• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

中学英語で英会話は十分にできる

文法と英会話の微妙な関係

2016年1月9日(土)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 前回は、「作る」から、「受け取る」へと文法の発想を変えることで、細かい分析をしなくても英語はしっかりと理解できるというお話しをしました。例としてはgiveのケース(SVOO)を取り上げましたが、これはもちろん、どのような文型にも当てはめることができます。さらに、5文型では説明できない文構造でもやさしく理解できます。

 例えば、私は昨年この文法を使って新中学2年生に、進行形から動名詞、分詞構文、そして独立分詞構文までを25分で教えたことがあります。さすがに緊張しましたが、フタを開けて見ると先生にも生徒にも好評で、今年もアンコールがかかりました。たいへんうれしいことです。機会を改めて詳しくご紹介したいと思います(※)

(※)こんな、ある意味でとんでもない講義にアンコールがかかるのも、「使える英語」へのプレッシャーが年々高まる中で、先生方が新しい方向性を模索されているためかもしれません。今英語教育は過渡期に入っており、たいへんな混乱状態にあります。

 もう1つの例を上げますと、「仮定法」というのも、中学レベルの知識で理解できます。もっとも大切な点を説明しておきますと、「過去形には2つの意味がある」と考えれば良いのです。それだけです。

過去形の意味

  • ①「過去に起こったこと」を言い表す
  • ②「心の中で想像したこと」を言い表す

 例えば、つぎのような会話の場合、couldは②の意味で使われています。

  • A:What do you think about this plan? このプランについてどう思う?
  • B:It could work.(私が勝手に想像しただけのことだけど)ひょっとするとうまくいくかも

 ポイントは、(私が勝手に想像しただけのことだけど)という「前振り」を日本語で入れている点です。これによって、「はっきりは分からないけれど、可能性はゼロではないと思う」という微妙なニュアンスのあることが理解できます。また、この前振りを活用すると、自分自身が会話で使うときにも使いやすくなります。

 ちなみに、この場合のcouldは「未来」のことについて予測しています。なぜこんなハットトリックのようなことができるのでしょうか。――それは、「想像の世界は自由」だからです。

 このように、視点を変えて整理し直すと、中学の知識だけでもあっという間に高校文法を、それも、これまでよりはるかに深く、正確に、実践的に、マスターできます(※)

(※)すべての本を見たわけではありませんので、はっきりとは言えませんが、私の知る限り、「中学英語で・・」とか「中学・高校の文法を1冊で・・」とかいった類の本は、ただ単に「従来の文法をまとめただけ」の場合がほとんどのように思えます。仮定法についても、Ifを使って解説を始めたり、「事実に反する」という点を強調したりするものが多いですが、このような切り口では「正しい文法」は身に付きません。また、微妙なニュアンスや広がりが理解できなくなります。

「会話力」の伸ばし方

 さて、ここで文法と英会話の関係について少し考えて見たいと思います。いったい会話力を身につけるには文法知識が必要なのでしょうか。日本人は文法で痛い目にあっている人がとても多いので、ここは気になるところです。しかし、いったんは安心して下さい。これまで見てきたように、文法の発想自体を変えると、中学レベルの知識で高校内容までを無理なく理解できます。つまり、文法という点だけからみると、わずかな知識で会話はできるようになるということです。

 でも、それだけで十分かというと答えは「ノー」です。会話力を身に付けるには、ほかにもいくつかの点に気をつける必要があります。

コメント3件コメント/レビュー

>このような切り口では「正しい文法」は身に付きません。また、微妙なニュアンスや広がりが理解できなくなります。

うーん、日本語で教える限り、どういう方法でも身につきにくいと思います。そもそも「文法」という日本語がワタシ的には違和感です。grammarの定義はThe whole system and structure of a language。日本で教える「英文法体系」は、grammarの実態とはかけ離れてます。「仮定法」なんて「概念」を学習する意味はないと思います。もちろん、subjunctive moodでネット検索かければ出てきます。が、ケンブリッジなどの市販の教材でsubjunctive moodという項目を見たことはなく(ワタシに知る限り)、代わりにmixed conditionalsとして「何を表現できるか」を説明しています。なんでIが主語なのに、動詞にwereが使われるのか?それで何を伝えられるのか。そういう習得の仕方です。「仮定法」「分詞構文」という概念をいくら学習しても、結局「使えねー」です。よって、いわゆる「さぁ、今日は仮定法の使い方をお勉強しましょう」「今回は分詞構文です」という日本の英語教育が無意味だと思います。

あ、酷いこと言ってますねワタシ、このコラム、「日本語を活用した」習得法なんですね。ごめんなさい。(2016/01/16 21:15)

「日本語を活用した英会話習得法」のバックナンバー

一覧

「中学英語で英会話は十分にできる」の著者

池田 和弘

池田 和弘(いけだ・かずひろ)

大阪観光大学国際交流学部教授

「学習者に優しい」をコンセプトに、認知言語学、レキシカル・グラマー、エマージェント・グラマー、並列分散処理など最新の知見を駆使して、受験英語と実用英語を融合。日本有数の英語学習法のスペシャリスト。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

>このような切り口では「正しい文法」は身に付きません。また、微妙なニュアンスや広がりが理解できなくなります。

うーん、日本語で教える限り、どういう方法でも身につきにくいと思います。そもそも「文法」という日本語がワタシ的には違和感です。grammarの定義はThe whole system and structure of a language。日本で教える「英文法体系」は、grammarの実態とはかけ離れてます。「仮定法」なんて「概念」を学習する意味はないと思います。もちろん、subjunctive moodでネット検索かければ出てきます。が、ケンブリッジなどの市販の教材でsubjunctive moodという項目を見たことはなく(ワタシに知る限り)、代わりにmixed conditionalsとして「何を表現できるか」を説明しています。なんでIが主語なのに、動詞にwereが使われるのか?それで何を伝えられるのか。そういう習得の仕方です。「仮定法」「分詞構文」という概念をいくら学習しても、結局「使えねー」です。よって、いわゆる「さぁ、今日は仮定法の使い方をお勉強しましょう」「今回は分詞構文です」という日本の英語教育が無意味だと思います。

あ、酷いこと言ってますねワタシ、このコラム、「日本語を活用した」習得法なんですね。ごめんなさい。(2016/01/16 21:15)

前回へのコメントの繰り返しですが、やはり、文法を学ぶことの意義がはっきりしません。今回は "could" の例が挙げられています。説明はもちろん正しいです。ただ、その説明は、「理解している人が、自分の理解を説明している」のです。理解していない人にその説明が役立つかどうかは別の問題です。つまり、「その知識があると、その could を理解できるのか?」「その知識がないと、その could は理解できないのか?」という疑問です。この例のみならず、文法知識全般に対して、それが実際に役立つかという点では、僕は懐疑的です。■著者には程遠いですが、僕も人に英語を教えることが多少あります。その経験では、文法知識があっても、それを実際に使うことが出来ない人が大多数であるようです。例えば、"It could work."という発言を聞いて、ちゃんと聞き取っていても、「ひょっとすれば」という意味を汲みとっていない、そういう場面に遭遇します。そこで、著者のように could の用法を説明します。そうすると「そう言えばそうだったね。習ったことがある」との答えが返ってきます。では次から出来るようになるかというと、そうではない。一方、例えばドイツ人などが英語で会話する時は、文法知識ゼロでも、ちゃんと英語の "would", "could", . . . を使い分けている。結局、「知識」と「実践」は別物で、知識を実践に役立てることができる人は少ないということなのではないでしょうか?■「高校文法を、. . . マスターできます」とのことですが、日本では、文法をマスターすることそのものが目標になっていたりはしないでしょうか? 文法の知識を伝授すれば、生徒さんの文法の試験の成績は上がります。でも、その知識がどの程度役立つものなのかは . . . どうなんでしょう? ■もちろん例外はあるでしょう。文法に強く、文法を実践に役立てることができる人。それは、結局は、英語に対する関心の強い人なんだと思います。(2016/01/12 14:51)

スクールに通うもう一つの理由として、大人の英語になるというものが挙げられます。日本語で考えても中学生の話す日本語と大人の話す日本語は語彙も異なります。同じことが英語でも言えます。中学英語の語彙で大学の授業がきついのと一緒です。(2016/01/11 08:32)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授