• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「止まらない心臓」が登場、課題は高額医療費

世界初、自己組織を利用した生体弁の作成にも成功

  • 大滝 隆行(日経メディカル編集部長)

バックナンバー

2017年10月26日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

最新技術は「止まらない心臓」さえも生み出そうとしている…(提供:imagebroker/アフロ)

 全身に血液を送る臓器、心臓。その機能不全(心不全)を防ぐ医療デバイスと治療手法が幾つも開発され、百歳超まで寿命を延ばすことが可能になりつつある。水分と栄養を絶えず全身に送り出す心臓が元気であれば、たいていの人は生き続けられるからだ。

 弱った心臓の一部を代替するデバイスは形状記憶合金フレームなどが使われ、メスで胸を開かなくてもカテーテルを使って心臓内に設置できるようになってきた。術後に普通に日常生活を送れる植え込み型の補助人工心臓も登場している。こうしたデバイスには、合金や磁気など先端分野で開発された技術が盛り込まれている。

 半面、これらの治療はどれも高額である。このため、例えば「百歳の人を百十歳まで延命するために高額な医療費をかけるべきか」といったことを国民全体が真剣に考える時期が来ている。

弱った心臓の弁を再生、血管から挿入

図 経カテーテル大動脈弁置換術(TAVI)に使われる生体弁フレーム(上)と装填の様子

 全身の血管に血液を送る心臓は、ポンプの役割を果たす4つの部屋(右心房、右心室、左心房、左心室)と血液の逆流を防ぐ4つの弁で構成されている。歳を取るにつれ、心筋の肥大や弁の石灰化などが進んで、ポンプや弁がうまく機能しなくなり、心不全や重症不整脈が起きると人は死に至る。

 生命に関わるポンプや弁を修復する治療として近年、カテーテル治療が台頭している。弱った心臓の機能を代替する様々なデバイスを、足や手の血管からカテーテルという細い管を介して入れ、心臓内部に設置するものだ。体への負担を最小限にとどめつつ、心臓の機能を再生させることができる。従来はメスで胸を開き、時には人工心肺を用いて心臓を止めながら行う外科手術が主流だった。

 欧米から導入が始まり日本でも手掛ける施設が急速に増えているのが、経カテーテル大動脈弁置換術(TAVI)である。左心室と大動脈の間に存在する「大動脈弁」の代替となるデバイス(生体弁)を、カテーテルを介して挿入・留置して弁の機能を再生させる。生体弁は豚や牛の心嚢(しんのう)膜で作られており、医師が施術直前に専用の器具を用いて小さく折り畳み、カテーテルに装填する。

コメント3件コメント/レビュー

下の方は、他の家庭でも最善の治療を望むとか、兄弟姉妹が借金してでも親の治療をするとか言ってますが、そんなことはないです。
私は、80代の親の治療にお金が必要で、そのために私の家や子供の進学を諦めなければならないとなったら、親の治療にお金は出しません。保険医療が効かなくても別に怒ったりはしません。
自分がそうなっても、80まで生きたら別にそれでいいですからね。
また、私の親は、私の子供(親から見たら孫)がどうせ生きても先の短い自分のために大きな損失を被ることを望んではいないように思います。

医療費高騰の問題解決は簡単で、正解は「年寄は切る」です。それしかないでしょう。
愚かな人たちが命の尊厳とかなんとか喚きますが、なら自分で金を出せばいいだけです。
保険医療で賄えるのはここまでと割り切って、老人は見捨てていくのが、論理的にも倫理的にも唯一の正解です。これ以外の解は存在しません。

明々白々なことなのに、なぜこんなことも分からない人たちがいるのか不思議でなりません。
そもそも議論になることが不可解です。これしかないではありませんか。(2017/10/26 20:56)

「世界を動かす「100の技術」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

下の方は、他の家庭でも最善の治療を望むとか、兄弟姉妹が借金してでも親の治療をするとか言ってますが、そんなことはないです。
私は、80代の親の治療にお金が必要で、そのために私の家や子供の進学を諦めなければならないとなったら、親の治療にお金は出しません。保険医療が効かなくても別に怒ったりはしません。
自分がそうなっても、80まで生きたら別にそれでいいですからね。
また、私の親は、私の子供(親から見たら孫)がどうせ生きても先の短い自分のために大きな損失を被ることを望んではいないように思います。

医療費高騰の問題解決は簡単で、正解は「年寄は切る」です。それしかないでしょう。
愚かな人たちが命の尊厳とかなんとか喚きますが、なら自分で金を出せばいいだけです。
保険医療で賄えるのはここまでと割り切って、老人は見捨てていくのが、論理的にも倫理的にも唯一の正解です。これ以外の解は存在しません。

明々白々なことなのに、なぜこんなことも分からない人たちがいるのか不思議でなりません。
そもそも議論になることが不可解です。これしかないではありませんか。(2017/10/26 20:56)

>このため、例えば「百歳の人を百十歳まで延命するために高額な医療費をかけるべきか」と
>いったことを国民全体が真剣に考える時期が来ている。

先日も、80歳だかの老人が、喉を詰まらせて亡くなり、
数千万円の賠償命令が下されました。
ナンセンス極まりないですね。
これが自宅なら、ご愁傷様で済んだでしょう。

人間は、ひとつのことに目を瞑ってきました。

社会や医療の発達は、神のもたらす運命を遠ざけることを可能としてきました。
あくまでも、遠ざけるだけであって、完全に排除できるわけではありません。

それが何歳なのか、など、些細な問題です。

人間は、これまでは神が担ってくれていた役割を、
人間自身が負うことについて、真剣に覚悟を決めなければならいのです。

目を背け続けることは不可能ではないですが、その結果は悲惨なこととなるでしょう。
例えば、子供の存在そのものが、犯罪となるような。(2017/10/26 14:38)

各種の治療方法の紹介は、面白かった。
 ただ、図はもうちょっと工夫してほしい。リアルに描くより、漫画でも良いから、仕組みやポイントを理解したい。

 医療費問題は、合成の誤謬だ。それをコントロールできるのは、政治だけである。

 私の両親は80代で健在だ。もし心臓を患ったら、本人が望まない場合を別にして、最善の治療を要求する。金がかかるなら、私と兄弟姉妹が、家を売り退職金を前借して金を作るだろう。もし「老人だから健康保険が利かない」といわれたら、当然怒る。
 他の家庭でも、最善の治療を望むのは当然だ。
 しかし、日本全体でそうしてしまうと、医療費が嵩んで、健康保険制度が成り立たなくなってしまう。

 この誤謬は、コントロールが難しい、というか、どちらの方向に導けば良いのか答えはないであろう。
 できることは、医療器具メーカーなどへの補助金を増やして、こうした治療の費用を下げることを図るくらいだろうか。量産によるコストダウン、あるいはコストダウン方法の研究に金をかけるなど、できることはあるはずだ。(2017/10/26 10:14)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長