• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

寝たい、眠れない…睡眠を操る食事術とは?

糖質オフで眠気を予防、眠りたいならメラトニン入りの食材を

  • 伊藤和弘=フリーランスライター

バックナンバー

2016年3月7日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「食事の内容によって、睡眠はある程度コントロールできます」

 そう伊達友美さんは話し始めた。これまでに5000人以上の食事を指導し、カリスマ的な人気を持つ管理栄養士だ。「眠ってはいけないとき」、「ぐっすり眠りたいとき」、それぞれどんな食事をすればいいのか。伊達さんに聞いた。

ランチは糖質のとりすぎに注意

 まず、眠ってはいけない場合。午前中はバリバリ仕事をしていたのに、昼食をとった途端、睡魔に襲われる人は少なくない。原因は食後に血糖値が上がること。胃に血液が集まり、脳に回る血液が少なくなることも関係しているという。

 「血糖値を上げないように、ご飯などの炭水化物を食べすぎないのが基本です。アフターランチで砂糖いっぱいのスイーツを食べるのも要注意です。午後、仕事に集中したいなら“糖質は控えめに”が鉄則ですね」と伊達さんは言う。

 ご飯おかわり自由、なんて聞くと「食わなきゃ損だ!」という気分になるもの。しかし、もう高校生ではないのだから自重しよう。中高年の食べすぎは生活習慣病に直結するし、仕事の集中力も落ちてしまう。

 昼食後に絶対眠ってはいけない場合は、いっそのこと「ご飯を食べない」糖質オフをランチで実行してもいい。コンビニで弁当やサンドイッチではなく、「おつまみ」を買って昼食にする。ビーフジャーキー、チーかま、さきいか、ナッツなどは、いずれもたんぱく質が豊富で糖質が少ない。糖質をとらなければ血糖値は上がらないので眠くなりにくい。

 「ナッツやビーフジャーキーなど、固いものをかじると覚醒作用があります。柑橘類、梅干し、酢昆布など酸味の強いものもいい。一方、ガムやおせんべいは糖質が多いので避けましょう」と伊達さんはアドバイスする。

コメント0

「「一に健康、二に仕事」 from 日経Gooday」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

プロフェッショナルとして、勝負どころで安易に妥協するなら仕事をする意味がない。

手嶋 龍一 作家・ジャーナリスト