• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

スマホがスキャナーに! 撮影文書を美しく整形

OCR機能で自動認識した文字情報を基に画像を検索

2017年2月21日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 筆者はA4、B5サイズの一般的な書類のデータは、ドキュメントスキャナーを使ってパソコンに取り込んでいる。取り込んだ文書はスキャナー付属のソフトが自動的にPDF化し、常用のクラウドサービスにアップロードできる。いつでもどこでもスマートフォンなどから書類を見ることができるし、簡単に仕事仲間や友人などにも共有できる。

 ところが困るのは、サイズが大きかったり、厚かったりなどで、うまくスキャンできない場合や、伝票や帳票などサイズがまちまちでスキャンが煩雑な場合などだ。雑誌記事内の表や図版などに書かれた情報、ホワイトボードや看板、パッケージ裏の説明、領収書類など…。また、訪問先の会社での打合せの際に参照した本や資料(持ち帰りができないもの)など、出先でスキャンして保存しておきたいこともある。

あらゆるものに書かれた情報を、スマホのカメラでデジタル化

 そんなときに出会ったのが、スマートフォンのカメラをスキャナーにする「CamScanner」というアプリだ。数年前、入手して使ってみたら「目からウロコ」だった。

 スマホのカメラで撮影するのと比べて何が違うのか? このアプリでは、撮影した写真内のゆがんだ対象物を自動で切り抜き、形を補正する。明るさやコントラストも調整し、ドキュメントスキャナーで取り込んだような書類に整えてくれるのだ。まさに魔法のよう…。

 こうして電子化した情報は、ドキュメントスキャナーでスキャンした書類と同様にクラウドに置いて一元管理でき、ホクホクな筆者である。いちいち紙を探し回らずともクラウドから情報が得られるので心も軽く、仕事の効率も上がった。

CamScanner

ホームページ:https://www.camscanner.com/

提供:INTSIG Information

価格:無料/有料

サービス、アプリの入手先:
Android版
iOS版

 CamScannerのようなアプリは「ドキュメントカメラ」と呼ばれ、最近ではEvernoteやOneNoteなどにも付属するが、CamScannerのほうが画像の補正精度や使い勝手に優れる。スキャンした画像にはテキストメモを添えたり、OCR機能で画像上の文字を認識して埋め込む機能もある。ドキュメント画像はファイル名、タグ、メモだけでなく、このOCR認識文字からも検索できるので、仕事用にスキャンした大量のドキュメントから使いたいものをすぐに探せる。

 ドキュメントには、線や矢印、文字などを手書きで書き込めるので、注釈や校正、指示出しなども思いのまま。JPEG形式での保存だけでなく、複数ドキュメントを一つのPDFファイルにまとめて保存できるので、扱いがラクだ。

 ドキュメントは、アプリからURLを発行して仕事仲間と共有したり、メール送信、Dropbox、OneDrive、Googleドライブなど他のクラウドサービスへのアップロードも簡単に行える。

CamScannerのイチオシ・ポイント

・いつでもどこでもスマホのカメラがスキャナー代わりになる。

・スキャンした画像をきれいに補正したり、画像調整も簡単にできる。

・複数のスキャン画像をひとつのPDF文書にまとめられる。

・蓄積したドキュメントをスマホやパソコンなどあらゆる端末で閲覧し、Dropboxなどの常用クラウドサービスに簡単にアップロードできる。

・OCR機能でスキャン画像上の文字を認識して埋め込み、その文字から画像を検索できる。使いたい書類がすぐに探せる。

・蓄積したドキュメントを仕事仲間と共有できる。

コメント0

「スマホ利用のイチ押しクラウド仕事術」のバックナンバー

一覧

「スマホがスキャナーに! 撮影文書を美しく整形」の著者

青木 恵美

青木 恵美(あおき・えみ)

ITライター/コラムニスト

長野県松本市生まれ。独学で始めたDTP(パソコンによる机上出版)がきっかけで、IT関連の執筆を始める。日経パソコン、ITpro、Biz Clipなどに連載を持つ。関連書籍を20冊あまり執筆。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

企業や官公庁の幹部のメールボックスの内容が、まるごと数十万〜数百万円で売られている事例もある。

名和 利男 サイバーディフェンス研究所上級分析官