• ビジネス
  • xTECH
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「トクサイ(特別採用)」は製造業の堕落だ

企業統治に詳しい久保利英明弁護士に聞く

2018年1月10日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 日本の製造業は「堕落」した――。
 コーポレートガバナンス(企業統治)に精通する久保利英明弁護士は、日産自動車や神戸製鋼所などで相次いだ一連の品質問題を、一刀両断する。ゼンショーホールディングスの労働環境問題など、多くの事案で第三者委員会を率いた企業統治の専門家は、資本主義のいろはの「い」が崩れたと警告する。(聞き手は小笠原 啓)

久保利英明弁護士(写真:陶山 勉、以下同)

神戸製鋼所や三菱マテリアル子会社など、日本を代表する大手メーカーが品質関連の不正を繰り返していました。ただし安全性には問題がなかったとみられ、今のところ、重大な事故などにつながってはいません。

久保利英明弁護士(以下、久保利):表面上はそうかもしれませんが、僕はかなり深刻な問題だと思いますよ。頭を下げることすらしない某自動車メーカーの社長さんの姿を見ていると、こんな人たちに日本の製造業を任せて大丈夫なのかと、強い危機感を覚えます。

 かつて、不二家が「消費期限切れの牛乳原料」を使ったことが原因で経営危機に陥ったことがあります。世間から大きくバッシングされ、今では山崎製パンの子会社になっています。

 皆さんはこのとき、何が問題になったか覚えていますか。製造したクッキーやケーキで食中毒を出したわけではありません。社内規定から「1日」過ぎた牛乳を使った可能性がある、との疑惑が浮上したのがきっかけです。

 この問題が発覚したら、大手コンビニやスーパーは不二家の製品を一斉に撤去しました。「社内ルールすら守れない企業の商品は販売できない」というのがその理由です。

 過剰反応だと言う人もいるかもしれませんが、僕はまっとうな経済社会の姿だと思います。ルールや契約は守られるべきなのです。

コメント40件コメント/レビュー

品質が高いとは何か、一級品とは何か、日本の製造業は理解していないように感じます。意味があるとも思えない寸法や成分や強度に異様にこだわった結果、値段は高止まりし、納期が長くなり世界の製造業から取り残されていった。現場の方々は意味のない品質だと考えているので基準以下でも良いと勝手に判断し、経営者は品質が高ければ売れると勝手に判断した。世界のホテルから日本製品が無くなったのは、品質の問題ではなく、一級品では無いからはその通りでしょう。ごてごて意味のない機能を付け、価格は高く、そんなもの誰も必要としない。日本の製造業はそれが分からない経営者が多い。(2018/01/12 09:53)

「甦れ!ニッポンの品質」の目次

オススメ情報

「「トクサイ(特別採用)」は製造業の堕落だ」の著者

小笠原 啓

小笠原 啓(おがさわら・さとし)

日経ビジネス記者

早稲田大学政治経済学部卒業後、1998年に日経BP社入社。「日経ネットナビ」「日経ビジネス」「日経コンピュータ」の各編集部を経て、2014年9月から現職。製造業を軸に取材活動中

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

品質が高いとは何か、一級品とは何か、日本の製造業は理解していないように感じます。意味があるとも思えない寸法や成分や強度に異様にこだわった結果、値段は高止まりし、納期が長くなり世界の製造業から取り残されていった。現場の方々は意味のない品質だと考えているので基準以下でも良いと勝手に判断し、経営者は品質が高ければ売れると勝手に判断した。世界のホテルから日本製品が無くなったのは、品質の問題ではなく、一級品では無いからはその通りでしょう。ごてごて意味のない機能を付け、価格は高く、そんなもの誰も必要としない。日本の製造業はそれが分からない経営者が多い。(2018/01/12 09:53)

 よく言えば正論だが、やはり建前論にすぎず、人間という人文科学的素養、また現場という自然科学的素養が欠けている方の意見だと思う。
 本人は、現行の弁護士は、そういった人文科学的素養・自然科学的素養が欠けている者が大部分だ、という問題意識を有しており、それを改善させるべく司法改革制度を起こし、新たな法科大学院を設置した。ところが、それも大失敗に終わり、「建前の現実化の大失敗」という黒歴史が久保利弁護士には残っている。(2018/01/12 06:25)

>過剰反応だと言う人もいるかもしれませんが、僕はまっとうな経済社会の姿だと思います。ルールや契約は守られるべきなのです。

これに対して(2018/01/11 14:15)コメントに概ね同意ね。

他人の失敗に乗じて追い詰める行為を過剰反応のように行うのを許すのも間違い。
ミスを許容しない社会、それが落伍者だらけの社会にするし、
全体的に見れば皆が足を引っ張り合って全員不幸になる道。

>自分の都合で勝手に解釈する

人物金などで年々ハードルを上げ、その上で~対策でする事を増やしつつ、
無駄削減といって安全マージンを削り続ける事を求めるなどを要求するが
いずれ目標を達成できない時が必ず来る。
このリスクを考えないのと、
・自分で「なんとかする方法を」考えろ
・「できません」は認めない「なんとかしろ」※悪いニュースは聞こうとしない
・予算や納期や人員、道具に対し調整、変更、選択肢や権限を与えない
こういう無理筋状況に追い込む事が

「データ改ざん」を起こさせる原因じゃない?

これは経営側の甘えだよ

こういうのが判ってきたから、不二家のようになると判っても
「もうどうにでもなれ」「死なば諸共」かどうか知らないが、内部告発が増えたんじゃね?(2018/01/11 23:48)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日々、何気なく自動車を利用することが、我々を死に至らしめる可能性がある。

ジェームズ・ダイソン 英ダイソン創業者