• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

東芝・シャープが勝ち目のない案件に挑んだ理由

大失敗の共通項を神戸大学の三品和広教授に聞く

2017年11月13日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

コメント27件コメント/レビュー

著者の書籍も読んでいますが、今回のコラムはあまり感心しません。
シャープと東芝の失敗は、大型すぎる投資をしたという点では似ていますが、全く別のモノだと思えます。
シャープの工場は大型工場を建設したが、東芝は実際にはそんな価値が無いものをはるかに高額で買収しているからです。

また、アップルを例に出していますが、シャープはそういった企業との競争で大型投資をしたのでなく、サムスン電子のような財閥系企業との投資競争によって勝負をしたのだと思います。

シャープは民主党政権の円高政策によって輸出競争力を失い、更に地デジ対応による短期的な判断で自社を優先し、外販先を失ってしまったために、巨大工場を活かせなくなったのが最大の失敗だと考えられます。

それすら大型投資をしたのが悪い、で説明してしまうなら、著者の能力を疑います。
きっと、大型投資をせずにサムスン電子などに負けていたら、「大型投資をしないのが悪い」「大胆な経営判断ができない」と批評するのでしょう。

私はシャープと似た事例はスカイマークだと考えます。(2017/11/14 16:13)

「失敗の法則」の目次

「東芝・シャープが勝ち目のない案件に挑んだ理由」の著者

小笠原 啓

小笠原 啓(おがさわら・さとし)

日経ビジネス記者

早稲田大学政治経済学部卒業後、1998年に日経BP社入社。「日経ネットナビ」「日経ビジネス」「日経コンピュータ」の各編集部を経て、2014年9月から現職。製造業を軸に取材活動中

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

著者の書籍も読んでいますが、今回のコラムはあまり感心しません。
シャープと東芝の失敗は、大型すぎる投資をしたという点では似ていますが、全く別のモノだと思えます。
シャープの工場は大型工場を建設したが、東芝は実際にはそんな価値が無いものをはるかに高額で買収しているからです。

また、アップルを例に出していますが、シャープはそういった企業との競争で大型投資をしたのでなく、サムスン電子のような財閥系企業との投資競争によって勝負をしたのだと思います。

シャープは民主党政権の円高政策によって輸出競争力を失い、更に地デジ対応による短期的な判断で自社を優先し、外販先を失ってしまったために、巨大工場を活かせなくなったのが最大の失敗だと考えられます。

それすら大型投資をしたのが悪い、で説明してしまうなら、著者の能力を疑います。
きっと、大型投資をせずにサムスン電子などに負けていたら、「大型投資をしないのが悪い」「大胆な経営判断ができない」と批評するのでしょう。

私はシャープと似た事例はスカイマークだと考えます。(2017/11/14 16:13)

大学教授の記事には、ほとんどの場合、学者の机上の空論という批判的コメントがされますね。
しかし、それは三品教授が指摘するような、経験からしか学ばない姿勢ではないかと思います。
一人の人間が経験できる範囲は限られており、他社、他業種のケースを研究して発表してくれる学者の方の知見は有用ではないでしょうか。(2017/11/14 15:42)

経営者の周囲にYESマンしか置かないようにしているからじゃないですか。太鼓持ちが多すぎです。誰も怖くて失敗したときのことを言えない。仮に言っても怒鳴られるだけ。(2017/11/14 10:19)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長