• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

今の60歳以下はみんな腑抜けている

2016年6月2日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 ワークスアプリケーションズ代表取締役CEO牧野正幸氏の連載2回目。1回目で「ワーカーになれなければ普通の生活すら送れなくなる」という厳しい現状認識を突きつけた話の続きです。
 よく聞く「最近の若いやつ」というキーワードから始まるものの、牧野氏の認識は一般的ではありません。上司を最も身近な取引先と考えるところから導かれるボスマネジメント論は必読です。あなたも上司コントロールを始めてみませんか?

編集前回は書道教室でのエピソードで終わりましたが、本題は、諦める若者は損をする、というものでした。

牧野氏は、社員4000人を擁するソフトウェアメーカー、ワークスアプリケーションズの創業経営者。現在53歳。趣味はスーツ(写真:菊池一郎)

牧野:そう。まずは諦めないでやり抜いてみてほしい。例えば、せっかく会社に入って間もないのに辞めようと思っている人。大学を卒業して1年や2年で、自分の適性なんて分かるはずがないんだよ。

 能力があるのに諦める人は、ちょっとした躓きに意気消沈して、自分の能力の限界を自分で決めてしまう。本来の限界点よりも低いところにね。でも、自分が無能だと認めることもできない。自己肯定感を持てずに心が壊れてしまうから、当然の行動かもしれないね。その結果、能力の問題ではなく、適性の問題によって結果が出ないという結論にたどり着く。

戦中・戦後の社会に身を置いていると意識が違う

編集:こういっては何ですが、「我慢が大事」と仰っているようにも聞こえます。

牧野:「最近の若いやつは諦めが早い」なんて言われ方をすると、言われたほうはたまったものじゃないだろう。ただ、僕の考える「最近の若いやつ」はちょっと幅が広い。僕の定義では60歳以下を指すんだ。昭和30年以降に生まれた世代すべてが若いやつ。もちろん53歳の僕もそう。皆さんの会社で働いている人はほとんど一緒だよ。共通点は「考え抜かない」ところですな。

コメント12件コメント/レビュー

小生は同じ年であるが、団塊の世代を擁護する気はない。
ちょうど50代の人間が、社会に出た時にばりばりやっていたのが団塊の世代だから、団塊の世代はパワーがあると思い込んだのではないか?下の世代は団塊の世代のパワーが落ちてから見ているので、なぜ?と感じるのかもしれない。
団塊の世代の問題は、戦後教育を受けているところだ。小生の親は戦前の教育をある程度受けた世代である。それと戦後教育しか知らない団塊の世代は別だ。戦前の教育を受けて、戦後を経験した人間は、価値観が180度変わったので、あまり主張せず、ひねくれた人が多い。団塊の世代は戦後教育の価値観で、さわがしく、猛進した世代だ。今の世代よりはものを考えているが、やはり戦後教育のくびきから逃れていない。
団塊の世代の思想、常識に反発したのが、今の50代だと思うが、人にもよるのだろう。
まあ、40代、30代と団塊の世代を比べれば、下の世代がダメだなと思うのは、確かに否定できないが、、、、(2016/07/14 07:34)

「牧野正幸のジャケットを脱がない生き方」のバックナンバー

一覧

「今の60歳以下はみんな腑抜けている」の著者

牧野 正幸

牧野 正幸(まきの・まさゆき)

ワークスアプリケーションズCEO

1963年、神戸市生まれ。大手建設会社、ITコンサルタントを経て、1996年にソフトウェアメーカーであるワークスアプリケーションズを設立。趣味はスーツとトライアスロン。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

小生は同じ年であるが、団塊の世代を擁護する気はない。
ちょうど50代の人間が、社会に出た時にばりばりやっていたのが団塊の世代だから、団塊の世代はパワーがあると思い込んだのではないか?下の世代は団塊の世代のパワーが落ちてから見ているので、なぜ?と感じるのかもしれない。
団塊の世代の問題は、戦後教育を受けているところだ。小生の親は戦前の教育をある程度受けた世代である。それと戦後教育しか知らない団塊の世代は別だ。戦前の教育を受けて、戦後を経験した人間は、価値観が180度変わったので、あまり主張せず、ひねくれた人が多い。団塊の世代は戦後教育の価値観で、さわがしく、猛進した世代だ。今の世代よりはものを考えているが、やはり戦後教育のくびきから逃れていない。
団塊の世代の思想、常識に反発したのが、今の50代だと思うが、人にもよるのだろう。
まあ、40代、30代と団塊の世代を比べれば、下の世代がダメだなと思うのは、確かに否定できないが、、、、(2016/07/14 07:34)

上司の機嫌取りだけをしていれば嫌みを言われて当然。
それをできないから嫉妬しているのではなく、機嫌取りではイエスマンになりがちだし、イエスマンだらけなだけでは組織は傾くし、上司による横暴を許す、留まって居られない組織になるから。
そもそも年齢が上がるごとに物覚えが悪くなるのが既定路線の人生において、上司の横暴を許していたら言う度に内容が変わるとんでもない組織になりかねない。
機嫌取りのデメリットよりメリットが大きいのであれば集団主義の強い日本ではもっと受け容れられていますよ。
相手が客でも限度がありますし。
今の60歳以下(自分も含まれる)の考えが足りないという指摘には共感できる。
一方で上の世代の価値観がガチガチなのも事実で、例えばコンピューターに対する抵抗感の強さには辟易させられてばかりきた。(2016/06/05 03:37)

真意を汲み取るのが難しい記事であることは間違いありませんが、
ビジネスの世界で生きていく上でも、人生をどう乗り切っていくかに
ついても、多くのヒントをもらえるように思います。

反発している方々も賛同している方も、自分と引き比べて
ほめられているかけなされているかを尺度にしているようにも
感じられます(もちろんすべてがそうではありません。的確な
論考もあり感じ入りました。)

自分の伴侶でも上司でもない牧野さんにほめられるかどうかは
正直言って何の意味もありません。考え方のヒントをもらえれば
それで良しとしましょう。(2016/06/04 22:06)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

面白い取り組みをしている会社と評判になれば、入社希望者が増える。その結果、技能伝承もできるはずだ。

山崎 悦次 山崎金属工業社長