 勝

佐々木 勝(ささき・まさる)

大阪大学経済学研究科教授

大阪大学大学院経済学研究科教授。ジョージタウン大学でPh.D(経済学)取得。世界銀行、アジア開発銀行、関西大学、大阪大学社会経済研究所を経て2011年4月から現職。専門は労働経済学。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

私は筆者や皆さんのコメントでの論点:「部活の効果」以前に、筆者の教育に関する基本的な記述:『人的資本を構成する能力は情報処理や記憶能力などに関する「認知スキル」と、協調性や統率力など社会生活に求められる「非認知スキル」』の部分で異議がある。最も重要な「発想力・創造力」が抜けている。本来は認知・非認知の2区分でなく3区分の筆頭にすべきだ。日本の教育では期末試験も入試でも「記憶」の試験に偏って来た結果「超一流大学を優秀な成績で卒業し入社したのに活躍出来ない」者も目立つ。要は習った事は出来るが新規発想が出来ない。これでは作業職しか務まらない。企業では特に技術者は既知の事を幾ら知っていても無意味で、誰も考えなかった発明をしてこそ価値がある。事務・営業職でも重要な能力だ。私は大学時代に家庭教師をした際に「記憶より原理の理解を」と強調して教えた子3人共に、担任が「絶対不可能」と言った高校に合格した。原理を理解をする姿勢が記憶テストも向上させたのである。原理の理解力が発想力の源となる。今の記憶に偏った教育が、今の日本の技術力低下、凡ミス多発の原因である様に思われる。(2018/03/01 17:07)

教育は投資、さすればスポーツ選手としての成功に賭けるよりも勉学の方がよっぽどリターンが大きいというのは筆者ご自身の経験でも明らかでしょう。私は上場企業で採用の責任者をしていますが、就職戦線の風向きがどうなろうと企業が採用の判断で一番に重要視するのは、大学での学業成績とそれに至る基礎教育、そして教養です。
それに適する中高教育は残念ながら公立より私学、しかも高校受験がなく6年間充実したカリキュラムを組める中高一貫校でしょう。だから皆さん中学受験をするのです。そして今や東大の学生の大部分が中高一貫私立で占められることがその証左です。
記事の中のリーダーシップの育成も必要ですが、それはその中で様々な部活やサークルを経験すれば良いはずで、決して二者択一の問題ではありません。(2018/03/01 11:39)

2つの不満を感じました。一つ目は、○○経済学と言われ見聞きするものがほとんど全て、経済的利益の実現を目的に語っていることがどうにも不愉快ですね。マッドサイエンティストを引き合いに出すまでも無く、学問の目的は学問自体ではなく、文明の進化とか、幸福の実現とか、実現したい目的があって、個々の課題解決と言う目標が生まれるのでしょう。スポーツの目的が医療費削減ですか?健康の実現や、運動する事自体の楽しみや、スポーツを通じたコミュニケーション、つながりのもたらす幸福と言ったもの等は二の次ですか?2つ目はクラブ活動の経験と後の社会における経済的な指標との関係は、因果関係にあるとどうやって証明されたのでしょう。単なる相関関係であれば、子供の特性を無視して部活動をさせれば、将来の経済的なメリットを享受できると結論付けるのは早計ではありませんか?経済学と言われるものが、いつまでも経済の統計値と、現象の相関を調べるだけで、関連性を見つけて理由を推定するだけの学問であるならば、価値が全く感じられません。(2018/03/01 11:34)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

今、当たり前と思っている社会の仕組みが、ずっと続くという保証はありません。

横倉 義武 日本医師会会長