• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

もはや革命!? 不健康なはずのラーメンが進化

ブンブン ブラウ カフェ ウィズ ビーハイヴ(東京・旗の台)

  • 外川ゆい=フードライター

バックナンバー

2016年4月11日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

国内外を問わず、多くの人に愛されているラーメン。今や国民食の一つと言っても過言ではないだろう。しかし、広く受け入れられ、その味が評価されているにもかかわらず、ラーメンには“不健康”なイメージがある。そんなラーメンがここ数年で変わりつつある。素材にこだわる店が増え、「健康に配慮した」ラーメンを出す店が増えているのだ。それに伴い“ラーメン女子”と呼ばれる女性客も急増中。そこで日経Goodayでは、健康志向ラーメンの最新トレンドをいち早く取り上げ、東京で今話題のラーメンを提供している店を1軒ずつ紹介していく。

今や国民食の一つになったラーメン。美味しいだけでなく「健康に配慮した」ラーメンが増えている(写真は、ブンブン ブラウ カフェ ウィズ ビーハイヴの「アグー豚の醤油ラーメン(全部乗せ)」
[画像のクリックで拡大表示]

 日本人が好きな食べ物というと、ランキングの上位に必ず入る「ラーメン」。日本人は麺好きが多いが、その中でもラーメンに惚れ込んでいる「ラーメン好き」は非常に多い。人気店には行列が絶えず、有名店ならば1時間以上待つ店もある。

ミシュランで「一つ星」を獲得したラーメンも

 今では、世界的なグルメガイドブック「ミシュランガイド」にもラーメン店が掲載されるようになっている。2014年12月発行の「ミシュランガイド東京2015」からは、コストパフォーマンスに優れた店を紹介する「ビブグルマン」というジャンルで、20軒以上のラーメン店が掲載された。そして、昨年12月発行の「ミシュランガイド東京2016」では、とうとう「一つ星」を獲得したラーメン店が登場した

「ミシュランガイド東京2016」(日本ミシュランタイヤ発行)。2015年版以降、「ビブグルマン」というジャンルでラーメン店が掲載されるようになった。2016年版では、「一つ星」を獲得したラーメン店が登場(写真:スタジオキャスパー)

 独自の進化を続けるラーメンが、ニューヨークやパリなどの海外にも続々と進出して、現地のグルメに受け入れられているのをご存じの方も多いだろう。

 ラーメンが広く受け入れられ、評価が高まる一方で、ラーメンには「カラダに悪い」という負のイメージがいまだに付きまとっている。「ラーメンばっかりじゃカラダによくない」「飲みの〆のラーメンはカラダに悪い」「スープは全部飲んじゃダメ」――多くの人がそんなフレーズを必ず1度は聞いたことがあるのではないだろうか。

 確かに、一昔前までは、油ギトギトでカロリーが高く、スープには塩分を多く含んでいて、それでいて野菜はほとんど入っていない――そんなラーメンが多かった。だから、ラーメン好きというと男性ばかりで、敬遠する女性も少なくなかった。ラーメン店は「女性が入りにくい店」の典型例だった。

コメント2件コメント/レビュー

旨いものは身体に悪い。
それを自覚して日常は節制した食生活を送り、時々美食を堪能するというのが健康的な生活なのではないだろうか。
脂があるから旨い、塩分が強いから旨いものを、両方を抑えて言い訳的に健康食材を付加するというのは、健康的な気分にはなっても、ラーメンの旨さ(=体への悪さ)を時に実感して、日常とのメリハリをつけたい人にはまるで受けないだろう。(2016/04/12 12:51)

「「一に健康、二に仕事」 from 日経Gooday」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

旨いものは身体に悪い。
それを自覚して日常は節制した食生活を送り、時々美食を堪能するというのが健康的な生活なのではないだろうか。
脂があるから旨い、塩分が強いから旨いものを、両方を抑えて言い訳的に健康食材を付加するというのは、健康的な気分にはなっても、ラーメンの旨さ(=体への悪さ)を時に実感して、日常とのメリハリをつけたい人にはまるで受けないだろう。(2016/04/12 12:51)

ヘルシーなものが食べたければ無理にラーメンにしなくても八百屋で野菜でも買って、料理教室で野菜を
調理する勉強でもすればいいのに。
そもそもマスコミや業界が作り出した「〇○女子」という単語がそもそも気持ち悪いですね。男性メイン
の業界に、女性が急に入ってくることによって既存のファンに不快感を与えることが多く、垣根は広がり
ますが、根強いファンを減らす可能性も秘めています。ブームが終わったらどうするんでしょうね。

流行に乗せられ「周りがやってるから私もやる」という、自己の弱さを露呈してるように思えます。
最近そのような女性が増えた気がします。女性の社会進出によって経済力が(昔よりは)上がった証拠な
のかもしれません。言い方は悪いですが、くだらないことに使う方が多いとは思います。それでも経済が
回るぶん、お金を貯め込む老人よりは社会に貢献してるとは思いますが…

〇○女子と名付けられて、弄ばされてる彼女らこそ被害者なのかもしれませんね。(2016/04/11 14:40)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授