• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「親切な資料」をつくるあなたは、間違っている

頑張っているつもり、かもしれませんが……

2015年10月28日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 企業の会議に参加したとき、それが実り多いものになるかどうかは、開始前にわかります。

 もし、机の上に分厚い資料が置かれていたら、私はその時点でモチベーションが半減します。分厚い資料が用意された会議は、それを読み合わせることで終わるか、その資料はまったく役に立たないかのどちらかだからです。

 資料を読み合わせるような場合、会議の前にすでに会議は済んでいます。それはただの報告会であって、チームで意見を述べ合ってアイデアを醸成するような機会はありません。正直なところ、わざわざ集う必要もないのです。

 さらに問題なのが、役に立たない分厚い資料が用意されている会議です。どうして問題かといったら、そんな資料をつくっている人たちが出席しているからです。

「こんなものを読ませるな!」

 私が放送作家になったばかりの頃、まだパワーポイントは普及していませんでした。だから、会議の資料と言えば、文字が並ぶか手書きの図をコピーしたようなアナログなものがほとんどでした。

 長々と文字を連ねたら「こんなものを読ませるな!」と叱られるから、自ずと要点だけを示すクセがつきました。また、下手な手書きの図を見せるのも恥ずかしいから、資料に載せるのは最小限に抑えるようになりました。

 会議では、その場でどれだけチームのアイデア醸成に貢献できるかが問われているのであり、わざわざメンバーに目を通す時間を取らせる資料など少なければ少ないほどいいというのが、現場のスタンスでした。

 私は、いまでもそれは正しいと思っています。

 ところが、パワーポイントの普及に伴って、勘違い人間が増えているのです。

 上司から会議の準備を命じられて、あなたはまず何をするでしょうか。パワーポイントでわかりやすい資料をつくろうとするなら、今後「会議に呼ばれる人」でいるのは難しいかもしれません。

コメント12

「あなたはなぜ大事な会議に呼ばれないのか」のバックナンバー

一覧

「「親切な資料」をつくるあなたは、間違っている」の著者

野呂 エイシロウ

野呂 エイシロウ(のろ・えいしろう)

放送作家/戦略的PRコンサルタント

「天才・たけしの元気が出るテレビ!!」で放送作家デビュー。「ザ!鉄腕!DASH!!」など人気番組を手がけた後、1997年にコンサルタント活動を開始。放送作家として培ったノウハウを応用する手法で人気に。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

高齢者に配るお金はあるが、少子化対策のお金はないと言うのは、おかしいでしょう。

小泉 進次郎 衆院議員