• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

高齢者の運転免許返上は平均寿命を短くする!?

専門外コメンテーターの印象論に感じる危険性

2017年1月17日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

コメント50件コメント/レビュー

事故が起こる状況そのものが非常に低い確率で訪れる。そしてそれは当然回避の難しい状況であろうから、年齢に大きく左右されることはない統計値となると考えます。
車という道具は、身近にある最も人を殺すことが容易で、「間違い」の一言で人を殺せるということ。刃物で間違い殺人は有り得ません。つまり、殺人可能用具を扱いきる自信があるか?ということが最も大事だと考えます。
私の父は、無類の車好きでありましたが、衰えを感じてきたので、ある年齢で車を降りるつもりだと言っていました(直後、ガンで他界しましたが)。
これが理想ですが、多くの人が他人のことより自分のことを考えて行動します。
人の命に重みの違いはありませんが、私も今まで生きてきた時間より残された時間が少なくなって考えてみても、自分より長く生きられるであろう子供や若者を自分の過ちで殺してしまうことは絶対にしたくないし、できれば代わりに自分が死にたいと思います。
報道の仕方は肯定する気はサラサラありませんが、そういう世論によって、自身の運転を見直す諸先輩が増えてくれることを期待しています。飲酒運転もお陰で少しは減ったと思います。これが大事だと思っています。(2017/01/18 11:45)

「和田秀樹 サバイバルのための思考法」のバックナンバー

一覧

「高齢者の運転免許返上は平均寿命を短くする!?」の著者

和田 秀樹

和田 秀樹(わだ・ひでき)

精神科医

精神科医。『和田秀樹こころと体のクリニック』院長。国際医療福祉大学大学院教授(臨床心理学専攻)。一橋大学経済学部非常勤講師。川崎幸病院精神科顧問。老年精神医学、精神分析学(自己心理学)などが専門。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

事故が起こる状況そのものが非常に低い確率で訪れる。そしてそれは当然回避の難しい状況であろうから、年齢に大きく左右されることはない統計値となると考えます。
車という道具は、身近にある最も人を殺すことが容易で、「間違い」の一言で人を殺せるということ。刃物で間違い殺人は有り得ません。つまり、殺人可能用具を扱いきる自信があるか?ということが最も大事だと考えます。
私の父は、無類の車好きでありましたが、衰えを感じてきたので、ある年齢で車を降りるつもりだと言っていました(直後、ガンで他界しましたが)。
これが理想ですが、多くの人が他人のことより自分のことを考えて行動します。
人の命に重みの違いはありませんが、私も今まで生きてきた時間より残された時間が少なくなって考えてみても、自分より長く生きられるであろう子供や若者を自分の過ちで殺してしまうことは絶対にしたくないし、できれば代わりに自分が死にたいと思います。
報道の仕方は肯定する気はサラサラありませんが、そういう世論によって、自身の運転を見直す諸先輩が増えてくれることを期待しています。飲酒運転もお陰で少しは減ったと思います。これが大事だと思っています。(2017/01/18 11:45)

“高齢者で車に乗らず免許だけ所有している人”を除外してないのは、
各方面からツッコミが来そうな気がしますが...

身分証明書として免許証を所有している人、居ませんか?(2017/01/18 00:39)

これは酷いと言わざるを得ない。
高齢者比率が高まったからと言い切るだけで確率論云々はおじゃん。
原因の一つを説明できる程度で言及しないと「専門外コメンテーターの印象論」と同類
高齢者に免許返上なら、取得者に媚びて免許を簡単に与えるなと言うならマトモだが
若者側の取得年齢を上げる話とはなんともはや。
若い内にこそ物覚えも能力向上力も高いのに。
それに無免許運転で事故が増えるだけかもしれないぞ。
技能の方もあれだけど昨今は、運転を舐めすぎる心・行動・マナーが酷いのね。
運転中にTVどころか未だに手に持って電話やスマホ操作に視界を塞ぐうえに安全確認しない。
不適各者が免許持って運転しちゃ駄目っていみで若者も年よりもない。
認知症で「そもそも車を動かすことはほぼ不可能」って考えがおかしい。
何かやったら意図した通りかどうかは別として動いてしまうのが車でしょう。
子供でも動かせて問題に時々なってるでしょ。
「ブレーキとアクセルを間違えるのは、恐らくパニックを起こすからだろう」
はい、統計論とはなんぞや、印象論来ました。
スマホ運転は現行犯というか証明が難しいから取り締まれないとかじゃないのか?
「その最大の要因は、自動車の性能の向上だろう」また印象論。
高齢者からではなく、能力不適か(責任能力も必要)で判断するようにと。
責任能力は、殺人事件を起こしたのに心神喪失で無罪とか嫌なのと同じ。
能力も責任能力もなければ刃物は駄目よとするのが妥当。(2017/01/18 00:03)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

すきま時間を活用できることに気づいた消費者は、時間価値をかつてないほど意識している。

松岡 真宏 フロンティア・マネジメント代表