• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

上司から信頼される部下になるための心得

2015年9月26日(土)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 仕事をうまく進めるうえで大切なのは、お互いの信頼関係です。それは上司と部下との関係でも同じです。せっかく毎日働くなら、信頼されて、より重要な役割を担った方が仕事は楽しい。そのためには、上司からの信頼が欠かせません。もちろん上司に媚びを売れというわけではありません。「イエスマン」という言葉がありますが、返事だけ調子がいい部下を上司は必要としていません。

 では、必要とされる資質は何か? 創業者の親族という立場ではありましたが、店舗で働く一社員から店長、本社の管理職を経て、経営者になった私の経験から言えることは、上司から信頼を得るうえで、まず大切なのはやはり「素直」であることだと思います。素直とは、相手の話に常に聞く耳を持っているという働くうえでの姿勢です。

「いや」「しかし」「でも」は使わない

 では、逆に相手に自分の話を聞く気がないと感じさせるのは、何でしょうか。それは、繰り返しになりますが会話の導入部分で「いや」とか「しかし」とか「でも」といった、否定的な言葉を発してしまうことです。

 確かに、上司の指示でもやりたくない仕事はあるかもしれません。でも、何か指示を与えるということは、必ず理由があるわけで、役立つアドバイスである場合も多いものです。その真意をきちんと読み取る努力をしてくれる人が、上司にとって頼りになる部下です。

 もちろん、言われた通りにすればうまくできるとは限りませんが、少なくとも上司は部下にとって有益な話をしているつもりなのですから、きちんと最後まで話を聞いてほしいと思うものです。少し前にはやった言葉で言えば、「空気を読んでほしい」ということですね。

 また少し違う方向からの例え話ですが、「明日、朝早く来てね」と言われたときに、「朝、早起きするのは嫌だな」という気持ちが顔に出る人と、「何か重要な相談事があるのでしょうか」という前向きな気持ちが表情に表れる人の2タイプがいれば、当然、頼りにされるのは後者です。

相手の言葉の真意を考える習慣を身に付ける

 考えてみれば、何の用事もないのにわざわざ朝早く来てくれなどと言うはずもありません。少し厳しい言い方かもしれませんが、言われたことを額面通りに受け止めるのは子供みたいなものです。子供は誰かに「バカ」と言われると、その言葉にストレートに反応し、ケンカになってしまうかもしれない。でも、大人同士で「バカだな」というときには、相手の一本気な部分をむしろ褒めている場合もある。

 子供と大人に置き換えてみると、言葉を額面通りに解釈せず、その裏にある意図を読み取ることの大切さがあらためて分かるのではないでしょうか。ちなみに、心配性の人の中には、上司から新しい課題を提示されると、達成できるかが不安なあまり、思わずネガティブな反応をする人もいるかもしれません。

コメント0

「モスフードサービス櫻田厚会長兼社長の「人間力の経営」 cooperation with 日経レストラン」のバックナンバー

一覧

「上司から信頼される部下になるための心得」の著者

櫻田 厚

櫻田 厚(さくらだ・あつし)

モスフードサービス会長兼社長

1951年、東京都生まれ。72年に叔父(創業者・櫻田慧)の誘いで、モスフードサービスの創業に参画。98年に社長に就任。2014年より会長も兼務

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

人々が働きたいという会社になるには 「働きやすさ」と「働きがい」、この2つが必要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長