• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

現場主義が現場を潰す

「成功事例の共有」で、現場を疲弊させないコツ

2015年11月10日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

「現場主義を徹底しよう」「情報共有を促進しよう」 ― どこの職場でも必ずといっていいほど、唱えられ、奨励されているトピックスです。しかし、実は、これらを奨励すればするほど、現場主義を損なったり、情報共有を阻害したりする状況が、あちこちにみられます。今回は、現場主義や情報共有を推進する上で、陥りがちな罠に陥らない方法をご紹介しましょう。

 多くの企業で日々、ベスト・プラクティス(好事例)の収集と共有が行われています。ベスト・プラクティスの考え方についてのチェック・リストがありますので、当てはまるものにチェックを入れてください。

●ベスト・プラクティスのチェック・リスト●

上司からベスト・プラクティスを挙げろと指示されたら、すぐに思いつくようにならなければならない
ベスト・プラクティスは長い経験を積まないと出てこない
自分自身の努力の積み重ねによりベスト・プラクティスが生まれてくる
高度で専門的な知識があってこそ、ベスト・プラクティスを実施できる
ベスト・プラクティスは誰にもあるものではない
ハイ・パフォーマーにこそ、ベスト・プラクティスがある
ベスト・プラクティスを見出すのは、上司の役割だ
ベスト・プラクティスは誰もが簡単にまねできるものではない
新任者は、当該業務経験がないので、ベスト・プラクティスを生まない
ベスト・プラクティスを洗い出すことには時間をかけなければならない

 現場主義を徹底して情報を共有することは大変大事なことで、そのことに異論を持つ方はいらっしゃらないでしょう。

「現場主義といって、現場が責任を取らされる」

 しかし、ベスト・プラクティスを共有する演習を実施した際に現場の本音を聞くと、「現場主義というけれども、現場まかせで明確な指示がない」「本社が決定してくれないから現場でのアクションが遅延する」「たらいまわしにあって、現場が混乱する」「現場主義という名のもとに、現場が責任をとらされた」「たいへん多忙な時期に、好事例を出せと強制させられ、現場の業務に支障を来した」といった深刻な内容が多く挙げられます。

コメント4件コメント/レビュー

質問した方やアクセスできるメンバーが個々に判断して生かしていけばよいという発想です・・・・ここがそもそも欠落している。

今見た映画は何というタイトルだったっけ? という問いに 本当に今日は良い天気ね。と答える人はいないでしょう・・・。

つまり、質問を受けた人が 今までの会話の流れから 今見た映画のタイトルは?という問いかけに どう反応すればいいのか、そこを鍛えなければならない事が 最優先なのである。

今までのながれから 映画のタイトルは?という問いが 映画の話をしていた延長からの問いならば何も問題は無い、しかし、映画の会話が無かったのに 今見た映画のタイトルは? という問いならば 何故、それを聞くのか?と 質問を切り返した方が 質問者の 本意に近いスタンスのまま(下らない痴話ばなしなら構わないが)本質からズレずに 何を意図して問うてるのかを理解するようにしなければならない、そこが欠落している。(2017/02/16 11:37)

「目からウロコ!エグゼクティブのための10分間トレーニング」のバックナンバー

一覧

「現場主義が現場を潰す」の著者

山口 博

山口 博(やまぐち・ひろし)

グローバルトレーニングトレーナー

コンサルティング会社ディレクター。外資系企業人事部長時代、グローバルトレーニングプログラムのトレーナーを務める。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

質問した方やアクセスできるメンバーが個々に判断して生かしていけばよいという発想です・・・・ここがそもそも欠落している。

今見た映画は何というタイトルだったっけ? という問いに 本当に今日は良い天気ね。と答える人はいないでしょう・・・。

つまり、質問を受けた人が 今までの会話の流れから 今見た映画のタイトルは?という問いかけに どう反応すればいいのか、そこを鍛えなければならない事が 最優先なのである。

今までのながれから 映画のタイトルは?という問いが 映画の話をしていた延長からの問いならば何も問題は無い、しかし、映画の会話が無かったのに 今見た映画のタイトルは? という問いならば 何故、それを聞くのか?と 質問を切り返した方が 質問者の 本意に近いスタンスのまま(下らない痴話ばなしなら構わないが)本質からズレずに 何を意図して問うてるのかを理解するようにしなければならない、そこが欠落している。(2017/02/16 11:37)

 3か月間の出来事を記憶している人はそういません。的確なベストプラクティスを出せる人物は日々の情報を記録しその情報を分析ているはずです。
 そうした素質の無い人物が上司からプレッシャーをかけられれば、苦し紛れに取ってつけたような事例ばかりになりなると思われます。
 もう一つ、誰もが情報分析の素質を持っているとする前提にも無理があります。
 各人無軌道に情報分析をやらせるのではなく、必要となる情報に当りをつけて各自記録を取らせるようにする。情報分析は素質に長ける者が行い、組織としてベストプラクティスを算定するのが正道ではないかと。(2015/11/12 14:16)

うちはダメな方ですね。
まず事例共有のためのシステムが全く洗練されておらず、入力項目の意図を理解するだけで無駄な時間を取られます。
次に本末転倒なのは、そのシステムに登録する件数目標が決められて毎月報告され、達してなければ達成するように言われる。
最後に、システムに登録すると進捗管理もどきになっているお蔭で逐一上司にメールが飛んでいく。その上司から督促される。いや、その件は報告して状況知ってますよね、と言っても聞く耳持たず。そして洗練されてない無駄な入力システムを更新しないとならない。
一体誰が得する仕組みなのかと。事業推進の邪魔でしかない。権限あったらそのシステムを含む仕組みを全部捨てさせたいです。(2015/11/10 08:59)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

面白い取り組みをしている会社と評判になれば、入社希望者が増える。その結果、技能伝承もできるはずだ。

山崎 悦次 山崎金属工業社長