• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

スピーキングができないとは言わせない!

秘訣は「検索力」と「リスニングとの結合」だ

2015年11月14日(土)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 前回は、リスニングとスピーキングを区別することの大切さについてお話ししました。リスニングのテストではそこそこの得点が取れるのに、スピーキングになるとさっぱりできないというのはよく耳にする話です。リスニングとスピーキングというのはそのぐらい異なった能力です。ですから、それぞれに合った学習をしないとなかなか成果が出ません。

 もう1点お話ししたのは、テストとトレーニングを区別することの大切さです。例えば、テストが四択問題だからといって、四択問題を解く必要はどこにもありません。むしろ、これは逆効果になることが多いのです。テストは実施する側が作りますので私たちは何もできません。しかし、トレーニングは何をやろうと“こちらの勝手”です。

 ですから、自分が一番気持ちよくできて、成果を感じる方法で勉強すればよいのです。そうした形で本物の英語力を身に付けていけば、テスト問題も自然に解けるようになります。実際にそういう勉強の仕方をして英語力をグングンと伸ばした人がいますので、いずれ機会があればご紹介します。

リスニングとスピーキングはどう違う?

 リスニングとスピーキング。この2つの能力の違いを一言で言い表すことのできるキーワードがあります。それは「検索力」です。

 リスニングの場合には、相手が勝手に言いたいことをまとめ、それを適切な英文にして話してくれます。こちらはそれを受け取るだけで良いので、音さえ聞き取れ、意味が分かればそれで何の問題もありません。ところが、スピーキングでは、私たちの方が考えをまとめ、記憶の中から適切な表現を探し出して発信しないといけません。つまり、ただ表現を知っているだけでは駄目で、それを瞬時に「検索」して引き出せないといけないのです。

 あなたにはこんな経験がありませんか。いろいろな教材で学習してきて、会話表現についてはそこそこ知っているのに、なぜかそれが必要な場面で口から出てこない。しっかりと音読練習をして、いつでも準備OKのはずなのに、なぜか適切なタイミングで使えない。つまり、「知っているはずなのに出てこない!」という体験です。

 このような、チグハグな事が起こる理由は、「検索」ができないからです。例えば、相手が“When did you go there ?”と聞いてきて、「7月」と答えたいときに、1月(January)から順番に数え上げた経験はありませんか(私にはあります)。また曜日を聞かれて、月曜日(Monday)から数えたことはありませんか(これも経験があります)。これと同じことがあらゆる語彙や表現に当てはまるのです。

 ではこの問題を解決するにはどうすればよいでしょうか。ここでもやはり「日本語のネットワークを利用する」が正解です。

 具体的には、「日本語→英語」の順序で練習することにより、日本語と英語を結び付けるようにします。例えば、1年の月の名前を覚えるのであれば、January、February……と英語だけで機械的に覚えていくのではなく、1月January、2月February……といったように、必ず先に日本語を言ってから英語を言うようにします。こうしておくと、「7月」と答えたいときに、瞬時に日本語のネットワークが起動され、素早くJulyを検索して口に出せるようになります。あとは、同じことをほかの語句や表現に広げていけば良いのです。それだけでスピーキングは圧倒的に強化されます。

コメント2件コメント/レビュー

「日本語→英語」で結びつけてネットワーク化し、素早く検索できるようにするとのご説明に対して、持論を述べさせていただきます。曜日を例に挙げると、「昨日は○曜日でした。」「今日は何曜日ですか。」「今日は□曜日です。」「明日は△曜日です。」を1週間毎日口ずさめば、曜日は体感で身につきます。または、手帳のスケジュールページの曜日を学習する言語で書いておけば、母語とのネットワーク化は不要です。さらには、部屋でくつろいでいる時間や電車に乗っている時に、目に入ったものを指差しながら、全てその言語で言っていけば、母語を介在させずに実物と学習言語が直接リンクします。母語が介在する頻度を減らす方法をとったほうが、「母語→学習言語」の時にとどまらず、「学習言語→母語」のインプット(特にリスニング)の時に理解が断然追いつきます。(2016/01/07 16:31)

「日本語を活用した英会話習得法」のバックナンバー

一覧

「スピーキングができないとは言わせない!」の著者

池田 和弘

池田 和弘(いけだ・かずひろ)

大阪観光大学国際交流学部教授

「学習者に優しい」をコンセプトに、認知言語学、レキシカル・グラマー、エマージェント・グラマー、並列分散処理など最新の知見を駆使して、受験英語と実用英語を融合。日本有数の英語学習法のスペシャリスト。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

「日本語→英語」で結びつけてネットワーク化し、素早く検索できるようにするとのご説明に対して、持論を述べさせていただきます。曜日を例に挙げると、「昨日は○曜日でした。」「今日は何曜日ですか。」「今日は□曜日です。」「明日は△曜日です。」を1週間毎日口ずさめば、曜日は体感で身につきます。または、手帳のスケジュールページの曜日を学習する言語で書いておけば、母語とのネットワーク化は不要です。さらには、部屋でくつろいでいる時間や電車に乗っている時に、目に入ったものを指差しながら、全てその言語で言っていけば、母語を介在させずに実物と学習言語が直接リンクします。母語が介在する頻度を減らす方法をとったほうが、「母語→学習言語」の時にとどまらず、「学習言語→母語」のインプット(特にリスニング)の時に理解が断然追いつきます。(2016/01/07 16:31)

語彙を広げないと、いい大人が子供と同じレベルの語彙で会話していたら恥ずかしい。ただし、最初はそれでも良いから生身の人間相手に話す事が大事だ。私自身高校時代に大学受験に備えて多くの英単語を丸暗記した。然し、大学入学後街中で外人に声を掛けられた時に逃げてしまった思い出がある。社会人になってから会社が終業後提供した英会話教室で米人教師から初めて英会話を教わった。その時に口から出た単語の数は高校時代に丸暗記した数の半分にも届かなかった。それだけでなく、特定の単語の意味でも、例えば日本人なら誰でも知っている「mean」の意味は「〜を意味する」としか覚えていなかったが、「いじわるな」という形容詞もあるし、名詞の「平均、中間」という意味もある。これ等は全く記憶がなかったので、高校までに教わらなかったのだと思う。後日家族揃ってアメリカ滞在生活を経験したが、子供が最初に覚えた言葉の一つが「いじわるな」の「mean」だった。子供は小学校低学年で、色の表現も20種類以上教わったらしいが、その中には当時の私も知らなかった単語が多く含まれていた。単語を覚える順番も、日米ではかなり違いがある様だ。初対面の挨拶も、学校で教わった「How do you do?」を当初は使っていたが、米人は皆「Nice to meet you.」や「Nice meeting with you.」というのに倣って私も1週間後にはその様に言い換えた。生きている言葉を習うには実際の会話で使うのが一番。語彙の「build up」はできれば当初は会話と平行に進めるのがベストだと思う。ところで、20年以上前から小学校での英語教育が始まったと思うが、「この頃の子供は英会話が上手い」という話をあまり聞かない。会話の下手な教師より、フィリピンから高等教育を受けた英会話教師を雇えばずっと良くなるし、給料も普通のレベルで十分集まると思う。アジアでも最低レベルの英会話能力を引き上げるには、自前(日本人教師)に拘らずに積極的に「外人教師」を雇い入れるべきだ。教育時間も小学校低学年から週3時間以上は欲しい。10年後には日本の英会話能力が「アジアの平均以上」20年後には「アジアトップレベル」を目指して欲しいものだ。具体的な目標なしに英会話教育を推進しても無駄に時間を使うだけだと思う。(2015/11/14 11:03)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長