• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ノーベル賞も貧困脱出も成功の秘訣は連続性

幹事もビジネスも連続性原理を意識して効率Up!

2015年10月27日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

お悩み・その10
手間をかけずに会議室飲み会幹事のヌケ・モレを防止したい

 皆様こんにちは、マイティの高木です。遅ればせながら大村智氏、梶田隆章氏のノーベル賞の連続受賞、おめでとうございます。ちょうど今回は、「連続性原理」をご紹介します。そしてノーベル平和賞を受賞した唯一の企業、グラミン銀行(2006年受賞)のことも取り上げます。

 さて、前回の続きとなりますが、知り合いの部長さんの交際費に関する悩み、どうやら解決できたようです。

部長:「前回提案してもらった“片づけ外注済みのセルフサービス飲み会”、おかげさまで好評だったよ。リーズナブルにいい銘柄のお酒が飲めたのも喜ばれたけれど、話が盛り上がったときに、社内で関係する部署の人にもちょうど連絡がつき、参加してもらえたことにも先方は大喜びだった」

 それはよかったです。

部長:「でも、片づけは自動化できた一方で、買い出しの方に少し問題が出てきたんだ。初めは珍しさもあって、買い出しもみな積極的にやっていたんだが、だんだん気が抜けてくると駄目だね。直前に買いに行くもんだから、必要な割り箸などがなかったり、いろんなサイズの紙皿になったりなど、少し準備があいまいになっている気がするな」

 今回のこの悩みに関しては、トリーズの発明原理<#20連続性原理>を利用して解決してみましょう。連続性原理は「1回ごとに開始と終了をしていたものごとを連続で行えるようにする」ことで問題を解決する発明原理(問題解決の勘所)です。

 分かりやすい例の1つがホチキス(ステープラー)。ホチキスの針は、一針止めるたびに入れ直すのではなく、後ろからどんどん補充されて連続的に使えるので、便利でストレスがありませんよね。

 ものごとが途切れないようにプロセスを準備しておく、という発明原理です。ノーベル賞を獲得した大村氏も常に菌を採取する準備をしていたことで、ゴルフ場で見つけた菌が数億人の命を救いましたし、その後も有用な菌および化合物の発見が連続しました。社内飲み会も数が増えてきたのならそのたびごとに買い出しを行くのではなくて、紙コップや紙皿、そして保存がきく酒などは常時ストックしておいて減った分だけ別の時に補充するようにするのはどうですか?

部長:「なるほど、考えてみれば自分の家の冷蔵庫の中も、なくなると困る牛乳や卵、調味料などは常にストックしておいて、なくならないうちに補充してくれているな。では冷蔵庫も買ってみるか。そういえば女性社員がお昼に食べきれなかったスイーツを保存するのに欲しいとも言っていたしな」

 それはいいですね。それにせっかくですから<#20連続性原理>をほかのところにも応用できないか考えてみませんか? 実は先ほどの話の中にも<#20連続性原理>を応用していた事例があるのですが。

コメント0

「発明的お悩み相談~トリーズに聞いてみよう」のバックナンバー

一覧

「ノーベル賞も貧困脱出も成功の秘訣は連続性」の著者

高木 誠

高木 誠(たかぎ・まこと)

マイティ代表

1970年、京都大学工学部数理工学科修了。IBM入社後、CSK(現SCSK)との合弁会社立ち上げに参画。IBMにおいてスキル認定制度を確立する。その後、キャリア開発育成のコンサルタントとして独立。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

誰もやらない領域を根気強く続けられるかが成功の秘訣。

田坂 正樹 ピーバンドットコム社長