• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

英語の学習は「ゼロサムゲーム」か?

知らないと遠回りをするポイント

2016年10月1日(土)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 今、日本の英語教育は、大きくコミュニケーション重視の方向に舵を切ろうとしています。これは、総じて良い流れだと思います。

 言葉は話すこと、つまり口頭コミュニケーションという点を含めて学習しないと、どうしても教え方や学び方がいびつになるからです。「これまでの英語教育はどこかおかしい」、たくさんの人たちが感じてきたのもそれが原因です。

 言葉の本質というのは、まず第一に「音声」です。音声を少しずつキャッチし、口に出して真似をしていく中で基礎が作られていきます。ですから、話すことを疎かにするという事は、もっとも基本的な点を疎かにするという事と同じなのです。

 ここをはしょると、根本的な基礎が欠けることになり、後あとそれが足を引っ張ることになります。今まさに私たちが頭を悩ませているのがこの点といえます。

 「インターネット以前の世界」では、そのような教育でも何とかなったのですが、インターネットが当たり前となった今では、世界の動きに対応できなくなる恐れがあります。“英語教育鎖国(完全な言語矛盾ですが…)”の平和な時代は、終わったと考えた方が良いでしょう。

 私たちは、新しい方向に舵を切る必要があります。それも大きく。そもそも、文法重視の旧来の教え方自体、決してうまくはいっていませんでした。これは誰もが身をもって体験している点です。得点に差が出るのは仕方がない、でもせめて後あとプラスになるような英語教育を受けたかった……そう思っている人がたくさんいるのではないでしょうか。

 しかし、何事にせよ新しいことを実施するときにはリスクがつきものです。ですから、そのリスクについてしっかりと理解し、「コグニティブの時代」の発想で、できるだけ合理的に、効果的に英語を学習したいものです。

ゼロサムゲーム

 ところで、スピーキングの導入にまつわる様々な問題やリスクは、学校だけの問題ではありません。私たち一般の学習にも深く関係しています。その中でも、取り分け大きな問題は、口頭コミュニケーションの訓練を下手に取り入れると、英語の学習が「ゼロサムゲーム」になる危険があるという点です。

 ゼロサムゲームというのは、何かに重点を置くと、他の部分が犠牲になって全体としてゼロになってしまうというような試みを指します(※)

(※)折角ですから、ここでも英語の感覚を身に付けましょう。まず「サム(sum)」というのは「合計」のことです。ですから、「ゼロサム」で「合計がゼロだ」ということになります。つぎにゲームですが、日本ではスポーツやビデオゲームなど限定されて使われますが、英語では人間の活動を指して幅広く使われます。この点を知るだけでも、英語に対する語感がグッと高まります。これが日本語を活用する威力です。

 私がここで英語の学習についてゼロサムゲームと言っているのは、話す練習を取り入れた分、リーディングやライティング、そしてリスニングの能力が犠牲になる可能性があるという意味です。

コメント7件コメント/レビュー

私は現在の英語教育の英会話重視の方向に危惧をいだいています。それはまさにこの記事の題名のようにいままで、行われてそれなりに成果がでている。リーディングやライティングの教育が削られるのではないかということです。
△日本の英語教育の不幸は、その制度を英語大好き人間(英語マニア、英語オタク)た決めていることです。きちんと英語教育を実践している人、英語教育の研究者などの意見をあまり聞きません。他の分野でも同じですが、オタクの考え方は一般人には通用しません。そのことを英語教育を考える人達が気がついていないことが不幸です。
△リーディングやライティングの教育が成果を出していると書きましたが、それは、日本には翻訳本が沢山あることが証拠だと考えています。ベストセラー小説なら翻訳されて当然なんですが、あまり売れるとは思えないマイナーなコンピュータ言語の専門書でも翻訳が本国での発売から短時間ででます。それは、コンピュータの専門家でもリーディングやライティングの勉強をしっかりして身につけた人が一定量いるということです。彼らは日常会話は出来ないかもしれませんが、有用な翻訳をしてくれています。英会話重視になることで、ビジネス系で英語を生かす人が増えるかもしれませんが、英語が専門外でもそれなりに専門書を英語で読むことができる人が減ってしまうのではないかという危惧があります。
△話は変わって、日本にノーベル賞受賞者が他のアジア諸国より多い理由の一つに、母国語で大学院教育が行われるということがあると言われています。英語を勉強した後でないと、物理や化学の専門の勉強ができないようでは、スタートで大きく差がつきます。たま、母国語で全て考えた方がより深く思考することができるとも言われています。これらが可能なのも大学院で使用するような専門書の翻訳がすぐに出てくることがあると考えています。進歩が早い科学の分野ですぐに翻訳本が出ることは、現在の日本の英語教育が決して間違っていなかったと証拠だと私は考えています。(2016/10/05 21:42)

「日本語を活用した英会話習得法」のバックナンバー

一覧

「英語の学習は「ゼロサムゲーム」か?」の著者

池田 和弘

池田 和弘(いけだ・かずひろ)

大阪観光大学国際交流学部教授

「学習者に優しい」をコンセプトに、認知言語学、レキシカル・グラマー、エマージェント・グラマー、並列分散処理など最新の知見を駆使して、受験英語と実用英語を融合。日本有数の英語学習法のスペシャリスト。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

私は現在の英語教育の英会話重視の方向に危惧をいだいています。それはまさにこの記事の題名のようにいままで、行われてそれなりに成果がでている。リーディングやライティングの教育が削られるのではないかということです。
△日本の英語教育の不幸は、その制度を英語大好き人間(英語マニア、英語オタク)た決めていることです。きちんと英語教育を実践している人、英語教育の研究者などの意見をあまり聞きません。他の分野でも同じですが、オタクの考え方は一般人には通用しません。そのことを英語教育を考える人達が気がついていないことが不幸です。
△リーディングやライティングの教育が成果を出していると書きましたが、それは、日本には翻訳本が沢山あることが証拠だと考えています。ベストセラー小説なら翻訳されて当然なんですが、あまり売れるとは思えないマイナーなコンピュータ言語の専門書でも翻訳が本国での発売から短時間ででます。それは、コンピュータの専門家でもリーディングやライティングの勉強をしっかりして身につけた人が一定量いるということです。彼らは日常会話は出来ないかもしれませんが、有用な翻訳をしてくれています。英会話重視になることで、ビジネス系で英語を生かす人が増えるかもしれませんが、英語が専門外でもそれなりに専門書を英語で読むことができる人が減ってしまうのではないかという危惧があります。
△話は変わって、日本にノーベル賞受賞者が他のアジア諸国より多い理由の一つに、母国語で大学院教育が行われるということがあると言われています。英語を勉強した後でないと、物理や化学の専門の勉強ができないようでは、スタートで大きく差がつきます。たま、母国語で全て考えた方がより深く思考することができるとも言われています。これらが可能なのも大学院で使用するような専門書の翻訳がすぐに出てくることがあると考えています。進歩が早い科学の分野ですぐに翻訳本が出ることは、現在の日本の英語教育が決して間違っていなかったと証拠だと私は考えています。(2016/10/05 21:42)

私は現在の英語教育の英会話重視の方向に危惧をいだいています。それはまさにこの記事の題名のようにいままで、行われてそれなりに成果がでている。リーディングやライティングの教育が削られるのではないかということです。
△日本の英語教育の不幸は、その制度を英語大好き人間(英語マニア、英語オタク)た決めていることです。きちんと英語教育を実践している人、英語教育の研究者などの意見をあまり聞きません。他の分野でも同じですが、オタクの考え方は一般人には通用しません。そのことを英語教育を考える人達が気がついていないことが不幸です。
△リーディングやライティングの教育が成果を出していると書きましたが、それは、日本には翻訳本が沢山あることが証拠だと考えています。ベストセラー小説なら翻訳されて当然なんですが、あまり売れるとは思えないマイナーなコンピュータ言語の専門書でも翻訳が本国での発売から短時間ででます。それは、コンピュータの専門家でもリーディングやライティングの勉強をしっかりして身につけた人が一定量いるということです。彼らは日常会話は出来ないかもしれませんが、有用な翻訳をしてくれています。英会話重視になることで、ビジネス系で英語を生かす人が増えるかもしれませんが、英語が専門外でもそれなりに専門書を英語で読むことができる人が減ってしまうのではないかという危惧があります。
△話は変わって、日本にノーベル賞受賞者が他のアジア諸国より多い理由の一つに、母国語で大学院教育が行われるということがあると言われています。英語を勉強した後でないと、物理や化学の専門の勉強ができないようでは、スタートで大きく差がつきます。たま、母国語で全て考えた方がより深く思考することができるとも言われています。これらが可能なのも大学院で使用するような専門書の翻訳がすぐに出てくることがあると考えています。進歩が早い科学の分野ですぐに翻訳本が出ることは、現在の日本の英語教育が決して間違っていなかったと証拠だと私は考えています。(2016/10/04 21:42)

大学は英語の高得点のおかげで入り、専攻はフランス語。メーカーに就職して輸出部に所属2年目で海外出張して英語では殆ど困らず、フランス語は1/3位しか分からなかった。
別に英語力を自慢したいのではなく、中学、高校まで学校の授業で業務出張のコミュニケーションが十分可能と言う点です。当然ながら知らない単語は辞書で調べて覚えて、積み上げる事も忘れてはいけません。
その後、数多くの海外出張で英語では、訛りに慣れる事に2~3日必要な場合も有りますが、問題は有りませんでした。そしてカナダに駐在となり、現地で生活をしながら、ビジネスのネゴもやる。現地のスタッフとコミュニケーションで困ることは有りませんでした。
但し、彼ら同士が普通の会話をしている時は、1/2位しか分からないほど早くて、知らない単語もバンバン出てきますが、まあ、そこまでは無理と割り切っていました。
海外留学して、上述のように基礎が出来ていれば半年で効果は出るでしょうが、基礎がもろいままでは、期待出来ないかもしれません。
その転機は、日本語を通さずに英語で考えるようになる時点だと、私は思います。(2016/10/03 17:00)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長