• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

ハンガリーの国宝豚でつくるラード料理

パンに塗ったら、もう止まらない

2016年4月2日(土)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

[画像のクリックで拡大表示]

 あなたはパンに何を塗って食べますか?

 とあるネットの調査によると、1位がマーガリンで62.2%、次いでジャム、バター、チーズと続く(2009年「ディムスドライブ」調べ)。ちなみに、私はマーガリンとジャムのコンボ。とくに甘酸っぱいイチゴジャムにマーガリンのコクが合わさると……もう、食パン何枚でもいけてしまう。そしてそのあと、豊かなお腹周りを見て後悔する。

 しかし、そんな後悔なぞ吹き飛ばすような食べ方をしている国があった。それは中央ヨーロッパの小国・ハンガリー。なんと、ラードを塗って食べるのが一般的だというのだ。

「ラードって豚の脂の、あのラードですよね」

 その話を聞いたとき、思わず聞き返してしまった。カロリーだけで見れば、ジャム&マーガリンも変わらないかもしれない。だがしかし、あんなギラギラして豚肉特有の獣臭漂うあれを塗るなんて……。想像しただけで胃が重くなってくる。

意外とあっさり?

「私も初めて聞いたときはそう思いましたよ」と笑うのは設永(のぶなが)優子さん。東京・港区にあるハンガリー料理店「パプリカ ドット フ」のゼネラルマネージャーだ。国内でも珍しいハンガリー料理店を見つけたので、どんな料理を食べるのかとたずねたところからそんな話にいたったのである。

「でも、意外とあっさりしていて美味しいの。ちょうど次の料理教室でラードをつくるので参加してみてはどうですか」

コメント1件コメント/レビュー

ハンガリー料理を食べてみたくなりました。
その一方で日本人にとっての鯨は、ハンガリーにおける豚、モンゴルにおける羊と同様に、古来からで肉も骨もヒゲも脂も全て大切に食し使ってきた民族固有の伝統であり文化なのだ・・・・と言っても、全く聞く耳を持ってくれないのだろうなぁ。欧米人達は(^_^;)(2016/04/02 10:48)

「世界魂食紀行」のバックナンバー

一覧

「ハンガリーの国宝豚でつくるラード料理」の著者

中川 明紀

中川 明紀(なかがわ・あき)

ライター

講談社で書籍、隔月誌、週刊誌の編集に携わったのち、2013年よりライターとして活動をスタート。インタビュー記事を中心に、雑誌や電子出版物で活躍している。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ハンガリー料理を食べてみたくなりました。
その一方で日本人にとっての鯨は、ハンガリーにおける豚、モンゴルにおける羊と同様に、古来からで肉も骨もヒゲも脂も全て大切に食し使ってきた民族固有の伝統であり文化なのだ・・・・と言っても、全く聞く耳を持ってくれないのだろうなぁ。欧米人達は(^_^;)(2016/04/02 10:48)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

組織を正しい方向に導き、 作り変えていける人が、優れたリーダーです。

ジェニー・ダロック 米ピーター・F・ドラッカー伊藤雅俊経営大学院学長