• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「仕事が苦しいのは、自分が無能だから」と思うな

東京大学東洋文化研究所 安冨歩教授に聞く「ストレスの正体」【1】

  • 森脇早絵=フリーライター

バックナンバー

2016年7月15日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

コメント8件コメント/レビュー

全く慧眼だとは思いますが、現実に機能しているシステムの醜悪さをいくら指摘したところで、代案の糸口さえ見えないのならば現に苦しんで人々に対してなんの救いにもならない。
このままでは寧ろ、「世の中には知らない方がいいこともある」と云った類のモノの見方を広めているだけではないかとも思う。
是非その優秀な頭でもっと悩んでもっと苦しんで欲しい。
そして素晴らしい思想を生み出して欲しいのだ。(2017/07/20 12:39)

「「一に健康、二に仕事」 from 日経Gooday」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

全く慧眼だとは思いますが、現実に機能しているシステムの醜悪さをいくら指摘したところで、代案の糸口さえ見えないのならば現に苦しんで人々に対してなんの救いにもならない。
このままでは寧ろ、「世の中には知らない方がいいこともある」と云った類のモノの見方を広めているだけではないかとも思う。
是非その優秀な頭でもっと悩んでもっと苦しんで欲しい。
そして素晴らしい思想を生み出して欲しいのだ。(2017/07/20 12:39)

罪悪感ですか、面白いですね。

このコラム読んでて、「巨人の星」と山中鹿之助を思い出しました。
艱難辛苦を乗り越えて生きる。七転び八起き、苦労は買ってでもしろと。
日本人は、そういうの好きですからね。

まあ、ちょっと違うかもしれませんが。(2017/07/19 13:47)

仕事が苦しいのは、無能だからですよ。
入社したては3~6か月は、やり方もわからない、目標に追われるから苦しい。

その中から会社のやり方を覚えて、数字を意識する人は。
伸びてくる人は2か月目ぐらいから、苦しみから脱出する。
普通の人は4か月目ぐらいから芽がでてくる。

1か月目から、数字もやり方も無視して自分にうぬぼれている人間は、数字も上がらないし教えてくれていた人もあきらめて、お客様もそれを見抜いて助けてくれなくなる。


無能だから、仕事が苦しくなっていく。
逆に言えば、言われたやり方言われた数字を必死にこなせば、誰か手を差し伸べてくれるもんです。(2017/07/16 12:19)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

面白い取り組みをしている会社と評判になれば、入社希望者が増える。その結果、技能伝承もできるはずだ。

山崎 悦次 山崎金属工業社長