• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

言わせて!「私の“強制ハロウィーン”」

年々盛り上がるハロウィーン、ここがイヤ

  • 米田 勝一

  • データ協力:不満買取センター

バックナンバー

2016年10月28日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 市場規模は千数百億円で、既にバレンタインデーを超えたとする推計もある「ハロウィーン」。一方で、「強制ハロウィーン」という言葉に代表されるように、マイナスイメージで語られることも増えてきた。

 今回は、「不満買取センター」が実施した「ハロウィーンへの不満」に関するアンケート(調査期間:2016年10月12~13日/有効回答1033人)の結果と、代表的な意見を紹介する。

 この連載、気になるトピックに対する「ちょっと言わせて!」を紹介するのが目的。少々辛口であったりピント外れであったりしても、広い心で受け止めていただければ。

「パンプキンメニューばかりでうんざり!」

 アンケートではまず、「ハロウィーン商法」に関する不満を尋ねた。

 不満の第1位は、「ハロウィーンのコスプレイベント化」で34%。以下、「ハロウィーン関連商品の安っぽさ」(24%)、「ハロウィーン限定お菓子の外見と中身の差」(18%)、「ハロウィーングッズのマンネリ感」(11%)と続く。

 回答者の代表的なコメントは、以下のようなものだ。

「ぺらぺらな生地なのに何千円もする衣装ばかりなのが不満!」(25歳、女性、その他)

「コスプレグッズは子供のものでもちょっと高すぎる。海外製だとサイズ感が微妙に大きく、作りがすごく雑なくせに高い!」(27歳、女性、専業主婦)

「お菓子などは、包装だけハロウィーン仕様になっているだけで、中身は普段と変わらない。メーカーが儲ける為にやっているだけだと感じる」(30歳、女性、会社員)

「おせんべいまでハロウィーン仕様にして売っている。日本のお菓子なのだからハロウィーンに頼ってまで売らないで欲しい」(41歳、女性、会社員)

「この時期限定で、いろんな商品がパンプキン味になってしまうのが不満!通常の味のまま、パッケージだけハロウィーンっぽく可愛くして」(33歳、女性、専業主婦)

「スイーツのお店でも、普通の飲食店でもパンプキンメニューばかりでうんざり」(32歳、男性、会社員)

「飽きるほどの、オレンジ&黒のグッズ…」(63歳、女性、パート・アルバイト)

「ハロウィーンコーナーのグッズはほとんどがかぼちゃ関連で、バリエーションが乏しい」(50歳、女性、専業主婦)

「9・10月に目ぼしいイベントが無いため、下手すると8月の終わりからハロウィーングッズが店頭に並び始める。うんざり…」(34歳、女性、会社員)

コメント19

「みんなの不満」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

短期保有者のいいようにさせたら、中長期で保有したいと考えている株主はどうなるのか。

貝沼 由久 ミネベアミツミ社長