• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

分からない時は投資を休む

スゴ腕個人投資家の奮闘記(下)

  • 市田 憲司

バックナンバー

2016年4月6日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

2016年は、日経平均株価がいきなり3000円以上も下落する波乱の幕開けとなった。個人投資家はこの難局にどう立ち向かったのか。人気サイト「ダントツ投資研究所」を運営する専業投資家、夕凪さんの対応を聞いた。 (聞き手は、市田憲司=日経マネー副編集長)

(記事の最後に1万円の商品券が10名様など51名の方にプレゼントが当たるアンケートの案内があります)

夕凪さん
専業個人投資家。人気サイト「ダントツ投資研究所」を運営。イベント投資や株主優待投資が得意

昨年末からの投資状況は。

 昨年末は、「高値を抜いた株をトレンドフォローで買っていく」という取引をメーンに、「郵政株のTOPIX組み入れ」や、「NISA のニューマネーで買われそうな銘柄の先回り買い」といった細かいイベント投資をやっていました。

 結果はいまひとつでしたが、年が明ければ良くなるかな、ぐらいに考えていました。それが年明けから相場環境が激変したんです。

年初の「異常現象」多発で徹底決意

何が起きましたか。

 まず、昨年の大納会の取引で、米S&P500種株価指数の年間騰落率がマイナスになりました。この結果、「西暦の末尾が5の年は米国株が上がる」「大統領選の前年は米国株が上がる」といった非常に強いアノマリー(経験則)が崩れました。

 それで「あれ?」って思っていたところに、日経平均株価が出足から3連敗です。実は、「日経平均の出足の3営業日の成績は、その年の日経平均の騰落率と連動しやすい」という法則があるんですね。それで、今年の日本株は駄目かも、とがっくりきました。その後、日経平均は史上初の開幕6連敗。優待株や中小型株にも下げが波及してきて、いよいよ異常な相場だと感じました。

 決定的だったのは、1月8日の米雇用統計です。ここ2年半ほど、「米雇用統計の発表後、翌週の日本株が月曜日、火曜日と連続で上がると、そこから月末まで上昇する」といった法則がありました。しかし、雇用統計の結果は前月比29万人増で非常に強かったものの、NYダウ指数は167ドルの大幅下落。翌週の日本株も下落で始まることが濃厚になりました。この結果を見て、相場から一時撤退することを決めました。

なぜですか。

 自分の予想と明らかに違うことが次々と起こったからです。分からない状況になった時は、一旦ポジションをフラットにして様子を見ようと思ったんです。

 月曜日に永久保有用の優待株などを残して、ほとんど売りました。それまで信用取引を使って運用資金の1.5倍ぐらいのポジションを取っていましたが、運用資金の2~3割にまで落としました。

コメント0

「お金の知恵袋」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

もっと事業を効率化して、料金を下げて、消費者に貢献しないと業界はだめになってしまう。

和田 眞治 日本瓦斯(ニチガス)社長