• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

野菜はラーメンで食べる?女性客が最大8割に

第2回 ソラノイロ(東京・麹町)

  • 外川ゆい=フードライター

バックナンバー

2016年4月12日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

ラーメンは、多くの人に愛されているにもかかわらず、“不健康”なイメージがある。そんなラーメンがここ数年で変わりつつある。素材にこだわる店が増え、「健康に配慮した」ラーメンを出す店が増えているのだ。それに伴い“ラーメン女子”と呼ばれる女性客も急増中。そこで日経グッデイでは、健康志向ラーメンの最新トレンドをいち早く取り上げ、東京で今話題のラーメンを提供している店を1軒ずつ紹介していく。今回紹介するのは、野菜をふんだんにつかった「ベジソバ」の名店「ソラノイロ」だ。

ここ2、3年、野菜をふんだんに使ったラーメン「ベジソバ」を提供する店が増えている。野菜たっぷりで、動物性脂肪が少ないので、通常のラーメンよりは格段にヘルシー(写真は、ソラノイロの「ベジソバ」850円。丼のふちに添えられているのは、マッシュポテトと柚子胡椒)
[画像のクリックで拡大表示]

 「ベジソバ」という言葉を聞いたことはないだろうか。

 店によって名前は異なるが、野菜をたっぷり使ったベジタブルラーメンのことだ。内容も店によって異なるが、トッピングに野菜が多いのはもちろん、スープに野菜をふんだんに使ったり、麺に野菜を練り込んでいたりする。中には、鶏ガラや煮干しなどの“動物由来”の食材をまったく使っていないベジソバもある。このほか、数種類の野菜をポタージュ状にしたものに動物系スープを合わせた、ベジタブルポタージュラーメン(ベジポタラーメン)もある。

 ベジソバは、野菜たっぷりで、動物性脂肪が少ないので、通常のラーメンよりは格段にヘルシーだ。女性に人気なのはもちろん、健康に気を使っている男性などに受け入れられている。

ミシュランガイドでコスパのお墨付き

「この店はカフェ?」と間違える人も多そうな、青と白が印象的なオシャレな本店「ソラノイロ Japanese soup noodle free style」の外観。ガラス張りで開放感がある
[画像のクリックで拡大表示]

 健康志向の流れもあり、ここ数年で提供する店舗が増えている。そんな「ベジソバ」で有名なのが、今回紹介する東京・麹町にある「ソラノイロ Japanese soup noodle free style」だ。“女子ラーメン”の火付け役ともいわれている店だ。

本店「ソラノイロ Japanese soup noodle free style」の店内。カウンターにはお酒のボトルも並ぶ
[画像のクリックで拡大表示]

 2011年に麹町でオープンし、雑誌、テレビなどで度々取り上げられ一躍人気店となった。そして2014年末には「ミシュランガイド2015東京」でビブグルマンに掲載、世界に認められるラーメン店の一つになっている。ちなみに、「ソラノイロ」というラーメン店らしからぬ店名は、「空の色」のように変化し続けたいという思いから付けたという。

 昨年には、東京駅一番街・東京ラーメンストリートに「ソラノイロ NIPPON」をオープンさせた。今年は、さらに2店舗を開業する予定だという。

コメント0

「「一に健康、二に仕事」 from 日経Gooday」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

意外なことに、伝統的な観光地が 訪日客の誘致に失敗するケースも 少なからず存在する。

高坂 晶子 日本総合研究所調査部主任研究員