• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

朝食抜きが、朝の“時差ボケ”を招く

残業のある日は「分食」で夜型シフトを防止

  • 佐田節子=ライター

バックナンバー

2016年2月29日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

仕事やプライベートの時間をやりくりするために、真っ先に削ってしまうのが「睡眠」ではないだろうか。また、年齢とともに、眠りが浅くなったり、目覚めが悪くなったりする人も多いに違いない。もう眠りで悩まないための、ぐっすり睡眠術をお届けしよう。

 朝起きたら、まず太陽の光を浴びる―。これは体内時計のズレを修正し、体を覚醒モードに導く重要な“朝の儀式”であることを前回のコラム(「意外? ブルーライトを浴びれば目覚めスッキリ」)で紹介したが、実はもう一つ加えてほしい儀式がある。それが、朝食を取ることだ。

体内時計は1日24.5時間周期

 「1日は24時間周期ですが、私たちの体内時計は約24.5時間と、少し長くできています。このズレをそのままにしておくと毎日およそ0.5時間ずつ後ろにずれていく計算になりますが、朝起きて日光を浴びると、体内時計がリセットされてズレが修正される。いわば朝のスイッチが入るわけです。実は、朝食を取ることでも同じリセット効果が得られます」。こう語るのは、早稲田大学先進理工学部生理・薬理学研究室の柴田重信教授だ。

朝食には体内時計をリセットする効果がある(©z_i_b_i-123RF)

 全身には約60兆個の細胞があり、その一つ一つに「時計遺伝子」が内蔵されている。これらの時計遺伝子から成る体内時計は、主に2つに分けられる。脳にある“主時計”と、臓器にある“末梢時計”だ。「主時計は脳の視交叉上核(しこうさじょうかく)にあって、光の刺激によってリセットされます。一方、末梢時計は胃や食道、肝臓、腸…と全身のあらゆる臓器に存在している、いわばローカル時計のようなもの。この末梢時計をリセットさせるのが、食事です」(柴田教授)。

 食事を取ると、いろいろな臓器にある末梢時計がせっせと働きだし、体内時計のリズムを刻む。柴田教授らは、マウスを使った実験で肝臓の時計遺伝子が食事によってどう動くかを調べた。その結果、体内時計をリセットする効果は朝食が一番高かった。その理由はなんと“絶食した時間”に関係しているという。

コメント3件コメント/レビュー

朝食を食べない生活を10年以上続けているが記載されているような不都合は一切起こっていない。朝食を食べるなというような本も出版されていたが、これを実行してみて本当だということが実感できた。朝食が必要というのは思い込みでしかないと考える。そもそも三食でなければいけないなど誰が決めたのか。マウスの実験を引用しているが、そもそもマウスの体内時計と人間とでは異なるし、マウスも一日三食なわけがない。就寝前の大食がよくないことは経験をふまえ同意する。しかし、朝食をとらないことが、ここでいう“時差ボケ”の原因ではない。(2016/03/02 15:07)

「「一に健康、二に仕事」 from 日経Gooday」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

朝食を食べない生活を10年以上続けているが記載されているような不都合は一切起こっていない。朝食を食べるなというような本も出版されていたが、これを実行してみて本当だということが実感できた。朝食が必要というのは思い込みでしかないと考える。そもそも三食でなければいけないなど誰が決めたのか。マウスの実験を引用しているが、そもそもマウスの体内時計と人間とでは異なるし、マウスも一日三食なわけがない。就寝前の大食がよくないことは経験をふまえ同意する。しかし、朝食をとらないことが、ここでいう“時差ボケ”の原因ではない。(2016/03/02 15:07)

1日三食は近代以降の生活習慣ですよね? 特に朝食キャンペーンはバレンタイン商戦のように、企業が食料消費を増やして儲けたいための仕掛けが基礎だったような。(2016/03/01 11:21)

朝食信仰には多少の疑問もある。生物としてあまり自然でない。目が覚めて、狩りもせずにいきなり食べるってどうなの?幸せなことではあるのだが・・・お腹が膨れたら眠くなる。夜食べて寝るのが動物としてそれほど不自然とは思えない。なにより誰が一日3回と決めたのか?子供じゃないのだから、必要栄養は一度でも取り切れる。なにか現代人は変な呪いにかかっているような気がする。(2016/02/29 14:45)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

2018年のヒット商品は食・睡眠・運動の3つを中心に動いていきます。

髙田 明 ジャパネットたかた創業者