• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

コーヒー摂取で「気をつけるべきこと」は何か

ちゃんと知りたい! コーヒーのいいこと・悪いこと――ネスレ日本の福島洋一さんに聞く(前編)

  • 柳本操=ライター

バックナンバー

2016年7月1日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

みんなが毎日飲んでいる香り高いコーヒーは、体にいいことづくめだった!以前は「カラダに悪い」と言われていたコーヒーが、最新の研究により「カラダにいい」ことが続々と明らかになっている。今回は、世界中のコーヒー研究を常にチェックしているネスレ日本の福島洋一さんに、「コーヒーと健康」の最新研究事情と、コーヒー摂取で気をつけるべきことについて聞いた。

コーヒーはメンタル面にいい影響を及ぼすという研究結果が出ている。さらにシミの抑制効果も期待できるという。今回は「コーヒーと健康」の最新研究事情と、コーヒー摂取で気をつけるべきことを聞いた(©Somsak Sudthangtum -123rf)
[画像のクリックで拡大表示]

 これまで、がん予防生活習慣病予防ダイエット効果など、ビジネスパーソンに嬉しいコーヒーの健康効果を報告してきた。

 コーヒーに含まれるポリフェノールの一種「クロロゲン酸類」にはさまざまな健康効果が期待できることが明らかになった。となると、「他にもいい効果があるのでは?」と期待してしまう。その一方で、ここまで「いいことづくめ」だと、「カラダによくないこともあるのでは?」という思いも頭に浮かんでくる。

 そこで今回は、コーヒー関連商品を幅広く扱うネスレ日本の“コーヒー博士”福島洋一さんに、コーヒーと健康の最新研究事情と、コーヒー摂取で気をつけるべきことについて話を聞いた。

コーヒーは、赤くて甘い実の種子からできる

これまで、コーヒーのカラダへの効果をお伝えしてきたのですが、本当に「カラダにいいことだらけ」であることがわかって驚いています。コーヒー好きとしては嬉しい半面、ちょっと怖いくらいです。今回は、世界中のコーヒー研究を常にチェックしている福島さんに最新の研究事情を伺えればと考えています。いいことはもちろんですが、コーヒーを飲む上で気をつけるべき点についても、ぜひ教えてください。

福島さん わかりました。これまでの記事にも掲載されていましたが、ここ20年くらいの数々の研究で、コーヒーにはさまざまな健康効果があることがわかってきました。常に最新研究をウォッチしている私も、時にはついていけなくなることがあります。今回、取材でお話しするにあたって改めて調べただけでも、新たな発見がいくつもありました。

なぜコーヒーに健康効果があるのでしょうか?

コーヒーが実をつけているところ。その見た目から「コーヒーチェリー」と呼ばれている(写真提供:ネスレ日本)
[画像のクリックで拡大表示]

福島さん 私は、コーヒーという植物の成り立ちに、その秘密があると考えています。コーヒーは「コーヒー・ベルト」と呼ばれる南北回帰線の間にある熱帯、亜熱帯地域(南米、アジア、アフリカなど)で栽培されています。このような南国にあるフルーツは、虫や病気から身を守るため、硬い殻に包まれていることが多いんです。カカオやココナッツなどはその代表ですね。

 ところが、コーヒーは花を咲かせた後、甘くて柔らかい果肉の果実をつけます。その見た目からコーヒーの果実は「コーヒーチェリー」と呼ばれています。このコーヒーチェリー、実を食べることができるんですよ。

コメント7件コメント/レビュー

>>先日、あまり見たことのないコーヒーチェーン店に入りました。メニューに「モカ」とあったのでこれを注文したところ、出てきたものは、何やらモコモコのクリームが乗っかった白い飲み物でした。 とコメントされた方へ。
恐らく提供された飲み物は「カフェモカ」と呼ばれている飲み物です。エスプレッソにチョコレートシロップ、スキムミルクを混ぜたものです。
期待されていた「モカ」は「モカ・マタリ」 ですね。これはご存じの通り(最近は違うようですが)モカ港から出荷されるイエメン・エチオピア産のコーヒーの通称ですね。
最近のコーヒーチェーンの中にも喫茶店スタイルの店舗とカフェスタイルの店舗がありますが、カフェスタイルの店舗は通常豆の種類を多くは取り揃えていない(レギュラーとスペシャルの2種類ぐらいだと思います)ので、モカと言えばカフェモカのことを示すのでしょう。
失礼ですが、コーヒーチェーンならメニューに写真も掲載されていたのでは??
しかし、混同しやすいですね・・・(2016/07/07 13:41)

「「一に健康、二に仕事」 from 日経Gooday」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

>>先日、あまり見たことのないコーヒーチェーン店に入りました。メニューに「モカ」とあったのでこれを注文したところ、出てきたものは、何やらモコモコのクリームが乗っかった白い飲み物でした。 とコメントされた方へ。
恐らく提供された飲み物は「カフェモカ」と呼ばれている飲み物です。エスプレッソにチョコレートシロップ、スキムミルクを混ぜたものです。
期待されていた「モカ」は「モカ・マタリ」 ですね。これはご存じの通り(最近は違うようですが)モカ港から出荷されるイエメン・エチオピア産のコーヒーの通称ですね。
最近のコーヒーチェーンの中にも喫茶店スタイルの店舗とカフェスタイルの店舗がありますが、カフェスタイルの店舗は通常豆の種類を多くは取り揃えていない(レギュラーとスペシャルの2種類ぐらいだと思います)ので、モカと言えばカフェモカのことを示すのでしょう。
失礼ですが、コーヒーチェーンならメニューに写真も掲載されていたのでは??
しかし、混同しやすいですね・・・(2016/07/07 13:41)

今でこそ、自宅ではペーパーフィルターを利用したり、コンビニでも淹れたてのコーヒーを飲んでいますが、学生時代はもっぱらインスタントでした。卒論作成時の年末2か月は下宿先の部屋に閉じこもり、1日10杯程度飲んでいました。周囲からは「胃を壊すぞ!」との忠告をもらいながら、それでも内臓疾患を起こす事もなく無事昨年還暦を迎えています。
他の方の投稿にもありましたが、インスタントコーヒーでも同じ事が言えるのでしょうか。であれば、「コーヒー好きが私の健康の秘訣!」と胸を張れるのですか。(2016/07/02 08:04)

本題とは関係ないんですが、コーヒーに詳しい方が見ていそうなので、ここで質問させてください。
先日、あまり見たことのないコーヒーチェーン店に入りました。メニューに「モカ」とあったのでこれを注文したところ、出てきたものは、何やらモコモコのクリームが乗っかった白い飲み物でした。
私としては、芳醇な香りで知られるモカ・マタリの酸味のきいたブラックコーヒーが出てくるものと思っていたので、その正体不明の飲み物を見て、目が点になりました。
店員さんに「モカじゃないんですか?」と尋ねても、「モカです」の一言。
結局その液体を飲みましたが、甘すぎて味がさっぱり分からず、一口だけ飲んで捨てました。
最近の喫茶店では、「モカ」というコーヒーはこういう訳の分からない飲料のことを指すようになっているのでしょうか?私が時代錯誤なだけ?(2016/07/01 19:32)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

変化を受け入れやすい組織体質があればビジネス上の“地殻変動”が起きた際にも、他社に半歩先んじられる。

井上 礼之 ダイキン工業会長