• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

中国頼みだったスクラップ処理が危機に

日本資源戦略の危機、サントリーが放つ一手とは

  • 馬場 未希

バックナンバー

[1/4ページ]

2018年5月18日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「行き場を失うシュレッダーダストが心配だ」。廃棄物処理やリサイクルサービスを手掛けるリーテムの中島賢一相談役は顔を曇らせる。

国内で廃棄物余りが顕在化

 中国の習近平政権は昨年7月、一部の廃棄物の輸入停止を世界貿易機関(WTO)に通告。8月に輸入の禁止や制限をする廃棄物の目録を公表した。雑品スクラップに該当するものも、異物混入率を基準に輸入を厳しく制限することが明らかになった。

 産業用機械や家電、電子機器などが雑多に混じる「雑品スクラップ」。昨年まで、中国に年間約150万~200万t輸出されていた。未解体の機器を含むスクラップには鉄や銅などの金属、製品の筐体やケーブルの被覆に使うプラスチック、鉛やカドミウムなどの有害物質が混在する。

 今年、中国の事業者に許可する雑品スクラップ輸入量は約100万tに絞られるという。輸入制限は昨年12月末から。前後して輸出が激減した。

 残る約100万tのスクラップは国内循環させなくてはならない。リサイクル工場のシュレッダーで粉砕し、鉄などの有用な資源を回収する。その後に残るのがプラスチックやゴムが主体のシュレッダーダストだ。ざっと見積もって排出量は年間約30万t。中島相談役が案じるのは、これを国内の設備で処理しきれないからだ。

 シュレッダーダストは、廃棄されたクルマの処分過程からも出る。国内で適正処理するための仕組みが整っている。ところが、これまで中国に頼り切り、輸出されていた電気製品由来のダストを引き受ける設備の余裕がない。

 行き場を失った廃棄物は、単に焼却するか、埋め立て処分するしかない。業界では早くも廃棄物処理業者が便乗値上げをする動きもあり、野積みのまま放置されたり、場合によっては不法投棄されたりする事態も起こりかねない。「環境立国」を標榜してきた日本の資源循環システムに、危機が迫っている。

 かねて米国などが大量輸出する「E-waste(廃電気電子機器)」が中国で不適切に投棄され、現地の環境汚染や健康被害が指摘されてきた。中国による規制の導入は想定できたことだ。廃棄物を大量に飲み込んできた中国が不在となった今、日本の資源循環を立て直す必要がある。

中国・浙江省にある金属スクラップ処理現場の様子。地面に直に置かれた金属ゴミを作業員が手選別している (写真:大橋信胤)

コメント7件コメント/レビュー

欧州はデータの発表が巧妙だが、実態は、うまくロシアや北アフリカにうまく流しているだけ。
車で言うなら中古車と言って廃車を流出させている訳だから。
EUのデータに踊らされずしっかりと日本は舵を切ってゆく必要がある。(2018/05/20 22:19)

オススメ情報

「Beyond 2020 by 日経ESG」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

欧州はデータの発表が巧妙だが、実態は、うまくロシアや北アフリカにうまく流しているだけ。
車で言うなら中古車と言って廃車を流出させている訳だから。
EUのデータに踊らされずしっかりと日本は舵を切ってゆく必要がある。(2018/05/20 22:19)

炭素繊維、というより炭素繊維強化樹脂ってことになると思いますが、これは焼いてしまえばいいと思います。ガラス繊維強化樹脂だと大量のガラスが残りますが炭素繊維を使えば全部水と二酸化炭素になります。(2018/05/20 15:43)

中国が輸入する廃PETボトルも古紙も、日本からのものが選別が一番きれいにされているので評判が高いと別の記事に書かれていた。それが事実なら、中国の廃棄物受け入れがゼロになるなら兎も角、『大幅削減』であれば最後まで残るのかと思ったら、既に影響が出初めて仮置き場に溢れ返っているという。多分、中国の第一線が混乱していて品質の悪いリサイクル品の輸入禁止が出来ずに全面的にブレーキが掛かったのだろう。中国政府の『朝令暮改』的な突然の政策変更で全ての関連組織が『不随』状態なのだ。中国の突然の政策変更は、独裁政権だから出来ることであるが、同時に社会の『変化への適応能力』を高める効果がある。元来、『既得権』の保護が殆どない国で、後から参入でも力がある者が勝つ『資本主義の原則』がそのまま機能している国なのだ。先進国の多くは過度の競争や独占禁止を押さえ込んでいるので、結果的に既得権が保護されている。その典型が日本で、日本の場合既得権保護が強過ぎて産業改革がなかなか進まない。中国の既得権を無視する『何でもあり』は高度成長期が終わっても未だに5%以上の成長率を牽引している最大の原因だと思うが、経済評論家や政治家からはそのようなコメントが出てこない。皆が既得権保護撤廃には反対しているのだろう。日本は中国を『国際ルールを守らない無法者の国』と決めつけて、良い部分の真似さえもしない。そんな態度では独裁国である中国には勝てない。(2018/05/19 13:44)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

時間をかけて、そばに置いて付き合わないと、本当に好きなのかどうかは分からない。

中尾 浩治 テルモ元会長