• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

ほおづえ・腕組みは筋力低下のサインだった!

人間工学に基づいた、体に優しい家具に要注意

  • 松尾直俊=フィットネスライター

バックナンバー

2016年11月9日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

ビジネスで多忙を極める日本の30~40代は体力の低下が著しく、5人中4人が将来寝たきりになる「ロコモティブシンドローム」の予備軍とされている。パワフルに働き、50代以上になっても健康的な生活を維持するには、正しい運動、食事、休養を行うことが大切だが、誤った健康術にまどわされ、成果が出ずにいやになってしまうケースも少なくない。そこで、著名トレーナーの中野ジェームズ修一氏が誤った健康常識を一刀両断。効率的で結果の出る、遠回りしないための健康術を紹介する。

腕組みは、実は体力低下を示す仕草の一つだった。(©keisuke kai-123RF)

 まったく運動をしないでいると、人間の筋肉量は20代をピークに、年に約1%のペースで減っていく。これはサルコペニアと言って、男女を問わず、誰しもが避けられない現象だ。「まだ若いから」「自分は大丈夫」と過信して何も対策をしないでいると、将来的には筋肉が減り過ぎて、運動器に障害を来してしまって寝たきりになる「ロコモティブシンドローム」に陥る可能性も出てくる。

 その兆候はどんなところに現れるのか。そしてどんなことに気をつければ良いのか。一流アスリートから一般人まで、フィジカルトレーニングをサポートしているトップトレーナー、中野ジェームズ修一さんの視点で語ってもらった。

オフィスや外出先でよく見かける姿勢が筋力低下のサイン

 「オフィスのデスク、少し気分を変えて仕事をしようと思って立ち寄ったカフェ。女性がほおづえをついていて、男性が腕組みをしている姿を見かけることがよくありませんか。逆に腕組みをしている女性の割合は少なく、ほおづえをつく男性も少ない。これはどんな理由があるか分かりますか」(中野さん)

 卓球の福原愛選手や青山学院陸上部駅伝チームのフィジカルトレーナーを務める中野ジェームズ修一さんは、こう話し出した。確かに中野さんが言う通り、ほおづえをつくのは女性が多く、腕組みをしているのは男性が多い。トレーナーの視線で観察していると、そこには明確な理由が見えてくるのだと言う。

 「一番大きな理由は筋力に関係しています。ほおづえも腕組みも若い人たちはあまりやりません。OLやビジネスパーソン、それに年齢を重ねた人のほうが、そういった姿勢を取ることが多くなりますよね。これは明らかに筋力が低下しているからなのです」(中野さん)

 加齢による筋力低下、サルコペニアという現象だ。人は誰しも、20代をピークに筋肉量が年に約1%の割合で減っていく。これは避けられない現象なのだ。

 「まず、女性がほおづえをつく理由について説明しましょう。人間の頭部の重さは体重の約10%とも、約5kgとも言われています。それだけの重さのものが載っている位置を考えてください。背骨の一番上のところですよね。背骨は、骨盤部の腰椎(ようつい)が一番太く、胸椎(きょうつい)、頚椎(けいつい)と上に行くにしたがって細くなる、24個の椎骨(ついこつ)という骨が重なっています。積み木を重ねて行くのと同じで、上に行くにしたがって小さくなるほうが崩れにくいという、非常に理に適った形をしているのです」(中野さん)

背骨は上に行くほど細くなる
背骨は、骨盤部の腰椎(ようつい)が一番太く、胸椎(きょうつい)、頚椎(けいつい)と上に行くにしたがって細くなる。このため、首から肩にかけての筋肉は、一日中かなりの負担を強いられている。(撮影:高山透)
[画像のクリックで拡大表示]

オススメ情報

「[中野ジェームス修一]遠回りしない体メンテ術」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

マネジメント層こそ無人化されるべきだ。

野口 悠紀雄 早稲田大学ビジネス・ファイナンス研究センター顧問