• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

子どもが10歳になったら長期分散投資を教える

金融のプロが3人娘にほどこす最先端教育とは(後編)

2018年7月3日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「オトコが育児に参加するのが当たり前」の時代に変わりつつある。旬の経営者や学者、プロフェッショナルたちも、自らの育児方針や育休取得についてパブリックに言及することが増えてきた。優秀なリーダーたちは、我が子にどんな教育を与えようとしているのか。また自身はどう育てられたのか。そしてなぜ、育児について語り始めたのか。

 連載9回目に登場するのは、一般家庭向けに資産運用コンサルティングを手掛ける「ガイア」を経営する中桐啓貴社長。金融業界のプロは、わが子にどのような教育を施しているのだろうか、話を聞いた。今回はその後編。

1973年兵庫県生まれ。1997年甲南大学経営学部卒業後、山一證券に入社。メリルリンチ日本証券にて、個人富裕層への資産運用コンサルティングに従事。1200人中トップ10を維持し、同社最年少でシニア・ファイナンシャル・コンサルタントに昇進。米ブランダイズ経営大学院にてMBA(経営修士号)を取得し、帰国後の2006年、FP法人「ガイア」を設立。50~60代の退職準備世代を中心に支持を集め、これまで同社を訪れた相談者は1万人を超える。独立系ファイナンシャルアドバイザー(IFA)の先駆けとして、セミナーやメディアでも活躍する。取材時は45歳。都内在住。銀行勤務の同い年の妻、小学4年生(10歳)の長女、小学2年生(7歳)の次女、保育園年中クラス(4歳)の三女の5人暮らし(取材日/2018年6月6日、インタビュー撮影/鈴木愛子、ほかも同じ)

家庭内での教育についてうかがいたいと思いますが、やはり気になるのは、金融のプロである中桐社長が、わが子にどんな金銭教育の機会を与えているのかということです。

中桐氏(以下、中桐):事業で実践していることそのものですが、長期分散投資のメリットは社会に出る前から体験させていきたいと思っています。銀行口座は3人それぞれに持たせていますが、小学4年生の長女には、今年から証券口座を開かせて、投資信託を始めさせたいですね。

 日本では投資というと、「個別株を売買して目先の配当や優待に気を取られて……」という短期的な投資のイメージが根強い。けれどアメリカでは将来にわたって、自分の資産を増やす手立てとして、投資信託を数十年単位で運用して資産を形成するのが当たり前です。

 米キャピタルグループの運用例で、約100万円が40年間で約4000万円になったという例があるとセミナーで話すと、驚く人が多い。

 昔なら、日本は預けていれば安心だったかもしれませんが、今では社会保障が国任せにできない時代ですし、娘たちが成人する頃にはますますシビアな問題になっているはずです。だからこそ、「時間を味方につけてコツコツと」という投資スタイルを覚えさせたい。

 例えば長女は、10歳になる今年から投資信託の運用を始めて、5年後の高校1年生になった時に、「ほら、こんなに殖えたよね。10歳の時に始めたんだったよね」と、実際の数字を見せることができたら、金融の仕組みも自然と伝えやすいはずです。

下のお子さんに、今から教えていることはありますか。

中桐:投資信託デビューはまだ先でいいかもしれませんが、(職業体験型アミューズメントパークの)「キッザニア」は大好きで時々行っています。興味がある職業体験をして、やった分だけ施設内流通通貨「キッゾ」をもらえて、銀行に預けると利息が付く。大まかなお金の流れの仕組みを体験できるのはいいですね。

お小遣いのルールはいかがですか。

中桐:長女は1000円、次女は500円を、月初に渡して、その中で好きなものを買うようにしています。「ディズニーランドに行ったら楽しくてつい使いすぎてお金がなくなった」といった失敗も含めて、小さい頃から金銭感覚を身につけさせていきたいですね。

子育てを通じて、お子さんに与えたいと思うものは。

中桐:いろんなものに触れる経験です。遊びや習い事、旅行や芸術に触れる時間を通じて、豊かな感性を磨けたらいいと思っています。劇団四季の公演などによく連れて行っています。『キャッツ』より『ライオンキング』が子どもたちには好評でした。

 上の子2人を一緒に連れて行けば、妻もゆっくりと下の子を見られます。ミュージカル鑑賞は、僕が子どもの頃、親に連れて行ってもらっていたので、無理なく親しめるんです。

 僕は、父親の仕事の関係で、海外で暮らした経験が何回かあります。その時に現地の劇場に連れて行ってもらって楽しかった記憶がある。やはり、小さい頃によく触れたものは大人になってもずっと親しめるんでしょうね。

 本連載「僕らの子育て」が書籍『子育て経営学』として8月に発売されます。新しい時代を担う若手経営者たちや様々な業界のプロフェッショナルたちが、どのように「育児」と向き合っているのか。また子育てと仕事(組織運営や人材育成)との関係は――。

子育て経営学』は絶賛、予約受付中です。また本連載はいったん休止し、書籍発売前から再開いたします。本書には登場していない若手経営者の方々も、今後続々登場します。

オススメ情報

「僕らの子育て」のバックナンバー

一覧

「子どもが10歳になったら長期分散投資を教える」の著者

宮本 恵理子

宮本 恵理子(みやもと・えりこ)

ノンフィクションライター、編集者

「日経WOMAN」「日経EW」「日経ヘルス」の編集部に所属。2009年末にフリーランスとして活動を始め、主に「働き方」「生き方」「夫婦・家族関係」のテーマで人物インタビューを中心に執筆する。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

顧客の資産を生かして一緒に価値を作り上げる必要性が出てきました。

山田 義仁 オムロン社長兼CEO(最高経営責任者)