• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

目視で年に1回。電車「混雑率」の信ぴょう性

「公表値は実際の80~90%」との指摘も

2016年11月30日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 ビジネスパーソンのみなさんは、毎朝の通勤ラッシュで、会社にたどり着くまでにぐったり疲れてしまってはいないだろうか。「生産性の向上」が叫ばれて久しいが、通勤で疲れてしまっては元も子もない。

 一般的に鉄道の通勤ラッシュは緩和傾向にあると言われている。国土交通省の統計では、1975年度に221%だった東京圏31区間の平均混雑率が、2015年度には164%になっている。

 しかし、利用者の実感は違うようだ。周囲へのヒアリングやアンケートの結果を見る限り、通勤ラッシュに悩む人は依然として多い。

 こうした訴えを機敏に感じているのか。8月に東京都知事選に就任した小池百合子氏は、「満員電車ゼロ」を公約に掲げている。実際にいくつかの電車に乗車したうえで、独自のアンケート結果も踏まえながら、通勤ラッシュの現状と対策を検証する。

目視に頼らざるを得ない理由

 鉄道各社が発表する混雑率は、その信ぴょう性に疑いがある。

 混雑率は輸送力を分母に、輸送人員を分子にして算出する。鉄道各社は毎年、混雑率を調査し、国土交通省を通じて発表している。

 実は、この算出は第三者ではなく、各社が独自に調査している。しかも基本的には年に1回、主にプラットホームからの目視で測定している。では何を目安としているのか。下のイラストを見ていただきたい。

混雑率の目安
国土交通省が公表する混雑率の目安

 前回(鉄道各社が言う「混雑は緩和している」は本当?)も紹介したが、100%の混雑率は「座席につくか、つり革につかまるか、ドア付近の柱につかまることができる」だ。ちなみに150%は「広げて楽に新聞を読める」、180%は「折りたたむなど無理をすれば新聞を読める」、200%は「体がふれあい相当圧迫感があるが、週刊誌程度なら何とか読める」、250%は「電車がゆれるたびに体が斜めになって身動きができず、手も動かせない」だ。

 なぜ目視なのか。

 各社は空気バネなどを搭載した車両で、車重によって人数を把握する試みを進めている。だが、現時点では搭載している車両としていない車両が混在しているという事情がある。また、この手法だと1人当たりの平均体重を決めざるを得ないが、個人差があるほか重い荷物を持っている場合などもあり、正確な測定ができない。

 改札データの活用も考えられるが、個人ごとの乗降駅は様々で、データの解析が難しい。さらに、どの車両に乗っているかまでは把握できない。

 結果として、目視に頼っている。各社の社員の目で見た混雑率を唯一のデータとして、混雑緩和を議論しているのが現状だ。

 仮に熟練の測定スタッフがいたとしても、乗降が激しく混雑する車両をプラットホームから目視で正確に測れるのか。いずれにせよ、鉄道各社は目視という限りなく主観に近い形で混雑率を測定している。

 ある鉄道関係者は明かす。「正直言って、正確に測るのは難しい。11月に測定しているが、車内外の寒暖差などでガラスが曇っているうえに、紫外線カットガラスの普及で車内が見えづらい。測り方は悩ましい問題だ」。つまり、混雑率は“データ”で示されるが、決して客観的な数値ではないのだ。

11月下旬、武蔵小杉駅横須賀線ホームにて(撮影:北山宏一)

コメント20件コメント/レビュー

データを偽造して「改善してます!」と主張って、他の企業がやったら相当問題になるはずですが、よくもまぁこんなマネを平然としてますね。鉄道会社擁護派もいるようですが、私はこんないい加減な連中を擁護する気にはとてもなれません。
根本的な解決は確かに難しいんでしょうが、それでも顧客満足度向上のためにやれることはいくらでもあるはずです(金曜夜は増発するなど)。(2016/12/02 10:24)

「「痛勤緩和」のウソ」のバックナンバー

一覧

「目視で年に1回。電車「混雑率」の信ぴょう性」の著者

大西 孝弘

大西 孝弘(おおにし・たかひろ)

日経ビジネス記者

1976年横浜市生まれ。「日経エコロジー」「日経ビジネス」で自動車など製造業、ゴミ、資源、エネルギー関連を取材。2011年から日本経済新聞証券部で化学と通信業界を担当。2016年10月から現職。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

データを偽造して「改善してます!」と主張って、他の企業がやったら相当問題になるはずですが、よくもまぁこんなマネを平然としてますね。鉄道会社擁護派もいるようですが、私はこんないい加減な連中を擁護する気にはとてもなれません。
根本的な解決は確かに難しいんでしょうが、それでも顧客満足度向上のためにやれることはいくらでもあるはずです(金曜夜は増発するなど)。(2016/12/02 10:24)

東京など大都市一極集中を地方に分散させたり、時差通勤を一般化するなど、根本的な解決が必要なのでしょうから鉄道会社ばかりを責めるわけにはいかないとはいえ、まだ改善の余地はあるでしょう。
鉄道会社の方々は本当の混雑を実感されてないのではと疑念を持ちます。
とりあえずは、大都市近郊の鉄道会社の役員以上は自社の通勤電車(有料特急は不可)でのラッシュ時間通勤を義務化するとかすれば、多少の解決ははかられるのではないでしょうかね?
まさか、自分のところの役員を、こんな非人道的な、乗客を貨物扱い(家畜扱い?)している電車に乗せとくわけにはいかないでしょうし、ホームドアもない死と隣り合わせの危険なホームに放置することなどできないのでは?
あ、でもそんなことすると、誰も鉄道会社の役員にはなりたがらなくなる?(2016/12/01 19:21)

近年、画像認識技術も上がってきているので、車内にカメラを設置すれば正確な混雑率はすぐにとれると思う。防犯や事故の際の対応にも役立つので良いのではないか?、エレベータにもカメラが付いているところが増えているのだから、電車車内には、ぜひ付けるべき。車内に宣伝用のディスプレイをたくさんつけるよりずっと意味があると思う。(2016/12/01 10:44)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授