• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

英文法をシンプルに斬る!

常識が正しいとは限らない

2015年12月26日(土)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 前回は、ちょっとした「遊び心」をもって、英語に接する点についてお話ししました。人間の頭が最も活発に動くのは、「うん、これは面白い!」と思ったときです。そう思えたとき、強い集中状態が起こり、有り得ないような能力が発揮されるのです。問題は、いかにして「その瞬間」を英語の勉強において生み出すかなのですが、その1つの方法が、「ええ~い、遊んでしまえ!」と考えて、リラックスして英語に取り組むことなのです。

 私はよく「頑張らずに頑張って下さい」とアドバイスしますが、これを聞いて笑顔を返せる人は、極意が分かっている人です。

 書き忘れていましたが、前回紹介した「遊びながら学ぶ極意」の彼女は、勉強時間についてこう答えています。「気が向いたら勉強を始め、飽きたら止めるようなスタイルだったので何時間ぐらい勉強したかはよくわかりません」――これは、ある意味で恐ろしい言葉で、10分ぐらいで止めた時もあれば、2時間、3時間と勉強したこともあるということです。でも、よく考えると、私たちが趣味や興味のあることに取り組むときとまったく同じですね。

 さて、私はこうしていろいろな方法で人を動機づけ、英語を教えてきたわけですが、その中で1つだけ大きな難題がありました。それが文法です。上記の彼女もレポートの中で「文法はずっと苦手でした」とつぶやいています。でも、変な話です。どうして3回生の終わりまでのたった3年間でTOEICのスコアを“遊びながら”400点から800点近くまで引き上げた人が文法を苦手だというのでしょうか。

 そんなの、本人が気づいていないだけで、“苦手の程度”が違うに決まっている――そう思った人もいるかも知れません。しかし、違うのです。文法が分からなくても英語は身に付くのです。

 なぜでしょうか? 実はここに、一般には知られていない衝撃の事実があるのです。この点について理解するのは意外と簡単です。1つだけ質問に答えて下さい。それですべてがクリアーになります。

 あなたは、文法が「書く」ためにあるか、「読む」ためにあるかどちらですかと聞かれたらどう答えますか。これは「テスト」ではありませんから、思うように答えてみて下さい。

 どちらでしょうか。

 実は、私はこの質問を権威ある言語学者に聞いたことがあります。その方の答えは、「書くため」でした――。これが常識的な答えです。しかし、実は致命的に誤っているのです。この発想でいるために、多くの学習者が文法に足をとられ、にっちもさっちもいかなくなるのです(※)。

(※)文法のワナを右に左にかわし切った優秀な人たちも、結局のところは通じる英文がなかなか書けませんし、話すこともできません。だからこそ、誰もがどうしてなのだろう? と首をひねってきたわけです。

コメント5件コメント/レビュー

英語で書かれている英語学習教材にも、グラマー教材はありますよね。例えば、ケンブリッジやオックスフォードのグラマー教材を見れば、日本の英語教育で言われる「英文法」とはずいぶん異なることがすぐわかると思います。私は高校大学の英語教育の後は、独習でバイリンガルになりましたが、使った教材はネイティブランゲージで書かれたものばかりです。オックスフォードのPractical English Usageは、確認用に今でも手元に置いて活用しています。要は、日本の「英文法」書は学者が英文法なる学問として体系化したもので、それを実用英語学習の教材として使用することが間違っているのです(少なくとも私が受けた時代の英語教育はそうでした。)(2016/01/01 07:48)

「日本語を活用した英会話習得法」のバックナンバー

一覧

「英文法をシンプルに斬る!」の著者

池田 和弘

池田 和弘(いけだ・かずひろ)

大阪観光大学国際交流学部教授

「学習者に優しい」をコンセプトに、認知言語学、レキシカル・グラマー、エマージェント・グラマー、並列分散処理など最新の知見を駆使して、受験英語と実用英語を融合。日本有数の英語学習法のスペシャリスト。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

英語で書かれている英語学習教材にも、グラマー教材はありますよね。例えば、ケンブリッジやオックスフォードのグラマー教材を見れば、日本の英語教育で言われる「英文法」とはずいぶん異なることがすぐわかると思います。私は高校大学の英語教育の後は、独習でバイリンガルになりましたが、使った教材はネイティブランゲージで書かれたものばかりです。オックスフォードのPractical English Usageは、確認用に今でも手元に置いて活用しています。要は、日本の「英文法」書は学者が英文法なる学問として体系化したもので、それを実用英語学習の教材として使用することが間違っているのです(少なくとも私が受けた時代の英語教育はそうでした。)(2016/01/01 07:48)

そもそも文法は何のために勉強するんでしょうか? 「文法はずっと苦手でした」とありますが、文法が出来ないと何が困るんでしょうか? そこがはっきりしないので、今回の記事の趣旨が分かりませんでした。読むために必要であると仰っているようにも読めましたが、著者の例で示されていますように、最小限の文法知識さえあれば、英文の内容を理解することはできます。例えば、直接目的語と間接目的語の違いなどを知らなくて、正しい英文が与えられれば、意味を正しく推定することは容易です。特に、文脈があれば。読解に障害があるとすれば、著者が仰るように、ほとんどは、語彙が足りない時です。■規則中心の文法教育は害が多い、という著者の意見には賛成です。僕が言いたいのは、そもそも、文法そのものの教育は必要ではないのではないか、ということです。■僕の経験では、文法知識は、間違っている文がどうして間違っているかを、非母語話者に論理的に説明するときに非常に役立ちます。しかし、説明を受けた人が次回から正しい英語を書けるようになるかというと、そうはいきません。結局、規則から演繹的に正しい英文を導き出せるほど、文法というのは網羅的な規則集にはなっていないからだと思います。■あるいは、文法が、精密な意味の違いを表現していることもあります。(例えば"I will." と "I would."の違い。) ですが、文法知識が豊富になれば、読んでいてこういう違いに気づくようになるか、こういう違いを自分で書き分けることが出来るようになるかというと、そうはいきません。結局は、文法規則を実線に役立たせることは出来ず、経験で感得するしかありません。(2015/12/28 11:53)

言わんとしていることは、理解できます。要は、わかる範囲で、やってみることから始めることが重要で、100%身に付けるまで、敬遠していては、何もできないということでしょう。
しかし論理はいささか強引です。野球やサッカーは、ルールが単純なのではなく、全部を理解していなくても、遊べるのです。相撲では最高位の横綱でさえルールを知らずにクレームをつけた事件がありました。書く場合は、知っている文法で書けるように、日本語を翻案してから、書くこともできますが、読むときは、その文で、使われている文法を知らなければ、どうにもなりません。どちらも同じように、問題があるように、見えます。(2015/12/27 11:54)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

店長や売り場主任などの管理職は、パートを含む社員の声を吸い上げて戦略を立てることが重要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長