• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

リスニングを爆発的に伸ばす秘訣「答えを攻める」

2015年10月31日(土)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「英語を話せるようになりたい」――これは、私たちにとって、なんとしても実現したいことです。特に、インターネット上をたくさんの情報が英語で行きかう今日では、英語が話せないと置き去りにされているような感覚さえ覚えます。この怒涛の流れに、素早く乗り、効果的に英語を習得する有力な方法、それがこの連載で紹介している日本語を活用した学習法です。

語彙もニュアンスも高速で習得

 連載の第1回では、今まで覚えられなかった単語でも、日本語の中に混ぜてしまうと格段に覚えやすくなることをお話ししました。これは日本人の苦手な熟語に関しても同じことです。例えば、「健康のためにヨガのクラスにsign upしたよ」(sign up:申し込む)とすれば、熟語の意味がすっと頭に入ってきます。

 さらに、「その点は確かにproblemではあるけれど、issueじゃないと思う」(problem=問題そのもの/issue=問題の中でも議論の対象になっているもの)といったようにすると、英単語の微妙なニュアンスの違いも、素早く的確につかめます。英語だけで学ぼうとすると、このような違いが分かるには数年単位の時間がかかります。このようにして、日本語を活用して語彙やニュアンスの違いに関する知識を増やすと、強固なベースができ、英語力を短期間で飛躍的に伸ばせます。

リスニングとスピーキングを区別して学習

 さて、では英語を話せるようになるためにはどうすれば良いのでしょうか。ここでまず大切な点は、「リスニングとスピーキングを区別する」ということです。英語を話せるようになりたいというのは、つまり英会話ができるようになりたいということですが、英会話は、「リスニング」(聞き取り)と、「スピーキング」(話す)の2つの能力から成っています。リスニングは相手の言ったこと受け取る能力、スピーキングはこちらの意図を伝える能力で、これらは全く異なった能力です。ですから、この2つをしっかりと区別し、それぞれにあった学習法を行わないと、英会話力はなかなか伸びません。

 では、まずリスニングの学習法から考えて見ましょう。なぜリスニングからかというと、相手の言っていることがある程度聞き取れると心に余裕ができて、話せないなりに、知っている単語や表現を使って何とか対応ができるからです。反対にリスニングが弱くてよく聞き取れないと、焦ってしまい、使えるはずの表現さえ使えなくなります。

 そもそもなぜリスニングは難しいのでしょうか。最初の理由は、まず聞いた後からどんどんと音は消えてなくなるということです。リーディングであると、分からないところはゆっくりと見直すことができますが、リスニングの場合にはそうもいきません。つまり、頭から瞬時に意味を取る力が必要です。でも、英語と日本語は語順が違うので、これはそれほど簡単なことではありません。

コメント2

「日本語を活用した英会話習得法」のバックナンバー

一覧

「リスニングを爆発的に伸ばす秘訣「答えを攻める」」の著者

池田 和弘

池田 和弘(いけだ・かずひろ)

大阪観光大学国際交流学部准教授

「学習者に優しい」をコンセプトに、認知言語学、レキシカル・グラマー、エマージェント・グラマー、並列分散処理など最新の知見を駆使して、受験英語と実用英語を融合。日本有数の英語学習法のスペシャリスト。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック