• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

星野リゾート代表の“強気”なストレス軽減策

第3回 ストレスコントロールのためなら変人と思われてもいい

  • 星野佳路=星野リゾート代表

バックナンバー

2016年2月4日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

仕事においては、やはりカラダが資本。多忙な中でも最高のパフォーマンスを発揮し続けるには、日ごろからの健康管理が欠かせない。星野リゾートの星野佳路代表(55歳)の第3回目のテーマは「ストレスコントロール」。ストレスを減らすために実践している「3ない主義」について聞いた。

「やらないこと」を決めるのは結構大事。
[画像のクリックで拡大表示]

 私は食事、睡眠、運動のほかに、ストレスのコントロールも健康管理には欠かせないと思っています。そのために掲げているのが「3ない主義」です。

 3ない主義とは「出たくない会議には出ない」「会いたくない人には会わない」「行きたくない会食には行かない」の、3つの「ない」をできるだけ実践するというもの。とくに会食は、自分が楽しいと思えるもの以外はほとんど断っています。

 夜の会食を断ると、ランチミーティングや朝食ミーティングに誘われますが、そもそもこのシリーズの第1回(「実践!1日1食主義」)でお話したように、昼食も朝食も食べませんからね。5~6年くらい前までは、重要な取引先の接待などは礼儀もあるため、付き合うようにしていましたが、最近は「3ない主義」をできる限り徹底するようにしています。

会食は楽しいと思えるものだけに

 先日も海外出張の際に歓待を受けましたが、私は「昼食は食べないので、みなさまでどうぞ食べてください」と辞退しました。それでも最初は席にだけは着いて会食の様子を見ていたのですが、「この会食は何時に終わりますか? その時間まで散歩をしてきます」と言って、中座してしまいました(笑)。

 こんなことをしていると「変わった人」だと思われますが、そうすると非常にラクですね。なぜなら…。

「「一に健康、二に仕事」 from 日経Gooday」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授