• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「読み」が隠された秘訣だった!

高速音読で爆発的な記憶を身に付ける

2015年10月17日(土)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 前回は、日本語の中に英語を埋め込む学習方法について紹介しました。この方法では、既に私たちの中にある巨大な日本語のネットワークをダイレクトに利用するため、強力な記憶が起こり、即戦力となる単語や熟語、語句などを高速で覚えることができます。語彙や表現を強力に増やせば英語の4技能(聞く、話す、読む、書く)への敷居はグッと低くなり、英語をすぐ手の届くところまで持ってくることができます。

大事なのは自信を持って「読む」こと

 このように日本語を活用すると、これまで体験したことのないような学習が実現するのですが、ここで1つ注意しないといけない点があります。それは、「読み」です。言葉は、読み方が分からないと効果的に覚えることができません。漢字でも、例えば、もし「老獪」(ろうかい:経験を積んでいて悪賢いこと)が読めないとすると、いくら意味が分かっていても覚えようがありませんね。

 これと全く同じことが英語にも当てはまるのです。ところが、日本の英語教育では英語の「読み」をしっかりとトレーニングしません。「テストに出ない」からです。そのために、いつまでたっても自信を持って英語を読めず、学習が思うように進まないのです。

 「読み」をおろそかにして、一足飛びに「意味」と「つづり」を同時に覚えようとすると、足場の無いままズルズルと学習を進めるような結果になります。asked、rule、little、warm、work、though、thoroughなどの基礎的な単語でも、自信を持って正確に読める人は意外に少ないものです。

 ただ「読み」といっても、あまり堅苦しく考える必要はありません。少しずつ丁寧に練習すれば半年ぐらいで見違えるようにうまくなります。また、今では英語は完全に世界語になっていますので、いろいろな人たちがいろいろなアクセントで話しています。ですから、多少なまりがあっても全く問題はありません。

 大切なのは、「自信」を持って読めるかどうかということです。「自信」がないとどうしても消極的になるからです。「読み」というのは、言わば隠された秘訣ともいうべきもので、「読み」に自信ができると、それだけで学習に大きな弾みがつきます。

 ちなみに、短期間に大量に語彙を増やすとなると「つづり」はどうなるのかと気にする方もいますが、「意味」が分かり、しっかりと「読み」ができると、あとはフォニックス(つづりと発音の関係)の基本を学べば、それほど難しくはありません。大切なのは学習の順序です。言葉の学習は、「意味+読み」⇒「つづり」という流れであるという点を良く理解しておいて下さい。

初めから正しく理解しなくても良い

 さて、ここでもう一度日本語の利用の話に戻りますが、「日本語の中に英語を入れる」というと、「日本語と英語では言葉のニュアンスなどが違うので良くないのではないか」と不安になる方がいます。しかし、決してそのようなことはありません。

コメント1

「日本語を活用した英会話習得法」のバックナンバー

一覧

「「読み」が隠された秘訣だった!」の著者

池田 和弘

池田 和弘(いけだ・かずひろ)

大阪観光大学国際交流学部教授

「学習者に優しい」をコンセプトに、認知言語学、レキシカル・グラマー、エマージェント・グラマー、並列分散処理など最新の知見を駆使して、受験英語と実用英語を融合。日本有数の英語学習法のスペシャリスト。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック