• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「フェアウエー」に乗らない商売の楽しさ

ゴルフと商売の共通点とは

2018年4月17日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 会心のショットでフェアウエーに飛ばしたと思っても、ボールが落ちた場所に行ってみるとディポット跡だったなんていうことも、あり得るわけでしょ。それで、ボールを動かさないで打つなら、グリーンに向けて打つんじゃなくて、横に出したり、グリーンとは反対方向に出したりしなきゃいけなかったりする。商売でも前に進むだけじゃなくて、いったん、後退しなきゃいけない時だってある。オレのように50年近く商売をやっているとさ。店も、再開発に伴う立ち退きだったり、人手が足りなくなって店の再編成を考えなきゃいけなかったりで、閉めなくちゃいけない店が出てくることもある。

逆風が強い店をつくる

 でも、それで今までとは違う町に出店して、他のうちの店を刺激する勢いがある店ができたりする。1店1店が内容の濃い店になることで、次の店作りのパワーを蓄えることができた。そりゃ、いつでも順風満帆のほうがいいだろうけど、いつもフェアウエーに会心のボールを打つことができるわけじゃない。景気をはじめ、長く商売をやっていれば必ず山も谷もある。その時々の状況でできることは何かを一生懸命考え続けることで、営業の力が付いてくる。先々を見ればもっといい「スコア」、つまりもっと強力な繁盛店に結び付いていくものだと思うんだ。

今年1月末、楽コーポレーションから独立した黒川圭太氏が東京・渋谷に出店した角煮が看板料理の居酒屋「□ニ○(カクニマル)」。駅近ながら人目につきにくい路地にあり、入り口は障子で中が見えない作り。「こんなところにお店が、と入ってきたお客さんが楽しんでくれ、ここで働きたいぐらいに思ってくれる店を」と考えたという(写真=大塚千春、以下同)

 もう一つ、ゴルフと商売が一緒だと思うのは、良い結果を得るためには得意なコトを1つ作らなきゃいけないということだ。

本当に自信を持てる料理

 オレはもう74歳になるから、若い頃に比べるとショットの飛距離が落ちている。だから、パー5のロングホール(ティーグラウンドからグリーンまで471ヤード以上のホール)では、普通3打目でグリーンに乗せて、2パットでカップに入れると考えるけど、オレは最初から4打目で乗っけようと思う。だって、どうあがいても3打でグリーンには届かないからさ。この年齢で飛距離を伸ばそうと思っても無理だから、通常より飛ぶ距離は短くても、ショットを確実にグリーンに向かって打てるように練習したほうがスコアにつながる。

 それと同じで、商売でも自分が不得意なことをやり続けてもなかなか結果につながらない。うちのような居酒屋では、店の子たちがいくら頑張っても、何年も修業した料亭の料理人が作るような料理を出すのは無理でしょ。でも、居酒屋の定番料理の肉じゃがなら、毎日作っていればどんどんおいしくしていける。うちでは、毎日汁を継ぎ足しながら肉をとろとろに煮込んだ肉じゃがを出していて、これが人気なんだ。フランス料理のようなメニューを出して「日本一おいしいです」とは言えないけど、「日本一おいしい肉じゃがです!」なら、うちの店の子たちも胸を張って言える。商品を売ろうと思ったら、心の底からそうしたお薦めを言えないとだめだよね。

オススメ情報

「楽コーポレーション 宇野隆史社長の「若者よ、一国一城の主になれ!」」のバックナンバー

一覧

「「フェアウエー」に乗らない商売の楽しさ」の著者

宇野 隆史

宇野 隆史(うの・たかし)

楽コーポレーション社長

78年、楽コーポレーションを設立し、東京・経堂に居酒屋「くいものや汁べゑ」などを開く。88年、株式会社に改組し、社長に就任。現在は、首都圏に約20店を展開する。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

マネジメント層こそ無人化されるべきだ。

野口 悠紀雄 早稲田大学ビジネス・ファイナンス研究センター顧問