• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

残念ながら御社でも不祥事は起きます

山口利昭弁護士に聞く、リスク管理の実態と課題

2017年12月26日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

今年もまた、神戸製鋼所や日産自動車など、多くの大企業で不祥事が発生してしまいました。山口さんはこの状況について、どのように考えておられますか。

山口利昭弁護士(以下、山口):我々国民からしてみれば、日産や神戸製鋼といった企業は、日本を代表する基幹企業ですよね。そうした大企業が、製品の根本である品質に関わる不正を犯していた。これは例えばルールを知らなかったとか整備してなかったとかいうことではなく、きちんとルールがあるにも関わらず、あえて無効化するということです。それが社会的批判を浴びたということだと思います。

 深刻なのは、いずれも不正が長年にわたって企業の中で放置されていたということ。これは組織の構造的な欠陥であり、重大な問題です。ただ、こうした不正、不祥事については、私はどこの会社で起きても不思議ではないと考えています。

 私はこれまで多くの不正調査に関わりました。実際に色々なメーカーの工場に視察に行くこともあります。その度に思うのですが、メーカーの工場で働いている方々にとって、工場長という存在は社長よりも近い位置にいて、かつ絶対的な立場なんですね。それは組織の効率的な運用を実現する一方、工場の中での「常識」が、社会やことによると企業自体の常識ともずれてしまうケースがある。神戸製鋼や日産の事例では、こうした実態が背景にあったのではないかと思います。

やまぐち・としあき 大阪大学法学部卒業。1990年、弁護士登録。95年、山口利昭法律事務所を開業。大手企業の社外取締役などを務める一方、消費者庁の公益通報者保護制度検討委員会の委員としても活動。

ルールがあることはしっかり理解していながら、それを破ることがどこまで悪いことなのかということに対する認識が、欠如していたということでしょうか。

山口:そうですね。品質保証書があっても、安全性については問題ないだろうから、多少操作するぐらいのことは大丈夫だろう。それよりも、きちんと納期を守って、歩留まりを良くする。会社にとって無駄なことをやらない。例えば神戸製鋼は業界でも非常に製品の品質が良く、それが信頼性の高さを支えていた。仮に取引先への納期を守ることを優先し、品質管理を後回しにしていたとすれば、結果的にはその信頼を裏切ることになってしまったわけです。その意味では、製品の品質の大前提として、まず企業の資質そのものが問われているということだと思います。

「部分最適化」の行き過ぎが不正を生む

不正が生まれる構造的な欠陥とは、どのようなものがあるのでしょうか。

山口:色々あると思いますが、例えば「部分最適化」の行き過ぎといったことは指摘できると思います。メーカーがIT(情報技術)を積極的に導入して生産効率を高めるなかで、工場の部署ごとには優秀な人たちが一生懸命いい製品を作るけれど、人間が全体の流れを自分の目でチェックして把握するという役割がなくなってきているのではないでしょうか。

 AI(人工知能)が普及して、人間が全体の工程を見ることはさらに減っていくでしょう。これは、品質管理だけでなく、経営陣と現場社員、本社と工場という関係性についても、距離感をどのように埋めていくのかという観点で課題になると考えています。コミュニケーションの不在は、企業の不正においては大きな要因です。

コメント2件コメント/レビュー

この方の仰ることは全く正しいんですが、その先に行かないと、不正はなくなら無いんじゃないかと思います。「その先」とは、理不尽・不要な規則が作られ維持される仕組みです。

規則が過剰・不要・理不尽な場合、その規則を守る動機づけが薄れます。そういう場合でも、もちろん規則違反は罰するべきですが、同時に、規則を見直す仕組みが要ります。

逆に、規則に十分な理由があるなら、その理由を一人ひとりに理解してもらえば、規則を守る動機づけとなり、規則違反は減るでしょう。

一連の不祥事を、規則・規制の妥当性という観点からも見直してみてはいかがでしょうか? (そういうことをすると不正を擁護していると勘違いされますが、そうではなくて、不要な規則による無駄を減らすためです。ついでに不正も減ります。)(2017/12/26 13:34)

「謝罪の流儀 2017」の目次

「残念ながら御社でも不祥事は起きます」の著者

河野 祥平

河野 祥平(こうの・しょうへい)

日経ビジネス編集記者

2006年日本経済新聞社入社。社会部、消費産業部などで警視庁、ネット業界などを担当。直近では企業報道部でビール・清涼飲料業界を取材。2015年4月から日経ビジネス。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

この方の仰ることは全く正しいんですが、その先に行かないと、不正はなくなら無いんじゃないかと思います。「その先」とは、理不尽・不要な規則が作られ維持される仕組みです。

規則が過剰・不要・理不尽な場合、その規則を守る動機づけが薄れます。そういう場合でも、もちろん規則違反は罰するべきですが、同時に、規則を見直す仕組みが要ります。

逆に、規則に十分な理由があるなら、その理由を一人ひとりに理解してもらえば、規則を守る動機づけとなり、規則違反は減るでしょう。

一連の不祥事を、規則・規制の妥当性という観点からも見直してみてはいかがでしょうか? (そういうことをすると不正を擁護していると勘違いされますが、そうではなくて、不要な規則による無駄を減らすためです。ついでに不正も減ります。)(2017/12/26 13:34)

LGBTであることを理由に不当な扱いを受けたり、例として挙げられているような育児休暇の取り方に文句をつけるようなことが法律違反にならないのなら、法律がおかしいと思います。
社会的な見地から見て問題がある行動が法律で規制されていないというのは法律家の怠慢ではないでしょうか。他人ごとのように何でもかんでも企業の責任とするのは卑怯だと思います。(2017/12/26 06:17)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

2018年のヒット商品は食・睡眠・運動の3つを中心に動いていきます。

髙田 明 ジャパネットたかた創業者