• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ビジネスによく効く、6種類の「しつもん」とは

質問力で勝つ(1)

2017年4月24日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 人は1日に約2万回以上、自身に質問を投げかけていると言われている。だからこそ、質問の「質」や「投げかけ方」を改善すると、思考がより深まり、質問から導き出される「答え」も飛躍的にレベルアップし、革新的なアイデアの発想や難しい課題の解決につながる。こうした「質問の力」をビジネスに応用する専門家がいる。「しつもんコンサルタント」の河田真誠氏だ。近著『革新的な会社の質問力』の中で河田氏は、人は問題や課題に直面すると、他社の成功事例など外部から「答え」を探そうとするが、本当に必要な答えは悩んでいる企業や経営者自身の内側にあり、質問を使えば本当に必要な答えを自力で引き出せるようになると説く。河田氏に、ビジネスで結果を出すための質問力の身につけ方と、実践的活用法をレクチャーしてもらった。

(柳本 操 = フリーライター)

河田真誠(かわだ・しんせい)
しつもん経営研究所(有)代表取締役。1976年生まれ。広島でデザイン会社の経営や、口コミだけで1000人規模のイベントを毎月主催した経験をもとに、独自の集客プログラムを開発し、企業へのコンサルティングを始める。教えるのではなく「しつもん」をするスタイル、わかりやすい切り口、そして実際に結果が出るコンサルが評判を呼び、全国にクライアントを持つ。集客、問題解決、マネジメント、営業など、企業コンサルティングでの「しつもん」のノウハウをまとめて、「しつもん経営」としてプログラム化し、多くの企業にコンサルティングや研修として提供している。最近では、企業でしつもんする「しつもんコンサルタント」の育成や、起業家支援、ビジネスモデルのプロデュースにも力を入れている。

ただ「しつもん」を繰り返すだけで、相手に変化を生み出す

 僕は「しつもんコンサルタント」です。耳慣れない職業ですが、起業家や、中小企業経営者、組織のチームリーダー、あるいはそこで働く社員のみなさんに「質問すること」を仕事としています。

 面談の時間が1時間あった場合、そのほとんどはクライアントである経営者の話に耳を傾けるだけ。「もっとこうしたほうがいい」とアドバイスしたり、ノウハウを教えたりすることはなく、本当に質問するだけなのです。

 「最近、仕事の調子はどうですか?」「悩んでいることはありませんか?」と口火を切り、ときどき「それは何が原因だと思いますか」「その問題が、どういう形で解決したら、最も望ましいと思いますか?」などと4、5個の「しつもん」をはさむ。

 「そんなことで商売になるの?」とよく言われますが、質問を重ねていくうちに、クライアントは自身の悩みや不安の本質的な部分を認識するだけでなく、その解決策まで自力で見つけられます。

 質問を投げかけるだけで、クライアント企業に大きな変化や革新が巻き起こり、中には、半年で売り上げが4倍になったところもあります。何も教えていないのに、コンサルティングしている僕でさえ驚くような、よい変化が起こるのです。このコラム連載で、ビジネスにおける質問の徹底活用法をお伝えできればと思っていますが、その前に、「そもそも質問とは何か?」を定義しておきたいと思います。

コメント1

「質問力はビジネスの「最強の武器」になる」のバックナンバー

一覧

「ビジネスによく効く、6種類の「しつもん」とは」の著者

柳本 操

柳本 操(やなもと・みさお)

ライター

1968年、徳島県生まれ。早稲田大学教育学部社会科卒業。広告制作プロダクション、編集プロダクションを経て1993年に独立。心と体、食、医療、農業、人物、家族のルポルタージュを主なテーマとして、雑誌や書籍、ウェブコンテンツの編集・取材・執筆を行う。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

大量陳列、大量販売というのがある程度限界にきているのかなと思います。

松﨑 曉 良品計画社長